芝狩りおじさん

健康管理で医者に歩く事を進められた。長生きをして孫の嫁入りを見たい

理論 実社会 現実が見えない 

2017-06-16 22:34:23 | Weblog

言葉が少ない 哀れを感じます。

頭脳明晰、学術優秀と称される方々の表情と表現、その方々の頭を覗きたい。人の頭脳ではないではと…。これにて一服と言われる与党の委員長、立場が変わると人の心はころころ変われるのです。学校で試験の結果は先生の都合で変わると言うのでしょうか。私道を受けるか、教えられる生徒は理解できるのでしょうか・疑問。

水の流れは滔々と

何事にも動じない、川の表情。

栗の実は棘に包まれて、しばらく時が過ぎると、中身は美味。

栗の木とは見えないので、近づくと実りの棘に、早秋には。

現実は水の流れに見えるが、滔々とではなく急な流れが音を立てずに流れている。静かさの中に恐さを含めていると思える。栗の花も咲き終えれば、棘で実を包むのに時がいる。現実の社会には棘があり、突然棘で刺す。せせらぎも流れてたどり着くのは海、海の波は静かにそして強く寄せて返すが、現実の波は…荒々しく無言です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひらめきが消えた 卯の花 ... | トップ | 真夏日 夢と不満 揚げ雲雀 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。