Granma のデジカメ写真日記

折々の散歩や旅行で撮った風景、花等の写真を載せています

しばらくぶりに訪れた東京都薬用植物園(1)ヤマジノギク、サキシマフヨウ、フジマメ、ツルドクダミ他

2016年10月14日 | 公園、植物園
東大和市の駅近くにある『東京都薬用植物園』へ5年振り位にお友達と行って来ました。
入口を入ると温室が見え

その手前の通路に大きな鉢植えが並べられて「ヤマジノギク」(山路野菊)が咲いていました。
別名パステルアスター。
大分県農林研究指導センター花卉研究所で50年前から品種改良して開発したもので
10月から12月にかけて関西関東に出荷されているそうです。
この花は杵築市から生薬指導の関係で特別に譲渡されたとのこと。

園内に入る前に優しい雰囲気の「サキシマフヨウ」が咲いているのを見ました。

漢方薬原料植物区でまず目に入ったのが
大きなマメ科の花、「フジマメ」(藤豆)

そばに大きな紫色の莢がありました。

「ツルドクダミ」心形の葉が少しドクダミに似ている程度で、
「ドクダミ」との類縁関係は薄いようです。
薬用部分は根茎、用途は漢方処方用薬貧血、不眠等


「ミシマサイコ」(三島柴胡)静岡県三島が良質な柴胡の大 集荷地であったため、
ミシマサイコと呼ばれるようになったようですが、現在は自生のものはなく栽培されている。
次女は体が弱かったのでお医者様からこれをもとに漢方薬になった柴胡桂枝湯や小柴胡湯等、
以前度々服用したものです。

「ヒキオコシ」(引き起こし)別名延命草、延命草、健胃薬として胃の調子がよくないとか、
軽い痛みを感じるような時、また食欲がないときなど使用されます。
『カメバヒキオコシ』『クロバナヒキオコシ』は見たことがありますが「ヒキオコシ」は初めて。
風が吹いてブレて撮れてしまいました。


「カワミドリ」生薬名「ドカッコウ」(土藿香)シソ科カワミドリ属」
効能は清涼解熱、芳香健胃作用

撮影日 10月12日
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天皇皇后両陛下が大槌町でご... | トップ | しばらくぶりに訪れた東京都... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む