Deap Peace

イラストやデザイン、買ってみてよかったものや日常のちょっとした出来事をダラダラ書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Xperia Z + Walkmanアプリ + FLAC音源でスマートフォン最高音質!

2013-06-13 21:57:51 | Docomo SO-02E「Xperia Z」
し…仕事が忙しすぎて久しぶりに体重を量ってみたらすっごい痩せてしまってた管理人…ですが、みなさん体調はいかがでしょう…??

これから夏にかけて忙しくなってきちゃう方もいらっしゃる…とは思いますが、熱中症にもかかりやすくなりますのでどうかみなさん水分補給を小まめにしてお仕事続けてくださいね♪♪


クラシックを本格的に楽しめるスマートフォン「Xperia Z」で最高音質を楽しむ!

…って言うコトで久しぶりにスマートフォンの記事に戻ってきましたが、実はこの数ヶ月はずっとXperia Zを使っての色々な曲の試聴をしてて、もう聴けば聴くほど本当に音質の良いスマートフォンだなぁ…って思わされてました

Xperiaシリーズを通して言われてるのが「音質が良い」…って言うコト…だったりしてて、例えば画質…だけに特化してるスマートフォンなら「IPS液晶搭載!」とか「有機EL液晶搭載!」とか、あるいは画面サイズが大きい…とか、結構目に見える特徴があったりするのですが、音質だけはそういう特徴が表に出にくかったりしますorz

一部のスマートフォンではオーディオチップを音質に定評のあるメーカーのモノにしたりするコトで音質の良さをアピールしたりしてますが、それでも実際に聴いてみると同じメーカーのチップが搭載されてる民生機に比べて軽くて解像度の低い音しか出せてなかったりしてちょっとガッカリしちゃうコトもよくあります

Xperiaシリーズは…って言うと私もITmedia Mobile様の”「Xperia Z」 日本の技術が可能にしたソニー独自の“中身”を分解して知る (1/3)”って言う記事を参考にさせて頂いてビックリしてしまいましたが(このリンククリックでITmedia様の記事に飛びます)、実はXperia Zで使われてるオーディオチップはSnapdragonプラットフォームで作られてるスマートフォンなら大体が標準で搭載してるくらい当たり前の「WCD9310」って言うチップを使ってて、このチップを搭載してるだけなら何も驚くようなコトは無くって、逆に「えぇぇ…またその標準チップなの??」って言いたくなっちゃうくらい…だったりしますorz

でも音質は正直に言っちゃっても他社スマートフォンに比べて格段に良かったりしてて、解像度も一般的な再生専用のポータブルオーディオプレイヤーと比べてみても遜色の無い…って言うかそれの上位モデルに食いつけるくらいのモノだったりしてて、じゃぁ何がそんなにXperia Zの音質に貢献してるのかな…って言うのを考えてみた時にやっぱり出てくるのが基盤の丁寧な作りこみと電圧制御にあるんじゃないかな…って思ってみました

オーディオは面白いモノ…で、全く同じチップを使ってても基盤の配置や作りこみによって最終的に聞こえてくる音が全然違った感触になるコトも良くあって、例えばXperia Zの基盤の層…ですが、どうやら12層もの層で出来てるみたい…で、これはPCで使われてるマザーボード(メイン基盤)の2倍強〜3倍もの層を使ってて、PCの理論をそのまま持って来て考えてみるとこの階層は「超ド級の安定精度」にも値する数字だったりします。

一般的なPCのマザーボードは普及価格帯のモノで4〜6層、ハイエンド(上位製品)で6〜8層、一分の停止が数億円規模の損失に繋がってしまうようなサーバー分野では8層以上が定番になってて、基盤の層が増えるほど安定志向にはなりますがコストがどんどん増えていきますので、一般的に6層以上の基盤を求めるユーザーはもう「安定性にお金を支払っている」って言っちゃっても過言ではないくらいだったりします。

それがXperia Zでは12層…この数字がどれくらい安定精度を求めた結果か…って言うのはもうこれ以上説明の余地がないくらいですが、安定してるからこそこんなにもXperia Zがクラシックをゆっくりと楽しめる音質に仕上がってるのかも…って思ってみました

Xperia Zは私も購入する時にちょっと高すぎる…って正直ちょっと思っちゃいましたが、これだけ安定性を重視した内容を見ちゃうともうこれは「安心感にお金を支払うコトの出来る日本ならではのスマートフォン」って言っても過言じゃない気がしました


音質の良いXperia Zでお気に入りのアルバムを最高音質で聴く!

