芝狩りおじさん

健康管理で医者に歩く事を進められた。長生きをして孫の嫁入りを見たい

記憶にございません 60年も前の記憶 琵琶湖のボート転覆事故

2017-07-13 20:44:54 | Weblog

記憶では手が震えてサインが出来なかった 一流企業の役員

記憶は不正確だと思いますが、五億円もの献金問題、行ったか否かについてだったと思います。60年以上の前の事です。その当時に記憶にございませんと発言を繰り返した財界のトップ、知らない方々が政治の中枢に。時は移ります。この当時は防衛庁であり、大臣はいないで長官がトップだった。世に言うロッキード事件の際の出来事です。

九州北部の災害、発生から一週間は過ぎた。帰国後、すぐに総理は被災地のお見舞いに、お見舞いの際に被災地に来てこの目で確認し・・・とあった。天秤の重りはどこに置いていたのだろうか?非常時に予定を変更して帰国しても訪問予定国から異論が出るとは思われないが…。自己本位の性格は変えられていない。

九州の水害事故、行方不明の方がまだ数十名おられると聞く。思いだす記憶、琵琶湖の遭難事件(金澤4高のボート部)11名の遭難、全員の遺体を発見するまで二週間はかかったと。この捜索には先輩後輩を問わず協力したとの報道があったと聞かされれていた。琵琶湖周航の歌ならぬ琵琶湖遭難追悼歌があったと思う。

真白き富士の嶺・・・と歌われた歌もある。これもボート転覆事故悼む歌、この事故は更に古い。江ノ島の沖で逗子開成中学ボート部員12名の遭難事件でした。災害は繰り返されるが、その対応については変わってはいけないのでは。

変らないのは自然の花々  牡丹臭木、ヤブカンゾウ、オオイヌタデ

ボタンクサギ

そろそろ盛りを過ぎる時期、臭木の花はとうの昔に咲き終えた。

ヤブカンゾウとノカンゾウの差は一重か八重かの差です。

大犬蓼 オオイヌタデ

多きくなると2メートルの高さにに。

キキョウ 桔梗

この花は秋の七草の一つ桔梗です。秋もつい目の前にです。梅雨が終わり夏を終えれば、当然秋です。今年の梅雨は梅雨らしくなく、空梅雨と言える時期でした。鬼灯の花も記録しましたが、時季が…綺麗に写せなかった。昨夜は一雨あるのかと考えていたが、真夏日が続きました。被災地に寄り添う気持ちを忘れない。東北の大地震での水害で母の実家は跡形もなくでした。時は静かに過ぎていくが記憶は消えません。

言われてするのが・・・、最後までしない方が・・・、すべて打算で行動醜い。国民を甘く見たら大火傷です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言葉の意味 守りたい 現場... | トップ | 秋近し ホトトギス ニイニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。