博多湾つれづれ紀行 益田啓一郎のブログ

博多湾に面した福岡市を拠点に、仕事にプライベートに活動する日々を綴ります。趣味の吉田初三郎話や郷土の旬ネタも満載!

さつき松原の絶景

2017年05月03日 06時24分34秒 | 昭和の観光学
先日、晴天の日曜日に母のリクエストで宗像大社に参拝して、その後久しぶりにさつき松原に立ち寄りました。 この日はとにかく海が青い…海風が心地よくてお弁当を食べて1時間近く松原を散策。 黒田長政の植林開始に端を発し、白砂青松100選にも選ばれている「さつき松原」の遊歩道、昨夏に整備が完了してから初めて訪れましたが素晴らしいですね。 この日は少し霞んでいましたが、空気が澄 . . . 本文を読む

観光都市・別府の躍進を伝える絵葉書とブラタモリ案内人の本

2017年02月11日 08時47分12秒 | 昭和の観光学
便乗的ですがNHKブラタモリ「#62 別府温泉~別府はなぜ 日本一の温泉に?」「#63 別府 ~巨大温泉都市・別府はどうできた?」に合わせて、手持ちの膨大な別府関係の絵葉書やポジ写真群を順次アーカイブサイトで公開することにしました。 第一弾で「昭和の別府景観&大分交通別大線」を公開しています。 ブラタモリ本編を見る前に、絵葉書や古写真から内容を想像するのも楽し、戦前の地誌や温泉案内などから . . . 本文を読む

1970年代の別府景観&大分交通別大線の記憶

2017年02月11日 08時37分47秒 | 昭和の観光学
ブラタモリで大分県別府を2週続けて取り上げるということで、運営する画像アーカイブ「アンティーク絵葉書・古写真にみる懐かしの風景・町並みアーカイブス」に1970年代の別府市観光写真の一部をアップしました。 昭和の別府景観&大分交通別大線 昭和47年廃止の大分交通別大線(路面電車)の記録写真を含む、貴重なカラーポジフィルムからのデジタル化写真群の一端です。写真の多くは別府をはじめとする大分県の . . . 本文を読む

絵葉書に写っていた「赤毛のアン」村岡花子女史

2017年01月24日 23時43分25秒 | 昭和の観光学
手持ちの絵葉書を何気なく見ていて、知識が増えたことであっと驚く発見をする事が多々あります。 この絵葉書は日本放送協会(NHK)が昭和初期に発行した「子供の時間実況の放送」という説明のある絵葉書ですが、よーと見ると右端に写っている女性は「赤毛のアン」翻訳者で朝ドラ「花子とアン」主人公モデルの村岡花子さんですね。昭和7年以降、ラジオで「では皆さん、ごきげんよう、さようなら。」と語りかけて人気者となっ . . . 本文を読む

空から日本を見てみよう「別府温泉」

2016年12月19日 20時58分21秒 | 昭和の観光学
先日、冊子の資料提供でお手伝いしたデアゴスティーニ「空から日本を見てみよう」DVDコレクション第25号「大分県 別府温泉」の見本が届きました。 別府観光の父、油屋熊八翁もきちんと紹介いただき感謝です。 昭和5年の吉田初三郎「別府市鳥瞰図」を掲載いただいたんですが、できれば熊八翁の参謀役だった初三郎についても少し取り上げていただけるとさらによかった。別府市については、1970年代から80 . . . 本文を読む

博多湾を一望、米の山展望台の絶景&お遍路

2016年08月12日 22時18分16秒 | 昭和の観光学
先週8月6日(土)午前中、約10年ぶりに篠栗町・米の山展望台までマイカーで登りました。 標高594m、天気がよければ当然ながら最高の眺めです! 博多湾沿岸を一望する眺め、2005年に絵地図作家・村松昭さんを招聘して描いてもらった「博多湾周遊絵巻」にも眺望ポイントとして記載されている場所です。 私自身、連日現地取材で動き回った当時以来ほんとに久しぶりに山頂まで登りました。 自 . . . 本文を読む

小倉・鳥町食堂街の「だるま堂」に久々立ち寄りました

2016年03月06日 21時29分35秒 | 昭和の観光学
昨日3月5日の門司港行き、JR利用での帰路は小倉駅で途中下車して久々に魚町銀天街をぶらぶら。見慣れた景色だった駅横の大丸ビル名店街が解体中なのが結構ショックでした。魚町の旧電車通り角のマクドナルド閉店で、私にとって馴染みあるお店は松田楽器だけになりました。 あ、あともう1件、必ず立ち寄るのが鳥町食堂街の焼きうどん発祥「だるま堂」さん。昨日も焼きうどんをいただきましたが、毎回おばあちゃんが元気 . . . 本文を読む

富士山の日に肖り、昭和の富士山絵はがき。

2016年02月23日 16時18分38秒 | 昭和の観光学
2月23日は語呂合わせで「富士山の日」だそうで(静岡県「富士山の日条例」)、とりあえず手持ちの「昭和の富士山」絵葉書コレクション約200枚からの6枚…。 よくよく考えると子供の頃、母が旅行先で買ってアルバムに貼っていた富士山の絵葉書セットをみて欲しがったことが絵葉書趣味の最初かも。 旅先で自分で買うのはもちろん、骨董市や古書店めぐりで見つけた古い絵葉書に目がいく。 . . . 本文を読む

前田虹映「丸亀市鳥瞰図」を初確認、丸亀うちわ誕生のきっかけとは?