…って言うコトでようやく本題…なのですが(…いっつも本題が後の方で本当にスミマセンorz)、今回はそんな高音質スマートフォン「Xperia Z」の音質を最大限引き出して、お気に入りのアルバムを最高音質で聴こう!…って言うのをご紹介してみたいと思います♪♪

今回お気に入りのCDを圧縮してXperia Zに入れていく…のですが、今はみなさんはどんな音楽形式でCDを取り込んでらっしゃる…でしょうか?

多分、AACやMP3…みたいな形式が一般的…だと思いますが、実はこれらのコーデックは「非可逆圧縮」…って言って、元の音質から色々必要な音域を「必要の無い音」として捨ててひたすら容量を稼ぐためのコーデックで、今回はひたすら音質を求めていきますのでちょっとこれでは目的から外れてしまいますので、今回はFLAC…って言う無劣化コーデックを使って圧縮をしていきたいと思います♪

音質を求めるポータブルオーディオファンの方やLinux OSユーザーさんならもうご存知のFLAC形式ですが、FLACは音質の劣化が全く無いのに圧縮率も高くて、MP3のようにタグを入れたりできる便利さも持ってる優秀なコーデック…なのですが、出所がLinux OSみたいにフリーなところや、著作権保護でガチガチにユーザーを制限したい意図があったりする企業的な理由で、一部の海外製ポータブルオーディオプレイヤーでしか再生が出来る機種を見なかったのですが、最近はようやくスマートフォンでも再生が自由に出来るようになってきました

ある程度良いヘッドフォンをお使いのユーザーさんでしたら多分FLACでポテンシャルが引き出されたXperia Zの音質にビックリしてしまうと思いますよ♪♪


…って言うコトで実際の作業に入りたいと思いますが、今回も基本的にこの後は画像説明だけになりますので、


1.Windows XP以降のWindows OSが入ったPC

2.外付けor内蔵光学ドライブ(例:CD/DVDマルチドライブ)

3.定額インターネット環境

4.USB Aタイプ→USB MicroBタイプのケーブル

5.お気に入りのCD

6.Xperia Z

7.もしあれば大容量のMicroSDHC/MicroSDXC


…って一応これだけあれば後は電気代しか掛かりませんのでご安心ください…です

今回も手順の画像を一枚一枚開いていくのはちょっと面倒…って言う方向けにAxfcアップローダー様のスペースをお借りさせていただきましたため、もしもよろしければこのリンクをクリックしてダウンロードページに飛んだらパスワードに半角小文字で「xperia」と入力して一括ダウンロードしてみてくださいね

※zipファイルそのもの、そして中に入れてあります画像ファイル、テキストファイル全てはAvira Free Antivirusの6月16日現在最新の定義ファイル適用下においてウィルスが入っていないコトを確認してあります


それでは作業を開始します

それではココからいつもの画像説明でお送りしてみたいと思います♪

まずはこのリンクをクリックしてWinamp様のホームに飛んで頂いたら、ココから開始したいと思います

ダウンロードに使ってるブラウザは今回もこのブログ標準のOperaブラウザを使ってます♪

※この記事の画像も全部クリックで拡大できます






































































が…画像で見えてますケーブルはお手製の高レスポンス6重シールドMicroUSBケーブル…ですが、市販のMicroUSBケーブルはこんなに太くありませんのでご安心ください…です





もしもまだPC Companionをインストールされてません方…はこのリンクをクリックして画面下「今すぐダウンロード」をクリックして最新版をインストールしてくださいね♪♪





























































