気ままに

大船での気ままな生活日誌

長崎くんち(1)2016

2016-10-11 11:39:05 | Weblog

おはようございます。二泊三日の九州旅行から帰ってきました。この旅行の一番のお目当ては、もちろん長崎おくんち。”土砂降りの雨の中”のグラバー園や出島等の見学の翌日、”長崎は今日も雨だった”ら大変だったが、諏訪神社でのおくんち観覧日は最高の天気になってくれた。”ある晴れた日に・・”の最高の思い出となった。

はじめての長崎おくんち。日本三大祭りの一つだと”長崎の女(ひと)”はいう。京都の祇園祭、大阪の天神祭、そしておくんち(神田祭と思っていた)。とすると、ぼくはこの夏に、祇園祭と天神祭に行っているので、同じ年に三大祭を制覇したことになる。えへん、えへん。

2016年10月9日

”三大祭り”といっても誰れも文句はいえない素晴らしいお祭り。380年つづく伝統のお祭りで、今年は六つの踊町が傘鉾と山車や踊りを諏訪神社前などの踊り場で披露する。現在、長崎市内に全部で59カ町が存在し、七つの組に分けられ、七年一巡の当番となっているそうだ。七年連続、通わなければ、全部の演し物をみられないということ。今年は龍踊もあるし、いいものが出ていますよ、とバスガイドさんの言葉にわくわく。

さて、朝早くから諏訪神社前の観覧桟敷席へ。最初の元船町の入場を待つ大勢の人々。

観客席には見番さんも、との紹介がある。前日はケネデー大使もごらんになったとか。

いよいよ、元船町 傘鉾・唐船祭(とうせんまつり)登場。まず、傘鉾から。

重い傘鉾を一人で!

傘鉾が下がると、町の親子連れが。

そして、唐船が登場

そして、その前で奉納舞が演じられる。

舞い人が去った後は、お待ちかね、豪快な山車の引き廻しが行われる。大歓声!

何度かまわして、帰ろうする。


すると、観客席からモッテコーイ、モッテコーイ、モッテコーイ(もう一度持ってこい、の意味)の大合唱。で、引き返す。

そして、また、元に戻り、豪壮な廻し。

アンコールを何度か繰り返し、ようやく、石段を降りるのだった。観覧席からヨイヤーヨイヤー(良かったの意味)の大合唱。この石段を降りというのがまたすごい!がたっ!がたっ!と。

そして、そのあとすぐに、今龍町の傘鉾が現れてきた。

(つづく)

それでは、みなさん、今日も一日、おくんち衆のように、お元気で!

(長崎・佐賀の旅#1)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大仙厓展 | トップ | 長崎くんち(2)2016 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL