博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ

博多湾に面した福岡市を拠点に、仕事にプライベートに活動する日々を綴ります。趣味の吉田初三郎話や郷土の旬ネタも満載!

中洲の夜景を望む絶景レストラン&バーから花自動車

2017年05月05日 22時30分19秒 | 福博まちの記憶
5月4日夕刻、最後のどんたく広場パレードは、2年ぶりに西鉄イン福岡13Fの「レストラン&バー BLOSSO(ブロッソ)」から西大橋を通過する花自動車を撮影しました。 昨夏の水上公園の再整備後初なので意識的に。 ココのいいところは、カクテル飲みながらゆったり撮影できることですね。 花自動車、今年も運行コース上の最後となる祇園交差点付近に移動して撮影しました。   . . . 本文を読む
コメント

博多松囃子・三福神と稚児 4日の光景

2017年05月05日 22時15分40秒 | 福博まちの記憶
博多松囃子2日目の5月4日、前日に引き続き博多カレンダー委員としての記録撮影班。毎年狙って撮っている須崎大橋上から博多ポートタワーを望む構図では、諸条件が揃って5年ぶりに納得いく夫婦恵比須様を撮影できました。 午前中は青空が広がり爽快でした。この日も博多総鎮守・櫛田神社から出発した三福神を追跡。 2日目は西流エリア(西町筋)を浜側へ下り、大黒流エリアを巡って須崎大橋から那珂川を渡って福 . . . 本文を読む
コメント

地元劇団の活況舞台に思う、芸どころ博多の系譜

2017年05月05日 21時34分48秒 | 福博まちの記憶
雨上がりの5月3日夕刻、万能グローブ ガラパゴスダイナモス第23回公演「星降る夜になったら」を観劇しました。キャナルシティ劇場がほぼ満席で、終演後は拍手鳴り止まぬスタンディング・オベーション。客層の若さも含めて刺激的で、見終わったあと幸せになる素晴らしい舞台でした。 終演後、客演のヨーロッパ企画・永野宗典君をはじめ、月光亭・杉山英美さんやおりがみ入江真潮君らにご挨拶しました。一緒に行った娘は . . . 本文を読む
コメント

博多松囃子・三福神と稚児 3日の様子

2017年05月05日 20時25分00秒 | 福博まちの記憶
今年も5月3日・4日の博多どんたく港まつり当日は、博多カレンダー委員の腕章をつけて、どんたくの起源である「国選択無形民俗文化財・博多松囃子」の記録撮影に動き回りました。 博多カレンダーは博多総鎮守・櫛田神社と博多祇園山笠振興会、そして博多松囃子振興会が毎年制作している博多の公式カレンダー。もともと領主藩主への新年祝賀行事として始まったという博多松囃子、ご縁あって2007年から毎年記録撮影を担 . . . 本文を読む
コメント

登場40周年!博多どんたく花自動車

2017年05月03日 06時34分31秒 | 福博まちの記憶
今年も博多どんたく港まつりの季節、5月2日(月)夕刻はとりあえず今年の花自動車6台をそれなりに撮影しました。1枚目は天神橋口交差点から昭和通りに進み、運行を開始したA編隊の1号車「祝!博多祇園山笠 ユネスコ無形文化遺産登録」号。 2枚目はB編隊2号車「きんしゃい、どんたく!よかばい、ふくおか!」号。今春登場した西鉄天神大牟田線の新型車両9000形&昨夏登場した連接バスがデザインされています。 . . . 本文を読む
コメント

さつき松原の絶景

2017年05月03日 06時24分34秒 | 昭和の観光学
先日、晴天の日曜日に母のリクエストで宗像大社に参拝して、その後久しぶりにさつき松原に立ち寄りました。 この日はとにかく海が青い…海風が心地よくてお弁当を食べて1時間近く松原を散策。 黒田長政の植林開始に端を発し、白砂青松100選にも選ばれている「さつき松原」の遊歩道、昨夏に整備が完了してから初めて訪れましたが素晴らしいですね。 この日は少し霞んでいましたが、空気が澄 . . . 本文を読む
コメント

家族の作品が続々LINEスタンプになってます。

2017年05月03日 05時44分53秒 | Weblog
LINEクリエーターズスタンプに家族の作品が登場しました! ひとつめは「隣のシバちゃん」。元イラストレーター、うちの奥様が娘のイラストに刺激を受けて久々に描いた作品です。イラストのモデルは北九州出身の知人女性だそうですが、なぜか広島弁っぽい言葉を話すらしい…。学生時代は某北九州市在住の漫画家さんの臨時アシを務めたこともあるらしく、いろんなタッチのイラストを描けますが、一番得意なのは . . . 本文を読む
コメント

福ビル1F写真展示、5月は「懐かしの花電車・花自動車」

2017年04月29日 08時33分58秒 | 福博まちの記憶
月末営業日恒例、4月28日(金)夜は担当している福ビル1F西鉄ショーケースの展示替えを終えました。 5月のテーマは「懐かしの花電車・花自動車〜戦後初の花電車運行から70年・どんたく花自動車登場40年」。今から70年前の1947(昭和22)年5月3日の新憲法祝賀式典で戦後初の花電車が走り、博多どんたくが1949(昭和24)年から現行の5月3日・4日開催となって「どんたく花電車」として1975(昭和 . . . 本文を読む
コメント

