気ままに

大船での気ままな生活日誌

凌霄花の妙本寺

2017-07-16 14:07:10 | Weblog

明月院では百日紅と凌霄花が咲いていたので、翌日の土曜日に百日紅の本覚寺と凌霄花の妙本寺を訪ねた。ああ、それなのに、それなのに、本覚寺の銘木は、ものの見事に、ひとつも花がなかった。あまりのくやしさに、本覚寺の夏は何もない夏です、といやみを言ってしまった。そして、次に向かった妙本寺。はたして、ここも、何もない夏だったか、どうか。

木漏れ日の輝く参道を一歩一歩。だいぶ足が戻ってきたが、転ばぬように慎重に。

山門に到着。アジサイがまだきれいだった。

山門の向こうにちらりとみえる凌霄花。おっ!いいぞ、何もない夏ではなさそうだ!

祖師堂を背景に山門前の両横綱。もののみごとに咲いている!

東の横綱、のうぜん稀勢かずら。

西の横綱、のうぜん白鵬かずら。

山門前の両横綱の土俵入り。

どちらも、最近では一番の咲きっぷりといって良い。お見事な土俵入り!

きせかずら

きせかずらの向こうには日蓮上人

はくほうかずら

はくほうかずらに花婿・花嫁さんが記念撮影に!この日は二組のカップルに出会った。

真っ赤に燃える太陽のような凌霄花。恋の季節にはぴったりかも。

おめでとうございます。

祖師堂でひとやすみ。ここがまた涼しい。


これ以上ない見事な凌霄花の妙本寺であった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八夜連続の月の出見物 酔待月 | トップ | 高安、中日7連勝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL