博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ

博多湾に面した福岡市を拠点に、仕事にプライベートに活動する日々を綴ります。趣味の吉田初三郎話や郷土の旬ネタも満載!

鉄道グッズショップ「通谷電停」

2010年03月12日 00時25分08秒 | 鉄道
 11日午後、筑豊電鉄・通谷電停横のビル2Fに開店した鉄道グッズショップ「通谷電停」へ。鉄道模型などを企画製作販売しているワンマイルさんが最近始めたお店だ。先週、今日感テレビで紹介されてからコアな鉄道ファンだけでなく、沿線の方々もお店に来てくれているそうだ。
ワンマイルHP

 昨年夏、手嶋さんが中心になって開催した福岡タワーでの鉄道模型展イベントを手伝ったご縁で、今週末に筑豊電鉄さんが開催する「ちくてつグルメ物産まつり」でフォトブックを販売してくれるとのことで、納品方々顔を出した。もちろんお店でもフォトブックは常設で置いてくれるそうで有り難い。

 筑豊電鉄の3連車両などは西鉄北九州線でも相互乗り入れで活躍したもの。北九州が創業の地ながら、西鉄グループで唯一北九州地区に遺った軌道線だけに、筑豊電鉄は応援したい。元々は直方を経て福岡まで乗り入れる計画だったが、先に国鉄篠栗線が全線開通したことで筑鉄の直方以降の延伸は夢と消えた。筑鉄直方駅が高架駅で尻切れトンボのような終点となっている理由である。それにしても、この沿線で鉄道ショップを開業した手嶋さんの行動力にはアタマが下がる。
筑豊電鉄

 私的には、以前からワンマイルさんに提案しているラッピングバスと企業のタイアップ模型が実現したら嬉しい。福岡市内中心部を走る様々なラッピングバスのデザインを、そのまま模型で忠実に再現した模型があると楽しいだろうなと思う。

 チキンラーメンやマルタイラーメン、愛のスコール、ホークス号、ひよ子などのデザインの広告バスは観ているだけで楽しい。ラッピングバスは基本的に一年ごとの契約なので、過去に走っていたちびまる子ちゃん号などもあると楽しいだろうなぁ。企業側にもPRツールとしての旨味があると思うのだが…。

 いずれにしても、ワンマイルさんと北九州でも企画を展開できたら嬉しい。早速、手嶋さんのブログ「てっしい的生涯」でフォトブックを宣伝してくれて感謝!

今日の写真は、鉄道グッズショップ「通谷電停」内部の光景

フォトブックシリーズ解説・通販
福岡市内線の思い出ブログ
写真集「西鉄ライオンズとその時代」
美しき九州「大正広重」吉田初三郎の世界 九州・初三郎研究会
アンティーク絵葉書に観る懐かしの風景・町並み
ギンギラ太陽's
冷泉のあゆみ1945~2007まちづくり戦後史
鳥瞰図絵師・前田虹映
オールド地図鳥瞰図コレクション・吉田初三郎ほか
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川端商店街の火災 | トップ | 竹林は「日本の景観美か」そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL