芝狩りおじさん

健康管理で医者に歩く事を進められた。長生きをして孫の嫁入りを見たい

老子 父の日 次世代を案じて 

2017-06-18 18:37:38 | Weblog

鏡に映して 印を刻んで 

普通の方の朝は鏡に向かいて、おのれとの挨拶から始めていると思います。右手で挨拶をすると、左手で返事をしている。国民の考えに反しての表情は朝の顔と知って下さい。日本人の好きな印鑑も同じ逆に彫っているのです。今の行政・・・も、民の声とは反対の鏡の中の挨拶です。

間もなく夏至 今日は父の日

帰宅したら、異国に住む娘から酒の好きな父に贈り物が届いた。新潟の銘酒「上善如水」でした。この言葉は老子の言葉、水はよく万物を利して争わず、水の如く自然に流れ、人の嫌がる低いところに淵のように静かに住む。我もかくありたいと願ってはいるが、煩悩なるもの多すぎて困っている。

一日家にいたので、買い物を兼ねて外出、と、思ったら、梅雨の雨です。

八重のクチナシ、雨に打たれても、明快に明るく正しくと伝えてきた。

ふとした縁で知り合ったご夫婦、写真がご趣味。送って頂いたカワセミの写真、仲の良いご夫婦か、親子かは分りません。親子なら、最近、日常の社会で欠けている情愛の表現、めおとなら助け合いの表情、どちらにしても学ばねばと思います。冷えたので風呂を沸かして、それから妻の帰りを待つか。さすれば、ほのぼの状景が…。そう、願っています。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真夏日 夢と不満 揚げ雲雀 ... | トップ | 火蟻(ひあり)弱点は何処に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。