2016年01月07日 22時38分04秒 | 昭和の観光学
先日入手した昭和30年頃の「観光MARUGAME(丸亀市)」パンフレット。発行年の記載はないものの通町商店街にアーケード設置後のようです。 掲載されている鳥瞰図は初見の前田虹映「丸亀市鳥瞰図」ですが、虹映は昭和20年に没しているため作品自体は昭和10年代で吉田初三郎から独立直後のものと推測。 ご子息の前田稀さんに確認したところ「丸亀市」作品は把握されておらず、このパンフは肉筆画をもとに . . . 本文を読む

大阪タワーや道頓堀の古い写真をみて、ディープな大阪体験を思い出す

2016年01月07日 22時09分07秒 | 昭和の観光学
先日入手した膨大なプリント写真、ほぼ南海線沿線、難波や天王寺、通天閣にかけての写真群です。タワー建設中の写真が多数あり、調べたら私が生まれた昭和41年(ちょうど50年前)に完成した朝日放送の電波塔「大阪タワー(2009年解体)」のようですね。 その他にも商店街の写真が多く、場所の特定や現地散策が今から楽しみです。 今から16年前、大阪の方に「ディープな大阪を見せてあげる」と夜の法善寺横 . . . 本文を読む
コメント (1)

新食感!ずんだぼたもちが美味すぎる。

2015年12月19日 21時28分02秒 | 昭和の観光学
久しぶりに直方・感田の名物フードテーマパーク「びっくり市(明治屋産業)」へ立ち寄りました。北九州市一円に店舗があるお茶の「もりかわ園」さん、店頭でなんと新商品「ずんだぼた餅」を売っていて迷わず購入! テレビでずんだが話題になっていたので新商品化との事、密かに話題だそうでリピーター増加中だそうです。ひょっとしてマツコデラックスさんと関ジャニ村上さんのあの番組でしょうか?放送見て私自身が興奮した . . . 本文を読む

昭和25年のカメラ雑誌「フォトグラフィ」etc…

2015年09月22日 23時38分53秒 | 昭和の観光学
段ボールに入れたまま10年近く未整理の資料、最近ようやく要不要の整理を始めました。 この手のレアな本や雑誌をどう処分するかまだ悩み中ですが、よく見返すと貴重本かもしれません。昭和25年の雑誌「フォトグラフィ」の内容の濃さ、まだGHQ統制下でこれだけの写真コンテストが行われていたのも驚きです。 北島寛さんや大崎周水氏の息子さんらから、フィルムの入手も満足にできなかったと聞いていたので&h . . . 本文を読む

ちょっぴり残念な初代グリコのネオンサイン写真

2015年08月29日 22時32分55秒 | 昭和の観光学
レア度がそれなりに高く、やっと入手したと思って喜んだ昭和10年設置の初代グリコネオンの写真、よく見たら肝心のランナーが画面に入ってませんでした(笑) 道頓堀グリコネオンの歴史 上の絵葉書はグリコのネオンサイン設置前、昭和5年頃の道頓堀・戎橋の絵葉書。 道頓堀、戎橋界隈の写真や絵葉書は多数あるのですが、わざとのようにグリコのネオンが画面に入ってないものばかり…。 次 . . . 本文を読む

復旧した旧耶馬渓鉄道のガーター橋2つ

2015年05月27日 22時47分28秒 | 昭和の観光学
5月23日(土)、2012年の大水害で崩落した旧耶馬渓鉄道のガーター橋「第二山国川橋梁(柿坂手前)」と、築堤が流出した「第四山国川橋梁(下郷)」の復旧ぶりを河原へ降りて撮影しました。 残念ながら流失した橋上部分と、崩落した橋桁部分は元々のものと比べると明らかに見劣りしますが、復旧した事だけでもホントに嬉しい。そろそろ10年で時効なので書きますが、10年前に絵地図作家の村松昭さんと一緒に「耶馬 . . . 本文を読む

保存復旧される5連石造アーチ橋「馬渓橋」

2015年05月27日 22時40分46秒 | 昭和の観光学
5月23日(土)帰路、2012年の大水害後に一番心配だった5連石造アーチ橋「馬渓橋」も撮影しました。 大水害時は欄干に流木が絡んでダム化し一帯の被害を拡大させ、住民から撤去架け替え要望が出るなど危機的状況でしたが、昨秋保存復旧へ向けて動き出したようでひと安心。 まだ上流側の欄干は破損したままです。ちなみに橋を渡った先には栗山善助の嫡子・大膳の生誕地「平田城址」もあります。 以下、復旧 . . . 本文を読む