気ままに

大船での気ままな生活日誌

東御苑の春三月

2017-03-13 10:23:28 | Weblog

おはようございます。昨晩のWBCのオランダ戦、すごい試合でしたね。3回の中田のスリーランで勝負あったと思ったら、その裏、4点差を追いつかれてしまう。その後、1点リードするも最終回に同点とされ、延長戦へ。延長11回、日本はタイブレークで中田のタイムリーで2点入れ、ようやく、決着。もう、翌日になるところだった。死闘5時間、全部、見てしまった(汗)。

中田翔というと、2008年2月の沖縄旅行を思い出す。日本一早く咲く桜を見る旅だったのだが、バスガイドさんが、ここが日ハムのキャンプ地です、大物ルーキー、中田翔選手が入団して湧きかえっています、と紹介してくれた。ちょうどその日、練習試合で超特大のホームランを打ち、夕方のテレビで放映されていた。

見学した沖縄の桜はソメイヨシノではなく、寒緋桜だったが、昨日、訪ねた東御苑でも、また、みることができた。また、というのは、前回2月12日に見頃に入っていた琉球寒緋桜はもう葉桜になっていたが、今回のはそれとは別の寒緋桜で一月遅れで満開となった。

葉桜になっていた琉球寒緋桜。

寒桜系もすっかり葉桜になっていたが、新顔の桜が見頃になってきた。

シナミザクラ 暖地桜桃とも呼ばれるそうで、さくらんぼの木ですね。

ニワウメ(庭梅)も見頃に。

マンザエモンも咲き始めました。すもも。

六義園では咲いていなかった辛夷(こぶし)がここでは満開。

山茱萸も見事だった。

まんず咲くマンサクとまんずひと休みしてから働こうかというマンサクがあるみたい。今、見ごろは後者。

風格のあるシナマンサク

ぼけたふりするかしこい木瓜

椿ふたつ

五島が世界に誇る幻の椿、玉之浦

日本が世界に誇るプレイボーイ椿、光源氏

土佐が世界に誇る龍馬ととさみずき

和紙業界の華、あかばなみつまた

日本中央競馬会の華、馬酔木

侍Jの華、中田翔

それでは、みなさん、今日も一日、ぼけたふりして(笑)、お元気で!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新横綱・稀勢の里、堂々の初... | トップ | 春場所星取り予想 新横綱・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL