芝狩りおじさん

健康管理で医者に歩く事を進められた。長生きをして孫の嫁入りを見たい

 夏は来ぬ 春は何時去った 森の虫達

2017-05-20 17:56:13 | Weblog

夏はきぬ    画面の赤い三角をクリックして楽しんで

体で感じる季節は、まさに夏です。早春賦を楽しませる間もなく、去って行ったのか。最近では、同じように北海道も夏の気配とか。梅雨はどのように来るのか、夏の猛暑はあるのか順応できない体がやや不安を覚えます。フォレスタの「夏は帰ぬ」を聞きながらです。

探していた、ヤマトシリアゲにも、ゴマダラ蝶にも今日は出会えました。最近は川にも外来種が増えたと感じていましたが、蝶の世界にも鳥の世界にも外来種が増えていると知りました。その内に杜鵑(ホトトギス)にも外来種?異国では、在来種ではなく自国民優遇、自国の利益優先、が声高に叫ばれます。昆虫の世界も国の関係も難しくなりました。

始めにヤマトシリアゲ

この虫は雄が尻尾をサソリの様に巻き上げているのが特徴。秋には体の色が変わるらしい。この目で確かめたい。体長2センチ程度です。

ゴマダラ蝶

アカボシゴマダラは外来種だと知りました。このゴマダラはすぐ近くに飛んでいて地面に止まったところを偶然記録した。アカボシゴマダラの写真は、帰宅後追加で載せます。

アカボシゴマダラ

友人が記録した写真を借りました。確かに後翅に赤い斑点があります。実際に自分の目で見たわけではありません。爾後気をつけて蝶を見ていきます。この部分は帰宅後付記しました。蝶、虫はこれにて終わりにして花を愛でたい

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 禁止 自由 安全と不安 選... | トップ | 言論の自由 深緑 白い踊り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。