今、ここで(Now ,here) by 中村真生子

自分探詩(じぶんさがし)& 山陰柴犬かれんとの日々

紫露草

2017-05-16 10:38:31 | 自然・植物
紫露草の花が咲いた。

その名のごとく
茎にはたっぷりの水分。

切り取ると露のごとく
滴り落ちる。

この露はうまいのか
わが家の犬は
しきりに茎を食べる。

一日花で
午後や夕方には
しぼんでしまう。

けれども
次から次に紫色の花。

そして
ひと花咲くごとに
梅雨の足音。


紫露草〈ツユクサ科〉
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 微笑み返し | トップ | 縄文と弥生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む