気ままに

大船での気ままな生活日誌

夏の風物詩、ぼんぼり祭はやっぱり夕方が一番

2017-08-09 17:09:04 | Weblog

夏の風物詩、ぼんぼり祭りが一番映えるのは、やっぱり夕方ですかね。

午後4時からの話題のアニメ映画、”この世界の片隅に”を駅前のホールで見て、外に出ると、6時半に近くなり、そろそろ夕闇が迫ろうとしていた。映画観賞後のしんみりした気分で第二鳥居からはじまる段蔓を歩き始めた。リニューアル前の段蔓には商店街のみなさんのぼんぼりが飾られていて、楽しみだったものだが、昨年からなくなってしまった。それがちょっぴりさみしい。

段蔓のおわりが第三鳥居。ここからが八幡さまの境内になる。

境内に入ると、ちょうど巫女さんによるぼんぼりの灯入れが始まろうとしていた。間に合ってよかった。ぼんぼり祭のハイライトだもの。

あちらこちらで二人組で灯入れをしている。回りをカメラマンが囲む。

灯が入り、辺りが暗くなると、ぼんぼりの書画が一段とうつくしくなる。

鎌倉華道会

舞殿

第三鳥居へ向かう参道

第三鳥居まで戻り、本殿方面をふりかえる。もう、とっぷりと日が暮れて、参道のぼんぼりだけがあかあかとつづいていた。

ぼくにとっては忘れがたい、2017年のぼんぼり祭だった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八月の満月 | トップ | 雲間のお月見3連勝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL