芝狩りおじさん

健康管理で医者に歩く事を進められた。長生きをして孫の嫁入りを見たい

冬至 南瓜 柚子湯 

2016-12-20 17:49:35 | Weblog

明日は冬至

柚子湯に南瓜、冬至の柚子湯、こんな仕来りは心に響かない時になったかも。が、今日は思わぬ会話が弾んだ。私たちの地域の案内板と車ミラーを撤去することになり、地主さんを訪ねた。長年のご厚意を深謝すると、屋敷の裏に案内された。広い畑につながっていて、そこにジョウビタキが遊んでいた。残念な事にカメラを持参していなかった。柚子の木も何本もあり柚子が…でした。明日は冬至ですねの話から、どうぞお持ち帰りくださいと。そして本柚子もあるのですよと話が続いた。本柚子?獅子柚子(鬼柚子)は以前通りすがりに見つけ頂いて帰ったことがあり知っていたが、本柚子は?でしたが棘が大きく香りも素晴らしいとのです。頂いて帰りご近所に差しあげました。

明日は都心に出かけ新年会の打合せと考えていましたが、急遽変更して撤去工事の立ち会いをする事になった。明日はカメラでジョウビタキをと意気込んでいます。

ヨーロッパ ドイツ トルコでも治安が

日本は仏教、神教、キリスト教、イスラム教等々が共存している。最近ではイスラムの教えに基づく?行動が非難されている。今夜の新聞トップはその問題でした。他人を殺しても良いと言う行為は現に禁じねば。一つの世界、一つの宗教がすべてに…の考えが誤りでは。救われる人と忌み嫌われる人との差は、これが理解しにくい問題です。

基本的には争いの中に、相手を殺しても・・・の考えが強くなる。争い、戦争と呼ばれる行動は世界をあげて禁じていかねば。

小鳥たちは素知らぬ顔で自分の世界に、人は知らぬ顔して自分が良ければ。これが困るのです。世界でこの動き。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小臭木 種の保存 弾ける音... | トップ | 思いもかけない プレゼント... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。