たのしい万葉集インデックス

たのしい万葉集の更新情報などを中心に、他の万葉集サイトの情報や万葉集に関する話題を掲載します。

たのしい万葉集 太刀の後玉纒田居にいつまでか・・・

2017-06-24 21:04:22 | 総合インデックス
こんにちは。
いつも見てくださって、ありがとうございます。

たのしい万葉集の更新情報です。
・1首追加で、解説付きの歌は1,456首になりました。

(1) 万葉集ミニ辞典田居(たゐ)を追加しました。
田居(たゐ)は、田んぼのことです。

2245: 太刀の後玉纒田居にいつまでか妹を相見ず家恋ひ居らむ
  秋の田の作業で、家を離れている男性が奥様のこと、家のことを想って詠んだ歌です。。


※今週も たのしい万葉集 をよろしくおねがいいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たのしい万葉集 榛(はり)を詠んだ歌を追加しました

2017-06-17 16:21:03 | 総合インデックス
こんにちは。
6月中旬となり、残念ですけどバラもそろそろ終わりです。
ここのところ特に暑くなってきました。クーラーはまだ使っていませんが、掃除を終えているのでいつでも稼働開始できます。

たのしい万葉集の更新情報です。
・1首追加で、解説付きの歌は1,455首になりました。

(1) 万葉集の草花榛(はり)を追加しました。
榛(はり)は、萩(はぎ)だという説もありますが、カバノキ科ハンノキ属の落葉高木の榛の木だという説が有力視されています。


1166: いにしへにありけむ人の求めつつ衣に摺りけむ真野の榛原(はりはら)
  作者は不明ですが、「覊旅(たび)にして作る(歌)」のひとつです。

※今週も たのしい万葉集 をよろしくおねがいいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たのしい万葉集 ひさかたの雨の降る日を・・・

2017-06-09 19:21:03 | 総合インデックス
こんにちは。
とうとう梅雨入りしました。紫陽花も咲き始めて、雨の日も楽しめるようになりました。

たのしい万葉集の更新情報です。
・1首追加で、解説付きの歌は1,454首になりました。

(1) 自然を詠んだ歌雨(あめ)を更新しました。

3125: ひさかたの雨の降る日を我が門に蓑笠着ずて来る人や誰れ
  雨の日に、蓑笠(みのかさ)を着けずに女性の家にやってくるって。。。
  その答えは、
  3126: 巻向の穴師の山に雲居つつ雨は降れども濡れつつぞ来し

※今週も たのしい万葉集 をよろしくおねがいいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たのしい万葉集 時ごとにいやめづらしく・・・

2017-06-03 17:36:03 | 総合インデックス
こんにちは。
6月です。ところで水無月(みなづき)は、「水の月」から来ているとのことです。田んぼに水が満ちているイメージがぴったりですね。
近所の田んぼで田植えが始まりました。


たのしい万葉集の更新情報です。
・1首追加で、解説付きの歌は1,453首になりました。

(1) 歌人たち大伴家持(おおとものやかもち)を更新しました。

4166: 時ごとにいやめづらしく八千種に草木花咲き.......(長歌)
  大伴家持(おおとものやかもち)が詠んだ歌ですが、霍公鳥(ほととぎす)のことが本当に好きだったようですね。


※今週も たのしい万葉集 をよろしくおねがいいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たのしい万葉集 水の上に数書くごとき我が命・・・

2017-05-27 17:47:08 | 総合インデックス
こんにちは。
夏のように暑い日がありますが、まだ梅雨を迎えていないのですね。

たのしい万葉集の更新情報です。
・1首追加で、解説付きの歌は1,452首になりました。
(1) 巻11を更新しました。巻11には柿本人麻呂歌集からの歌が多く載っています。

2433: 水の上に数書くごとき我が命妹に逢はむとうけひつるかも

  「水の上に、数(かず)書くごとき)」で、「この身のはかないこと」を表現しています。
  この歌の表現とよく似た歌が古今歌集にあるのですね。
  (古今和歌集より)ゆく水に かずかくよりもはかなきは おもはぬ人を思ふなりけり

※今週も たのしい万葉集 をよろしくおねがいいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たのしい万葉集 玉葛実ならぬ木にはちはやぶる・・・

