博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ

博多湾に面した福岡市を拠点に、仕事にプライベートに活動する日々を綴ります。趣味の吉田初三郎話や郷土の旬ネタも満載!

宮地岳線と北九州線のフォトブック発売!

2010年02月26日 22時58分12秒 | 福博まちの記憶
 フォトブックシリーズの最新刊「(9)宮地岳線と沿線風景」と「(10)北九州線の沿線風景(西鉄アーカイブ編)」の販売を開始した。直販の常連さん達にまず案内メール、すると想像以上に早いペースで申し込みが殺到。昨年夏の発売予定をズラした理由は「そんなに売れないだろう」という消極的理由だったが、発刊を心待ちにしてくれているファンの方々には申し訳ない半年間だった。書店にも早くから予約注文が入り、発行を周囲 . . . 本文を読む

音楽で気分転換

2010年02月22日 21時44分44秒 | 演劇・音楽
 普段、仕事のBGMはもっぱらFM福岡を聞き流している。これはもう20数年、企画やデザインの仕事をするようになって変わっていない。考える仕事の時はBGMをクラシック系やインスト曲中心。そしてパソコンで作業続きの時は、ノリの良いロック系の曲をかける事が多い。  先々週2枚のCDを購入。1枚は地元ロックバンドCogansの2nd「No Guard Life」。先月、西新JA-JAのライブが良かったの . . . 本文を読む
コメント (1)

ホーロー看板の未来

2010年02月09日 23時16分24秒 | 福博まちの記憶
 5日午前、箱崎九大前にある原田琺瑯さんへ。昭和26年開業、今年で59年目を迎えるホーロー看板製作の老舗である。昭和時代、全盛を迎えたホーロー看板も平成に入ってからは電飾看板をはじめ、プラスティック系や塩ビ系など他の看板素材に押され、昭和の遺物的な扱いになりつつあるのだが、原田さんは危機的状況をサイト開設と情報発信で乗り越え、個人客や観光宣伝ツール、衛生面を認められての病院でのサインなど、これまで . . . 本文を読む

旦過市場パラダイス

2010年02月09日 23時07分19秒 | 福博まちの記憶
 先月30日、小倉・旦過市場での撮影会(16日)の作品展示・批評会が市場内の大学堂で開催された。参加者はそれぞれ自信作1点を持参、作品の発表を行い意見交換するという内容だが、市場内のお店の方々も顔を出し、狭い会場はごった返した。作品は大学堂内に13日まで展示され、人気投票をしているそうだ。  私が出品したのは吉村商店さんの店頭でのご主人と奥様のツーショット。自宅のプリンタで出力したところ、いい感 . . . 本文を読む

節分大祭とKABUKI NIGH|T

2010年02月09日 22時59分16秒 | 福博まちの記憶
 2月3日、午前中は事務所で仕事を片付け、午後は博多カレンダー委員の腕章をつけて東長寺と櫛田神社の節分大祭を撮影した。東長寺では年末完成予定の五重塔の工事状況も一般公開されていた。すぐ脇に景観を妨げるビル群があるのは寂しいが、博多部初の五重塔には期待大。節分祭には留学生や地名士が台上がりし豆をまく。私が撮影した回は留学生が七福神に扮して豆を威勢よくまき、良い撮影ができた。  櫛田神社へ移動すると . . . 本文を読む
トラックバック (1)

人のぬくもりと風景

2010年02月09日 22時57分30秒 | 福博まちの記憶
 28日午後、小倉南区の泥谷誠一郎さんの自宅アトリエへお伺いした。県の職員をされつつ、約40年前から北九州を中心に人の営みをテーマにした、町並みや建物の写真を撮られてきた方で、自費出版で数冊の写真集も出版されている。3年前、門司港の書店で写真集を購入し、その後連絡を入れて親しくおつきあいさせていただいている。  泥谷(ひじや)さんはご自宅の一角をフォトギャラリーにし、奥様のお名前をとって「ギャラ . . . 本文を読む

宮崎和子さん来福と葦平忌

2010年02月06日 23時50分24秒 | 福博まちの記憶
 1月23日昼、昨年秋まで参加していた「福岡市西区まるごと博物館推進会」の会員向け講演会に顔を出した。この講演会は私が言い出しっぺ、講師をお願いした宮崎和子さんとご縁があったことから実現したものだった。西市民センターの会議室はほぼ満席、西区まるごとの面々に加えてその活動は全国から注目を集めている「福岡市西区歴史よかとこ案内人」の面々も参加し、熟年ならぬ歴男歴女が大勢集まった。  一年ぶりにお会い . . . 本文を読む

福岡ロケ&ゆかりの古い映画と電柱広告

2010年02月06日 23時46分51秒 | 福博まちの記憶
 1月のスカパー「日本映画専門チャンネル」は、岡本喜八監督作品特集。博多ロケの作品もいくつかあって、初めて観る映像(未ビデオ化)作品はとにかく楽しかった。中でも五木寛之原作・昭和48年公開の「にっぽん三銃士 博多帯しめ一本どっこの巻」は当時の福博の町並みも鮮やかに、印象的に描かれていてお気に入り録画。しかも、在りし日の「雁ノ巣飛行場」滑走路や格納庫の中のシーンも。  内容は当時を象徴するドタバタ . . . 本文を読む