NBA INS 'N' OUTS

かんたん解説 NBAなんでもとーく

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フレンチ・コネクション

2007年08月15日 | ドラフト・新人

今年一番の注目新人(と勝手に認定。次はルイス・スコーラ)である我らがノア兄さんのニュースを一つ。
このほどノア兄さんは正式にフランス国籍を取得し、晴れてフランス代表入りへの道が開けたそうです。
と言っても、ノアを知らない人には、なんでフランス代表?っていう話ですよね。
順を追って説明します。

まず、ノアのおじいさんはカメルーンのサッカー選手で、フランスのプロリーグでプレイしていたそうです。
ノアのお父さんであるヤニック・ノアは、その後フランスで有名なテニスプレイヤーになりました。
そしてノアのお母さんは、元ミス・スウェーデンだそうです。
ゴージャスな家族ですねえ~

肝心のノア本人はと言うと、ニューヨーク生まれのアメリカ育ち。
つまり、何が言いたいかというと、ノアは4つの国籍を持ち、4つの代表チームのどれかを選択することができるそうです。
アメリカ、フランス、スウェーデン、カメルーンの4つです。
ワーオ、国際派ですねえ~

代表チームというのは、複数を掛け持ちすることはできず、一度その国の代表で国際試合に出てしまえば、後から別の国の代表に変更はできないそうです。
ティム・ダンカンはアメリカ代表メンバーになりましたが、参加当時は母国のバージン諸島に代表チームがありませんでした。
しかし、その後代表チームが結成され、ダンカンは念願だった母国の代表になれなかったばかりか、アテネオリンピックの予選で母国チームと戦わなくてはならなくなってしまいました。
やる方ないダンカンは、対バージン諸島戦への出場を拒否。
ダンカンの気持ちを察したアメリカ代表の首脳陣は、この特別扱いを認め、ダンカンを欠場させました。
(ちなみにバージン諸島の代表チームにはラジャ・ベルが入っています)

ま、そんなこともあって、代表チーム選びは慎重に行う必要があるわけですが、ノアの希望はフランス代表入りに傾いているそうです。
おぉ~、これはおもしろい。
フランス代表といえば、近年NBA選手がドンドン増え、実力急上昇中のチームです。
現在でもこれだけのNBA選手がいます。

●トニー・パーカー(スパーズ)
●ボリス・ディオウ(サンズ)
●ミカエル・ピエトルス(ウォリアーズ)
●ミカエル・ジェラバル(ソニックス)
●ヨハン・ペトロ(ソニックス)
●ロニー・トゥリアフ(レイカーズ)
●ヤクバ・ディアワラ(ナゲッツ)

さらに、ピエトルス兄弟の兄フローラン・ピエトルスや、ニックスが1巡目15位で指名した218cmのフレデリック・ワイス(カーターの人間超えダンクの被害者として有名。ビデオ)、来年のドラフトでTOP5指名も噂されている18才の新星ニコラス・バタムなどもいます。
ここにノアが加わるとなれば、戦力的にもプラスですが、個性的なメンバーにさらに強烈なキャラクターが追加されることになり、とっても楽しいチームになりそうです。
ちなみに、ノアは流暢なフランス語が話せるそうですよ。



「ほえ~、おフランふ~、メルひぃ~」



「これ以上強くなったらダメだって!」


ついでに、友人に教えてもらったノアのおもしろビデオもリンク貼っときます。(ビデオ


★デンはイギリス代表入り



こちらノアのチームメイトとなるデンは、イギリス代表入りを決めました。
北京の次に開催される2012年のロンドンオリンピックに向け、強いとは言えないイギリス代表チームのために人肌脱ごうと決心したためです。
デンを知らない方のために、彼の生い立ちを簡単に説明しましょう。

アフリカのスーダンに生まれたデンは、まだ幼い頃に母国の内戦に巻き込まれ、命の危険にさらされました。
映画で有名になったルワンダ同様、スーダンも政情不安で無政府状態に陥り、これは現在でもダルフール紛争として世界中の関心を集めています。
デンは命を守るために隣国エジプトへと逃げ、それからイギリスへと亡命、高校生の時アメリカに渡りました。

名門デューク大をわずか1年でアーリーエントリーし、ドラフト1巡目9位で指名されるほどバスケの実力は頭抜けていましたが、デンはアメリカよりも、自分を救ってくれたイギリスに恩義を感じているようです。
彼ほどの実力と若さがあれば、将来的にアメリカ代表になることも十分可能だったでしょう。
でもデンは、その可能性をあっさり捨て、ヨーロッパの中でも弱い方に位置するイギリス代表に入ることを選びました。

もちろん、オリンピックが開催されるからというモチベーションもあったでしょう。
でも、このビデオにもあるように、命からがら逃げてきた彼に安全な環境をもたらしただけでなく、そこで出会ったバスケットによって、人種差別からも解放され、友達を作れるようになったそうです。
なのでデンは、現在の彼を築き上げてくれたイギリスに恩返しをしたいと思っているんでしょうね。
たぶんチームが弱くても、彼はイギリスのためにプレイできる歓びでいっぱいなんだと思います。

そしてデンは、祖国スーダンのことも決して忘れていません。
様々な福祉活動を行う中で、広く社会に貢献しようとしています。
アフリカでマラリア治療を行うプログラムを実施したり、子どもたちに食料を届けるため大金を寄付したりといった活動を続けています。
アメリカでも、ホームレスのために感謝祭のディナーを振舞ったり、虐待された子どもたちのためにクリスマスパーティーを開いたりしています。
こうした様々な社会奉仕活動が評価され、NBAが福祉活動に優れた選手に贈るJ・ウォルター・ケネディ・シチズンシップ賞候補にノミネートされました。

また、人格の面でも絶賛されています。
コート上での態度やフェアプレイに優れた選手に贈られるNBAスポーツマンシップ賞を、昨季受賞しました。
これは実際に対戦する選手たちの投票によって選ばれるため、ものすごく説得力があります。

やはり辛い経験をくぐりぬけてきた人というのは、人に優しくできるのかもしれません。
僕の好きなコルネイユという歌手も、やはりルワンダの虐殺をくぐり抜けた経験から、心に響く優しいメロディを奏でてくれます。
興味を持たれた方は是非聴いてみて下さい。



福祉活動に熱心なデン



サッカーもイケる?



「サッカーでも代表入りしちゃおっかなあ~」


★Rookie Photoshoot

毎年恒例のルーキー写真会があるんですが、気になった写真だけご紹介。


ホークスのエイシー・ロウのユニフォーム。
4世を意味する「Ⅳ」がしっかりプリントされてます。
「LAW Ⅳ」
なんかシブイなぁ~。



そのロウの左腕のタトゥー。
なんか『パイレーツ・オブ・カリビアン』に出てきそうな感じ。


ちなみにおもしろいタトゥーを紹介すると・・・・


スーパーマリオ。
これはボブキャッツのジャマリオ・デビッドソン。
あ、ジャマリオだからマリオなのか。。



反対の腕もなんだか芸術的。



スパーズのマーカス・ウィリアムズ。
AND1風の顔のないボーラーがマイクを持ち、「Any questions?(他に質問は?)」と聞いている様子。
記者に囲まれたら、この左腕を見せるんでしょうかね?



知性派オーデン?



カメラマン「ハイ、かっこいいポーズきめて」
デクアン・クック「よっしゃ、これでどうだ!」
カメラマン「・・・・・・。ガニ股は止めない?」



「おりゃあぁ~」



「とぉ~うっ」



「キメッ!」



カメラマン「ハイ、終わりね」
ノア「えぇ~、もっと撮ってよぉ~」
カメラマン「もうさんざん撮ったでしょうが」
ノア「キミは俺だけを見つめてくれればいいんだ。な?」
カメラマン「勘弁してくれ。逃げろっ!」



「あ、ママ? 今日も一番目立ったよ、俺」
ジャンル:
バスケットボール
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NBAの夏休み | トップ | プエルトリコのスーパーマン »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
デンデン (apple)
2007-08-16 01:13:35
うちのブログではデンデンでお馴染みの彼ですが、
サッカーはアーセナルの大ファンだそうです。
http://www.arsenal.com/article.asp?thisNav=&article=411448

デンデンのジャージ欲しい。
J's PAPA☆ (rinn)
2007-08-16 14:35:04
ノアはプレイも好きですがキョーレツキャラが大好きです。笑
すごく楽しい♪
いろんなことで魅せて(笑わせて)くれてPROだな~と思いますww

バスケと関係ないのですが他のサイトで見つけたので
http://www.youtube.com/watch?v=x-R0qR_Q6Aw&mode=related&search=

ヤニックPAPAは国際テニス殿堂入りでは・・笑
ジョアキムのキャラはやっぱ遺伝??
顔もそっくり・・・☆
appleさんへ (manu)
2007-08-16 18:56:05
へぇ~、デンデンはアーセナルのファンなんですか。
公式HPに載ってるぐらいですから、ガチのファンなんですねえ。

アーセナルといえば、アンリをバルセロナに取られちゃいましたね。
ロシツキーとかファンペルシーがチームに顔になるんでしょうか?
それとも、新星ウォルコットをチームの目玉にするからアンリは要らなくなったんですかね?

それにしても、デンデンのアーセナルジャージーは僕も欲しいです。
rinnさんへ (manu)
2007-08-16 19:03:01
こりゃ完全に遺伝ですねぇ~
このパパにして、この子アリですな。
プロテニスコメディアンのパパと、ミススウェーデンのママから、ああいうプロバスケコメディアンが生まれるんですねえ~

僕はジョアキムのことを知るまで、パパノアのことは全く知りませんでした。
なので、結構有名なテニスプレイヤーだったと知って、へぇ~と思ってましたよ。
新人で楽しみな選手 (bbb)
2007-08-16 21:29:02
マイク・コンリーがグリーズリーズを
変えてくれるでしょう。(多分)
マーク・アイアバロニにも期待しています。

あとこの方はいつ来るのでしょうか?
2、3年後かな~。

http://www.youtube.com/watch?v=NWyRr_fNJps
CD (メロブロン)
2007-08-16 23:48:18
コルネイユ!良いですよね♪



彼の人生を思うと、なおさら心に響くんですよねぇ。

ヘビーローテーションで聴いてます。
bbbさんへ (manu)
2007-08-17 00:07:57
そういえば、この人もフランス代表に入れとかないといけませんねえ~
マイーミは今年もチラっと来る来ないの話がありましたんで、来年か最低でも再来年には来るんじゃないでしょうかね?
メロブロンさんへ (manu)
2007-08-17 00:09:09
ご賛同ありがとうございます!
どうも経歴がデンに重なったんで、ちょっと畑違いですが紹介させてもらいました。
みなさん、是非聴いてみて下さい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む