サンミゲル的こころ

 腰部脊椎間狭窄症の手術を受けてはや3年、
もう元に戻ることは諦め加齢との競争に励む、
未だ勝てない日々が続く。

今年最後の補強運動のち市内JOG

2017-04-19 18:02:00 | ランニング
屋敷近隣公園





               
今日もまた先輩の家へ                         もう田植えは終わっている


               
裏山の竹林                                  この位が掘りごろ


               
どうしようか悩むサイズ                          これはもう掘りません


               
イノシシの荒らした後                          そのわきで人間様が掘る


               
裏山                                      裏山からの景色


               
今日の収穫                                    最大級の2本





  今日も茂原という所にある先輩の家へタケノコ掘り(全身補強運動)、昨日雨が降ったせいで滑るスベル、生えている竹の子も憎たらしく斜面の掘りにくいところにある、まず足場を確保してから掘り出す作業、今年古希になるサンミゲルにはかなりきつい作業です、それでも欲と道連れなので必死、先週と違って1本がかなり大きくなってきている、土から頭を出すか出さないかくらいのやつを探す、今日で3回目と会って目が慣れてきてすぐ見つかる、10cm位まで頭を出しているのはノーサンキュー、2、3cm位もしくは土が盛り上がっているやつを探す、結局今日は35本をゲット、ただ先週に比べ1本1本が大きいので土嚢袋3袋パンパン、初めは遠慮して2袋しか持って行かなかったので途中で車に戻ってもう1袋取ってきた(セコイ!)、急斜面を上ったり下りたりしながらスコップで掘る、足・腰・背筋・腹筋・腕力と全身運動だ、もう来週になると竹の子ではなく竹になってしまうので今年は今回で終了です、山の中はいたるところイノシシが掘り返した跡がある、昨日のNHKのニュースでもやっていたが、今年は被害がかなり大きいらしい、先輩のところは商売をしているわけでは無いので、「イノシシの目こぼしを取れば良いじゃない」と大らかなもの、お互い来年も生きていたら会いましょうと分かれてきた。




                
ここを右折して公園へ                           東部保健福祉センター


               
庚申塚                                 「庚申塔」と書いてある


               
ここは数年前まで水田だった                 ここもそうだったがきれいな街並みに


               
でも途中はこんな道                             最後に東跨線橋経由


               
今日のスタイル                        この間買った極楽鳥花が咲き始めた




  帰ってきて昼食の時に缶ビールをまず1本、今日は大汗をかいてきたので美味しかったこと、食べたご飯は先週取ってきたタケノコご飯、まだ残っているので今日の夕食も多分タケノコご飯だろう、好きだから良いけどネ。
  一休みしてまた軽くジョッグに出ることにした、飲んだ後でもちゃんと走るえらいでしょ(でも体にはあまり良くない様な気もする)、奥さんに整体の先生に持って行ってやったらと言われた、最近はほとんど治療に行かないのに毎年大相撲のカレンダーを送ってきてくれる、仕方がないので重いタケノコを持ってジョッグを始める、1Kチョイある整体院まで持って行って置いてきた、その後はバス通りを屋敷近隣公園に向かう、そこからはいつもの実籾コースと一緒、ゆっくりゆっくり周りを見ながら7Kばかりジョッグ、キロ6分以上かかっていたがまあそんなものだろう、帰ってきてらこの間保田で買ってきた極楽鳥花が開き始めた、寒いのでだめだと思っていたがビニールカバーのおかげで大丈夫だったようだ。
『マラソン(ランニング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浪花橋コース16、まだ風が... | トップ | 実籾コース+ジジイ昼食会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL