芝狩りおじさん

健康管理で医者に歩く事を進められた。長生きをして孫の嫁入りを見たい

ロンドンは雨 予定変更 サニブラウン 目を離せない

2017-08-10 16:01:04 | Weblog

世界陸上 トラックは雨 サニブラウン100M決勝へ 

早く高く遠くへ 誰の目にもわかりやすい争いの競技が続く。挑む選手の気迫が胸に伝わる。どこかで聞いた記憶が、もっともらしい解説はいらない、盛り上がりの勝負前、後の緊張感を削ぐのではとの話、もっともの様に思えるのでと、確かにそう思える。サニブラウン決勝へ頑張った。決勝も頑張れー。孫は雨の中の出勤かと爺はふと思う。今朝の朝日の朝刊、長崎の鎮魂、「焼き場に立つ少年の姿」あり、幼子を背負い見つめる目、裸足のままです。この様な記録を残さないで済む世界を作り出そう、競うのは競技に任せてと思う。

女子400M、これは厳しい競技だと決勝戦を見て感じた。短距離、長距離と異なりスパートのタイミングが大切な事と知った。難しいかもしれないが、平和とは何か、避難民と戦災孤児の姿が重なる。戦後の上野、新宿の地下道で孤児を見欠けていた一人としてです。

自然には美しい出会いがある。今日の出会いも強烈でした。

時計草 探していた花に偶然。重ねて蕾かな?

最近、出会えないと思っていました。出かけた帰り道、ふと踏み込んだ初めての路地で、偶然とはと考えました。下に見えるのは蕾かな?この花を初めて知ったのは請け負った仕事の現場の近くでした。20年近くになる。

偶然の通りすがり、ヤマトシジミが可愛らしい花に。

蝶はヤマトシジミかと…、とまっている花の名が…不明。

薄紫の五弁、見た事があるような無いような、記憶にありません。

勝負の世界には偶然はないと思いますが、出会いにはいろいろですね。妻は傘寿の祝いとやらで知人と会食、私は考えられない知人の弔い。数日前の暑い日の午後に祭りの片付けをしたのが最後の会話、人生は無言で去る。高校生の夢の甲子園、そのせいではないが、閉会中の委員会、放映が無いのは残念です。仕事人内閣、仕事を見せてくれない。何事も耳目、衆目の目で仕事の内容を判断する、その術を奪い、6,9日とありきたりの挨拶で…これでいいのだろうか?防衛も不安。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 競う 台風は去る 姉川氾濫... | トップ | 山の日 世界陸上 競う 古... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (S山)
2017-08-13 17:31:29
この紫色の小さな花は、クコの花だと思います。
花にとまっているのは、ヤマトシジミ♀でしょう
クコ (芝狩りおじさん)
2017-08-13 21:37:22
S山さん

ありがとう!!先ほど気がつきました。
クコですか?
ヤマトシジミ 最近でガチョウにも興味を

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。