芝狩りおじさん

健康管理で医者に歩く事を進められた。長生きをして孫の嫁入りを見たい

小さな花 小さな幸せ やがて世界の 色が変る?

2017-05-15 21:12:27 | Weblog

今日は小さな花の物語 色変わり心変わり

世界の話題は北朝鮮のICBMの実験結果、報道から学ぶとそれは不安。争いが技術の革新、不安を起こしているのでは。科学の進歩は生活の安定ではなく、不安の高揚につながっている。大きな不安が包む世界。

この冷えた世界を耐え忍のは、春ですが、忍冬(スイカズラ)です。

耐え忍んだ冬が過ぎ、もう、春ではなく世界は又冬か・・。白く咲き始め、やがて黄色に変化。交通信号なら、注意です。国境の色は平和な色に。

世界で話題、国境の壁に比すれば安全な美の壁。壁の色も変わる?

更に小さな花は蝙蝠葛(コウモリカズラ)

僅か5ミリ程度か、通り過ぎる人もほとんど気がつかない。教えていただいた。数日たてば満開?楽しみが増えた。少なくなった花と聞きます。

心なぐませる虫はオトシブミ  

見難いかもしれませんが、葉の下に縦に丸まってやや黒く見える。

オトシブミ(落とし文)、花ではなく虫の住処。名前が粋。

日帰り温泉で昨日の疲れを、加えて洋酒を香りと味を確かめながら。落とし踏みは虫の住処らしい。昔はつけ文(つけぶみ)と言われる恋文もありました。年を重ねると疲労は回復に時間が…。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 限界 朝八時過ぎから午後七... | トップ | 夢は 出会いは 希望は ふ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。