芝狩りおじさん

健康管理で医者に歩く事を進められた。長生きをして孫の嫁入りを見たい

季節 旬の食物 情報の収集は無限

2017-06-14 20:04:16 | Weblog

季節感を味わうとか、旬を楽しむが消えたと感じる最近かな。

記憶では今年の梅雨は空梅雨と、故に昨日の雨は嬉しい。夏が猛暑になれば、水不足と言われる。人の生活から水は欠かせない。普段が完全に満たされているので緊急時をお考えない。間もなく夏祭りの季節、今年は地域の環境が変わる。基本的な問題は正確に判断しておかないと後日に悔いを残すと案じている。

この花はアベリアだと思う。ツクバネウツギとも呼ばれるのかな。

 アベリア つくばねうつぎ(衝羽根空木)これは花ではなく蕾なのかな、真夏に咲いていた記憶が…、生垣になっていてこのような蕾?花?が咲くとは気がつかなかった。興味と注意力が欠ければ不思議感が起こらない。

 洋風な名のついでに ベロペロナ 小海老草と呼ばれる

花の形がエビに似ているので小海老草

色々な科目の医者に世話になている。今日は医者の日、午前午後と科目を分けて診療を受ける。明後日の芝刈りに対応する意もあるが、これからは予防を重点に、診療のときでは遅いと感じる昨今です。

地域の問題についても、考えさせられる。情報を正確に、対応は更に素早く健康の保持と同じです。疑問をあらゆる場で質せたらうれしいが困難を伴う。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨の朝 ヤブレガサの花 ... | トップ | ひらめきが消えた 卯の花 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。