芝狩りおじさん

健康管理で医者に歩く事を進められた。長生きをして孫の嫁入りを見たい

祇園精舎 缶酎ハイ この道は? 寒中の寒

2016-11-02 21:27:03 | Weblog

日本では平家物語、他国ではどのような物語があるのだろう。

「驕れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し、猛き人もついには滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ」、有名な平家物語の一節です。勇者が滅びていく様を描いたと理解していました。、祇園精舎の鐘の音はどのような響きかを意外に知りません。祇園精舎とは何処にあるのかさえです。鐘の音を聞いた方は、と、考えさせられる一節です。表通りだけでなく、中に包まれた真髄を学ばなくてはと感じています。隣国での話ですが、まさにこの文言の様に言われています。古典に学べ、正倉院御物展と同じで技を学べと考えさせられています。

人の世は儚い、健康だと、まだ若いと考えていると、思いもかけない出来事に出会う。高齢者でなくとも、出会う恐ろしさに唖然とする。最近体験した事で新たな不安を感じています。

痴呆とは、病であるとの判断は?独り歩きしている現代。恐さは?です。

寒木瓜?

寒い一日でした。心が冷える日でもありました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霜月朔日 自然の錦絵 塩原... | トップ | 豊洲 佃島 勝鬨 大田市場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。