レアな遠賀川水道水源地喞筒室絵葉書と「武蔵寺と二日市温泉」企画展

2017年04月29日 08時15分11秒 | 福博まちの記憶
最近、状態の良いキレイな古絵葉書を数点入手しました。ひとつは「大日本製鉄所遠賀川水道水源地喞筒室」絵葉書セット、いわゆる明治日本の産業革命遺産のアレです。 もうひとつは「九州水力電気宇島火力発電所」、現在の九電・豊前発電所の前身で1925(大正15)年1月に竣工したようですね。場所は現在の発電所と違うのでしょうか。少し調べてみます。 さらに1915(大正4)年の物産共進会の際、松永安左 . . . 本文を読む
コメント

骨董市願望と老舗蕎麦

2017年04月29日 07時53分57秒 | 福博まちの記憶
冬場はお休みだった筥崎宮蚤の市ですが4月16日(日)に久しぶりの開催。この日は午後から絵葉書研究会の例会で、午前中は筥崎宮隣の県立図書館で2件ほど調べ物をする予定でした。しかし、好天&あまりの暑さで汗びっしょりになりチャリで急遽帰宅。途中、暑さしのぎを兼ねて馬出通バス停そばの「そば処 にい島」に立ち寄り梅おろしざる蕎麦をいただきました。 以前は上川端商店街の中にあったお店ですが、馬出に移転し . . . 本文を読む
コメント

清流公園の春景色と撮影の意味

2017年04月15日 10時40分47秒 | 福博まちの記憶
今週は晴天の日も多く、4月13日・14日は初夏の陽気でしたね。仕事移動の合間、博多カレンダーの候補写真になればと、清流公園の春景色もいちおう撮影してみました。 清流公園のチューリップ等は春の恒例「福博花しるべ」に合わせて、昨年暮れに小学生や地域の方々で球根を植えたもの。博多・冷泉自治協議会の活動記録係を担っているので、まちなかの景観も日々記録撮影しています。これまでカレンダーでは取り上げてい . . . 本文を読む
コメント

NHK福岡「はっけんTV」4月18日(火)は花電車・花自動車の歴史

2017年04月15日 10時21分57秒 | 福博まちの記憶
今年も博多どんたく港まつりの季節が近づいてきました。企画構成を担当しているにしてつWebミュージアムでは「歴代花電車・花自動車アーカイブス」に昨年の花自動車の画像を追加しました。 今年は1947(昭和22)年の憲法発布に合わせて戦後初の花電車が走って70年、さらに1977(昭和52)年に花自動車が初登場してから40年の節目です。 来週4月18日(火)のNHK福岡放送局「はっけんTV」では、私が . . . 本文を読む
コメント

博多松囃子本番を前に今年度初の博多カレンダー委員会

2017年04月15日 10時04分26秒 | 福博まちの記憶
博多松囃子(博多どんたく港まつり)を前に、4月11日(火)夜は博多カレンダー委員会が博多総鎮守・櫛田神社にて開催されました。博多の公式カレンダーの委員役にご指名いただきはや11年目。今年度最初の会議では、メインカメラマンの八田公子さんが撮影してきた昨年10月以降の写真を中心に候補選定に加え、5月以降の撮影内容&スケジュール確認や2019年以降のテーマ案など議題は盛りだくさん。 いつもより長めの会 . . . 本文を読む
コメント

本日「博多っ子講座」新年度開講!多彩な講師陣、私は7月講師を担当します

2017年04月15日 09時40分49秒 | 福博まちの記憶
本日4月15日(土)午後に平成29年度(第14期)講座が開講するのは「はかた部ランド協議会」主宰の「博多っ子講座」です。今回、ご縁をいただき7月講座「福博の発展と渡辺與八郎(7月22日)」講師を担当させていただくことになりました。 初回4月講座の講師は、昨年私が編纂を担当した「博多祇園山笠西流五十周年史」で、博多松囃子の項目執筆を担当していただいた西日本新聞社の日高さん。「博多どんたく〜山笠のル . . . 本文を読む
コメント

社会科のしおり〜福岡市内電車(昭和39年版)が楽しい!

2017年04月10日 23時54分43秒 | 福博まちの記憶
ずっと探していたものを入手しました。いろんな方から逸話を伺っていましたが、コレが伝説?の「社会科のしおり〜福岡市内電車(昭和39年版)」です。 昔の福岡市の小学生は、社会見学で電車学校体験をしてから、福岡市内線の電停名を覚えるのが普通だったとか。 30ページに情報満載!西鉄の情報はもちろんですが、路面電車の基礎知識や交通実情など社会科の教材ならではの郷土臭が素晴らしく、つい見入ってしま . . . 本文を読む
コメント