2017-05-20 19:00:33 | 総合インデックス
こんにちは。
5月中旬なのに暑いです。こうなると7月の暑さの程度を想像できませんが、「暑い」とも言えなくなるのでは、と不安です。

たのしい万葉集の更新情報です。
・1首追加で、解説付きの歌は1,451首になりました。

(1) 万葉集の草花真葛(さなかづら)を更新しました。

0101: 玉葛実ならぬ木にはちはやぶる神ぞつくといふならぬ木ごとに
  大伴安麻呂(おおとものやすまろ)が巨勢郎女(こせのいらつめ)に言い寄った時に、「そんなにつれない態度をすると、(荒々しい)神がつきますよ。」と詠んだ歌です。

※今週も たのしい万葉集 をよろしくおねがいいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たのしい万葉集 思ほえず来ましし君を佐保川の・・・

2017-05-13 13:55:56 | 総合インデックス
こんにちは。
暑いくらいの日が続いたかと思うと、急に涼しくなったりとして、体の調子を崩してしまいそうです。
バラが咲き始めていますが、長く咲いてくれるかどうかちょっと心配ですね。


たのしい万葉集の更新情報です。
・1首追加で、解説付きの歌は1,450首になりました。

(1) 地図で万葉集(奈良)佐保川(さほがわ)を更新しました。

1004: 思ほえず来ましし君を佐保川のかはづ聞かせず帰しつるかも
  按作村主益人(くらつくりのすぐりますひと)が長官の佐為王(さいのおおきみ)をもてなしたのですが、日が暮れぬうちに帰ってしまわれました。そのときの気持ちを詠んだ歌です。

※今週も たのしい万葉集 をよろしくおねがいいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たのしい万葉集 もののふの八十宇治川の網代木に・・・

2017-05-06 16:51:47 | 総合インデックス
こんにちは。
五月になりました。皐月(さつき)の呼び名は、早苗月(さなえづき)に由来していると読んだことがありますが、他の説もあるようですね。個人的には、風薫る五月、という言葉が好きです。

ちなみに、五月蠅い(うるさい)、という言葉もあるように、もう庭に蠅が飛んでいました。

たのしい万葉集の更新情報です。
・1首追加で、解説付きの歌は1,449首になりました。

(1) 地図で万葉集宇治川(うじがわ)を更新しました。

0264: もののふの八十宇治川の網代木にいさよふ波のゆくへ知らずも
  この歌の題詞には、「柿本朝臣人麻呂(かきのもとのあそんひとまろ)、近江國(おおみのくに)より上り来たる時、宇治河(うぢかは)の邊(へ)に至りて作る歌一首」とあります。

※今週も たのしい万葉集 をよろしくおねがいいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たのしい万葉集 白雲の絶えにし妹を・・・

2017-04-29 20:34:40 | 総合インデックス
こんにちは。
あちらこちらで、鯉のぼりが泳いでいます。
もう五月に入るのですね。暖かくなって、花粉も減って、うれしいです。

たのしい万葉集の更新情報です。
・1首追加で、解説付きの歌は1,448首になりました。

(1) 自然を詠んだ歌雲(くも)を更新しました。

3517: 白雲の絶えにし妹をあぜせろと心に乗りてここば愛しけ
  疎遠になったあの娘さんのことが、心について忘れられないのですね。

※今週も たのしい万葉集 をよろしくおねがいいたします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

たのしい万葉集 海の底奥を深めて我が思へる

2017-04-22 17:31:28 | 総合インデックス
こんにちは。
4月20日に穀雨(こくう)を迎え、季節の早い動きを感じます。
ニュースによると5月の連休は、多くの方々が移動されるようですね。

たのしい万葉集の更新情報です。
・1首追加で、解説付きの歌は1,446首になりました。

(1) 自然を詠んだ歌海(うみ)を更新しました。


0676: 海の底奥を深めて我が思へる君には逢はむ年は経ぬとも
  中臣女郎(なかとみのいらつめ)が大伴宿祢家持(おおとものすくねやかもち)に贈った歌のひとつです。

※今週も たのしい万葉集 をよろしくおねがいいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加