気ままに

大船での気ままな生活日誌

夏場所予想 稀勢はどうか

2017-05-15 10:00:28 | Weblog

待ちに待った、大相撲夏場所がはじまった。恒例の(笑)、初日の相撲をみての星取り予想をしたいと思います。

もちろん、今場所の大目玉は、稀勢の里、双葉山以来80年ぶりとなる初優勝からの3連覇なるかだ。先場所、大怪我のあと、奇跡の逆転優勝を果たしたが、その怪我の状態がどの程度、回復しているか、初日の相撲内容が注目された。

初日、結びの一番、稀勢の相手は、相撲巧者の嘉風。心配したが、なんと、一方的にすもうをとられ、完敗。大きなためいきが出てしまった。まだまだ怪我は回復していない。そういえば、優勝賜杯返還の儀式で、左手をかばうように賜杯を抱いていた。これを見て、解説の北の富士さんもびっくり。まだまだだなとつぶやいた。その通りになってしまった。

元気なときのぼくなら、それでも強気に、”稀勢、怪我を克服、レジェントの3連覇”と打ち出すところだが、療養中の身では、とてもそんな勇ましいことは言えない。無理しないでと思ってしまう。

というわけで、稀勢の優勝の可能性は極めて低くなった。せいぜい、横綱の勝ち越し10勝狙いといったところか。あるいは、無理せず途中休場も。

さて、今場所のもう一つの目玉が、稀勢の弟弟子、高安の大関昇進だ。10勝で三場所33勝をクリアするが、その上をいくのでは。あわよくば、初優勝の可能性も!というわけで、高安13勝で初優勝!と予想したい。こんどは稀勢が援護射撃をする番。

優勝争いのもう一人の主役はやっぱり白鵬か。しばらく優勝から遠ざかっているので、調子が上がってくれば、目の色を変えて、賜杯を獲りにくるだろう。あとは、両横綱と照の富士が追う展開になるだろうか。遠藤の活躍も期待したい。

。。。。。。

星取り予想(前頭3枚目以上を対象とする) 

高安13勝2敗(優勝)、白鵬12勝3敗、稀勢の里10勝5敗、日馬富士10勝5敗、鶴竜10勝5敗、照ノ富士10勝5敗、豪栄道9勝6敗、玉鷲8勝7敗、御嶽海8勝7敗、遠藤8勝7敗、琴奨菊7勝8敗、嘉風7勝8敗、千代の国6勝9敗、隠岐の海6勝9敗、大栄翔5勝10敗、千代翔馬5勝10敗、碧山5勝10敗

千秋楽にぼくの予想の勝敗を発表し、自己評価したいと思います。

。。。。。

初日の稀勢の里

優勝賜杯返還

優勝力士額贈呈(初場所)

優勝力士額贈呈(三月場所)

皇太子ご夫妻ご観覧

稀勢の里、初日、黒星発進

怪我に負けるな、稀勢の里!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 円歌師匠の中沢家の人々 | トップ | ほっと白星 稀勢の里 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
稀勢の里は大丈夫か? (雪椿)
2017-05-15 13:10:36
北の富士さんの心配が的中してしまったような
昨日の稀勢の里でした
北の富士さんは横綱だった事だけあって、賜杯の持ち方が変だとすぐに感じたんですね

まだ今日の隠岐の海戦を見てみないと解らないと思ってますが
無理なようなら、先の事を考えたら休場して欲しいです
どうにか10勝を上げる事ができれば今場所は充分だと思いますし
たしか鶴竜が9勝しかできなかった場所があったような?
だったら、9勝でもいいかと思います
とにかく無理せずに場所を無事に終わればと思ってます
後半戦に国技館に行く予定なので、その時に稀勢の里の姿を見たいですが、休場となっても仕方ないです
優勝額を見たいと思ってます

今場所はダメでも、元気になられたら相撲観戦にも
行けますね
marbo さんも無理をなさらずに、しっかりと治して下さい
雪椿さま (marbo)
2017-05-15 13:49:41
今場所の稀勢の里は10勝でOKです。無理をせず、場合によっては、途中休場する勇気ももたねば。

よく席がとれましたね。その日、稀勢の里の元気な土俵入りがみられるといいですね。

ありがとうございます。ゆっくり療養して、秋場所には国技館で観戦したいと思っています。
今日は勝ちました (りんご)
2017-05-15 18:52:16
今日は痛めた左で四つに組んで万全でした
毎日怪我が悪化しないか心配です
正直休場してくれた方が気楽に相撲を見れるですが…
来場所以降頑張ってくれたらそれでいいです
りんごさま (marbo)
2017-05-15 19:59:39
今日、勝って、ほっとしましたね。

でも、これから毎日、怪我の悪化のことで、ヒヤヒヤしながらの観戦です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL