芝狩りおじさん

健康管理で医者に歩く事を進められた。長生きをして孫の嫁入りを見たい

陽はまた変る 美酒爛漫 見えない事

2017-01-04 21:42:27 | Weblog

葷酒 香りてまた誘いあり、集いて語る時あり。

年の始めの月には三が日あり。松の内ありです。松の内には地域によって差がある。狭い国日本でも関東、関西ではおきな習慣の差がある。地域の差を越えて現実にはどうあるべきかを語り合った。人の世界では忌憚のない意見を話し合えるのが最高です。加えて葷酒ありでした。

春は冬を過ぎて

冬の野を春の語りの花が染めて

仏の座が薄いピンクに野を染めて、心も薄く春になり

野の花、八手。

黒に白、黒白をつける時ではないが…。

高野箒の冬の時

自然は語りあえば素晴らしい。小さな野の花が時を変える。

ボケが呆けないこの一瞬、過ぎれば単なる老人。

慌てて狼狽する人もある。明日は東京で打ち合わせ、事が進めば南の国に出向かねば。温泉と考えるのは真の老人、こちらはビジネスで。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 験を担ぐ 大寒仏滅 世界は... | トップ | 春告草 風声鶴唳 麦踏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。