気晴らし山歩き

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

6月18日 門馬から早池峰山

2017年06月19日 | 日記

6月18日 門馬から早池峰山へ

門馬登山口。握沢に掛かる橋の手前に登山口のゲートが有る。

ゲートを抜けて沢沿いを作業道を進む。

間もなく、作業道から外れて登山道に入る。

握沢沿いに沢の音を聞きながら緩やかに進んで行く。小さな沢に掛からる橋。

橋の崩壊の為、迂回路1ヶ所ありました。

握沢を越えると、鳥居の5合目に着く。ここまで橋が十数ヶ所ありました。

ここから本格的な登りになる。

六合目。平津戸と門馬の分岐点

ヒバの混合樹林帯を登る。登山道は整備されています。

七合目を過ぎると更に勾配が増してみました。苔が付いた石が多くなってきました。

八合目。

八合目を過ぎると、道幅も狭く急登になる。

残雪を登る。目印のピンクのテープが付いているので安心です。

残雪が終わったてホッとする。

残雪が終わって安心していたら、また残雪です。大き残雪が三ヶ所でした。

九合目を確認出来ずに岩場の登山道になり視界が開ける。

八合目付近のミネザクラが散っていたが、ここでは満開です。

門馬と山頂の分岐。登山口から4時間30分。ここから山頂まで5分程。

小田越からの登山者が多く見られます。ここまで誰とも会いませんでした。

早池峰山山頂。

小田越からの登山道に、列をなして登る登山者が見えます。南斜面に雲ひとつありません。

山頂に咲くミヤマキンバイ。

山頂から北西に岩手山。

西に鳥海山が見えました。

御田植場から早池峰山頂を望む。

花が見られるかと思い、山頂から御田植場に向う。残念ながらミヤマキンバイだけでした。

門馬の分岐点に戻り、長い下りに掛かる。

 下りの最初の残雪で、4・50代の単独の登りの方とすれ違う。

更に下ると、下りの巡回中の職員と会う。巡回しながら登山道に覆いかぶさる枝を切っているそうです。

八合目を過ぎるて、30代の単独の登りとすれ違う。

七合目手前で、上りの巡回職員が登山道を整備してくれていました。

無事門馬登山口に下山。門馬分岐から下り3時間10分静かな山行でした。

このコースは、利用者が少ないにも関わらず、登山道が良く整備されていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月17日 兜明神岳・岩神山 | トップ | 6月24日 森吉山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。