めいぷる英語教室による国産バイリンガルの育て方

三鷹駅徒歩10分 武蔵野市西久保のこども英語教室
htttp://www.mapleabc.org

やっぱり絵本!

2017-06-17 00:13:19 | 教育
英語初心者向けのお子様への英語教室を開設してから1年半が経とうとしています。

とっても素敵な生徒さんに恵まれて、1人、そしてまた1人生徒さんが増えるたびに
自分に自信がついてくるのを感じています。

今日は、ある生徒さんと一緒に英語の絵本を読んでいると、「先生、今日この本
学校の図書室で借りてきたの。」と。

学校に英語の絵本があるのも知らなかったので、それもビックリだったのですが、
自分で自発的に英語の本を借りてきてくれたのにビックリしました。

やっぱり絵本の名作とは、最近出版されたばかりの日本人向けの下手なテキストなどに
比べると、ずっと優れているなぁ、、と思ってしまいます。結構評判の良い
テキストにもかかわらずです。

文化的な成熟度みたいなのが、全然違うのかな、、と思います。

実際に、レッスン中に子供に読んであげたりすると、名作絵本は子供の反応もすごくいいし、
なんかリズムが良くてこっちもすごく読みやすいんですよね。

ネイティブの子供たちにも愛され、彼らもまた、この優れた絵本から言葉を学んで
きたのは間違いありません。

また、ずっと語り継がれてきた子供の歌もしかり。

メロディーとか、歌詞もすごく歌いやすいし、馴染むんですよねー。
もうこれが英語文化そのものなんだな、、みたいな。

なので、生徒さんが結構覚えてきた歌があったら、それを歌絵本で定着させて
文字として読む練習をし、それも出来るようになったらそれを書かせると思います。

そのプロセスはまさにネイティブの子供が言葉を覚えるのとほぼ同じ。
自然に英語に馴染んでいくと思います。

それとやっぱり日常で良く使うような表現はどんどん絵本で吸収してもらおうと。
再認識。

絵本で覚えるとインパクトも強烈になると思います。

なので、今日また、絵本を新たに何冊か注文しました。
届いたらお気に入り絵本を発表したいと思います。

先日、娘の学校でも図書推奨デーみたいな感じで、保護者も交えて図書館の
人とあらためてお話しする機会がありました。(忙しい。。)

はぁ、しかし、自分が子供の時にこんなミーティングあったかな?
最近の小学生は恵まれているなぁ、と思いました。

推薦書に関しては、何百冊の中からこの30冊を選びました!

とおっしゃってました。まさに絵本のプロ!

また、読書が定着してくる小学校3年生はとても大切です!とのこと。

印象に残ったお話は子供は今の時点では思わず知っている本ばかりを
手にとってしまいがちということです。

3年生はまだ、読書の幅を広げるチャンスの時期で、高学年までに
自分の好みが決まってしまい、同じ傾向の本ばかりを読み出して
しまうそうです。

一時期、焦ってチャプターブック(絵のない本)ばかり買ってきていたので
ちょっと反省。

学校で先生につきっきりで見てもらっているとかなり高度な英文も読んでいる
娘なのですが、一人ではまだまだ楽しい本を中心に読んでいます。家では
息抜きさせたいので、それでいいと思ってます。

図書館の人も小学生くらいまでの間はたくさん絵本を読ませて
あげてくださいとのこと。今は素晴らしい絵本や大人向けの絵本もたくさん出て
いますからとのことでした。

なるほと!そういうことだったらレッスンでも小学生まではガンガン楽しい絵本を
読ませていこうと決意を新たにしました。

暫くバタバタしていたけど、夏休みは娘と図書館いって、推薦図書でも
ゆっくり借りてこようかな、と思っています。

↓皆んな大好き楽しい歌絵本です。レッスンではお猿のパペットを使って、一緒に歌を歌って
歌詞を覚えてもらってから絵本を読ませています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Cree族との出会い その1 | トップ | 素晴らしいおもちゃ達 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。