…と、こんな感じで使っていきます

色々なプレイヤーアプリも買ってみたのですが、今回のXperia Zで一番感触が良かったのがこのWalkmanアプリ…で、やっぱり自社のハードウェアを知り尽くしてるからこそポテンシャルを最大限引き出せるのかもしれませんね♪♪

ぜひぜひみなさんもお気に入りのアルバムをXperia Zの最高音質で楽しんでみてくださいね


初代Xperiaから3年…まさかスマートフォンでクラシックを楽しめる日がくるなんて…

…って言うコトで今回はXperia Zで徹底的に音質をあげて楽しむコトをしてみましたが、3年前、初代Xperiaが登場した時には確かに他のスマートフォンに比べて音質は良いなぁ…って思ってましたが、バッテリーの問題やCreativeのDAPの方がまだ少し音質的な面ではお気に入りでしたので基本的にスマートフォンで音楽を思いっきり楽しむ…って言う機会は少なくて、Xperia Arcでもまだその傾向はありました…でもXperia NX辺りからどんどんレベルが上がってきて、そして今回のXperia ZではWalkmanアプリやFLACが完璧に再生できたりって言うのもあって音質的には申し分のないクオリティーにまで達してしまいました

でもこれだけ音質が良くなるともう本格的にこの音がちゃんと再生出来るヘッドフォンが欲しくなっちゃったり…って言う問題も出てきて、また新しいオーディオスパイラルが出てきたような気もします(笑)


【余談】再生専用のポータブルオーディオコーナーが悲惨な状態に…

…って言うコトでここからは完全に余談…ですが、実は先日ちょっと時間がとれたので久しぶりに地元新宿の家電量販店に行って最新のポータブルオーディオプレイヤーがどんな感じになってるのか…とか、大好きなCreativeのコーナーはどうなってるのかしら…って言うのを見に行ってみました…の…ですが…信じられないような光景が広がってて、まず昨年に比べてポータブルオーディオのコーナーが4分の1くらいに縮小されてて、CreativeのDAPコーナーなんてもう消え去ってしまってましたorzorz

昨年はコーナーのレーン3本分くらいで展開してたiPodコーナーも2レーンに、Sonyスタッフが常駐してて2レーン近くを使って展開してたWalkmanコーナーも1レーンに、そしてその片隅でひっそりと信者を募ってたCreativeコーナー(笑)なんてもう跡形も無く…

確かに今回のXperia Zもそうですが、これだけの音質と安定性とリッチな基盤を備えてるモノがスマートフォンとして登場しちゃったりするともう再生専用のDAPはよっぽどハイレゾ音源が再生できる…とか、音質に定評のあるモノだけで作ってる…とか、そういう本格的なオーディオファン向けの製品か、あるいはiPod Classicみたいにひたすら容量重視な製品か、あるいはもう回線契約はダメよ…って親御さんから言われちゃってる学生さん向け…な製品くらいしか出せるモノがなくなっちゃったりしますので、Creativeみたいなメーカーのコーナーが無くなってしまうのも少し納得がいきましたorzorz

それくらい今回のXperia Zの音質と、先細りしちゃったDAP売り場にはビックリしてしまいました(泣)

…でもこのままCreativeが新しいDAPを出さなくなっちゃうと他のDAPへの乗換えを考えなくちゃいけなくなりますが、日本人女性をレイプする事件を散々国内外で起こしたり「日本人なら何人でも殺そうと思った」なんて大阪でこの前テロ事件を起こした韓国人が作るIriverCOWONなんて気持ち悪くて持てないし、音質が良くてバッテリーの持ちが良いポータブルプレイヤーだとどうしてもSonyさんのWalkmanだけ…になってしまいますので、スマートフォンのバッテリー問題が解決するまでは再生専用のポータブルオーディオプレイヤーは頑張って欲しいなぁ…って思ってます


関係がありそうな他の記事…

Docomo SO-02E「Xperia Z」に関係しそうなブログ内リンク★
Xperia Zの記事も膨れ上がりそうでしたので、こちらで一括ターミナルさせて頂いてます
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加