芝狩りおじさん

健康管理で医者に歩く事を進められた。長生きをして孫の嫁入りを見たい

生活の拠点 情報不足 子供等の質問に 花桃テルテを

2017-06-09 20:30:42 | Weblog

生まれ故郷はと? 地域の名産 名所は?

今の住まいは、成人してからの住まいなので、「照手姫」花桃を教えるのがやっとでした。子供達に訊ねられて。小中学校は東京西部、善福寺川での川遊び、大宮八幡宮、高校では近衛文麿荻外荘で歴史を、荻窪ラーメンは当時から有名、阿佐ヶ谷七夕、高円寺阿波踊り、青梅街道の都電などは鮮明に記憶しています。子供は小学校はこの地でしたが、中学からは東京へ、孫などは日本の学校に通った経験なしです。ふと思う、父の田舎(廣島)を、小学校時代に学童疎開していたので想い出は深い。田の仕事、水車での籾引き、花田植え今でもしているのかな。

近くを流れる川にカルガモ親子がと

川を探してみたが、姿は見えない。彼らの行動時間についても学ばねば、出会うことは難しいのでは、食事(川の苔などを食する時間は?)カラスなどの強敵の眼にふれずに育つのは?親の苦労を改めて認識する。数年前に確認した雛を見守る親たちの真剣な姿、他を寄せ付けない。危険な時に正しく守ってくれる行政であってほしい。教育の要の行政の行動は、カルガモの親も???では情けない。

カルガモを記録できなかったが、情報をくれた友が記録した今年生まれたカワセミの雄の子記録を紹介します。小魚めがけて飛び込む一瞬前。

ゆっくりとまり一休み

これらは歩いていれば運よく出会える時が多い。

ヨーロッパでは、同じ様に状況が読めない。アメリカでは先の不安がこれも読めない。我が国では、教育の拠点が自然の川の流れの様に見えてきた。流れに棹をさすと…結果は身に降りかかりますよ。これから夕刊、テレビで世界の情報知識を吸収する。

文科省、内閣がこれでもかと非難した書類を調査すると、首相も厳しく調査するように指示したと、今までかたくなに否定してきたことを、不思議ですね、素直さに欠ける人で優れた人はいない。機を見るに便な人はいかがわしいと思う。信念にかける、都合に合わせる。これではいけない。恥の上塗りは許されないです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 活用管理 熟練慣れ 何事も... | トップ | 生きる 弱肉強食 ヤンマと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事