高天原への扉

水瓶座の時代を生きるヒント

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不信スパイラルからの脱却

2013-03-07 23:40:32 | 水瓶座の時代を生きるヒント

今、デフレスパイラルから脱却すべく、アベノミックスを掲げインフレ政策が行われています。

世界はデフレスパイラル以上に危険な状況にあります。それは、不信スパイラルです。その不信スパイラルをとめる政策はどこからも提示されていないのが現状なのです。アベノミックスの成功の鍵を握っているのも不信スパイラルから抜け出せるかどうかに掛かっているといってもよいでしょう。

世界は、今、一つの宗教、一つの信仰に覆われています。それは、キリスト教でも、イスラム教でも、仏教でもありません。それは、人を信じないという宗教です。人を信じないという信仰です。皆、不信という偶像の神を崇拝しているのです。

その信仰に基づいて、心にも枠組みを造り他人との溝を更に深く深くしています。その信仰に基づいて、他人から自分たちを守るために次々と新しい決め事を作っているのです。そして、その決め事は、更に人との触れ合いを困難なものにして行き、自らの首をも絞めているのではないでしょうか。

中には、家庭というとても小さいな単位においてさえ、義理の父・母を疑い、夫を疑い、妻を疑い、子を疑いと不信という信仰がはびこり出しているのではないでしょうか。

それが今の地上世界ではないのでしょうか。何か変だとは思いませんか。地上は地獄の天辺であるという意味に気づいて頂けましたか。

皆、本当は心の底で、人とのふれあいを願っているのです。そんな人を信じれない世の中には生きていたくないのではないでしょうか。「人が私を信じさせてくれないから」と言っている人ばかりの世界でどうやって皆が信頼しあえる世界をつくっていくことができるというのでしょうか。

アセンション、次元上昇といわれている世界は、少なくとも人と人が信じあう世界です。その世界の住人となるためには、人を信じることができるという資格が必要であるのです。その資格もなく、アセンションを叫ぶ人のなんと多いことでしょうか。

人は神の子であるのです。その本質に良きものがあるということなのです。あなたを害することに生きがいを感じるような、そんな本質はないのです。私たちは、不信スパイラルという渦から抜け出さねばなりません。人の中に神の子という素晴らしさを発見していくことによって、人を信じることができるのです。

少なくとも、ご家庭内、職場内といった身の周りから始めてください。父・母の中に神の子という素晴らしさを見出してください。義理の父・母の中に神の子という素晴らしさを見出して下さい。夫の中に神の子という素晴らしさを見出してください。妻の中に神の子という素晴らしさを見出してください。子供の中に神の子という素晴らしさを見出してください。職場の人たちの中に神の子という素晴らしさを見出してください。友の中に神の子という素晴らしさを見出してください。

皆、人の中に眠る素晴らしさというものに目を向けていないのです。それは、自分のことにしか関心がなく、自分以外の人に対して関心を持っていないからなのです。それで人を信じれなくなっているのです。他人に対する無関心な心、それが不信を生んでいるのではないのでしょうか。

振り返って見て下さい。自分を傷つけた言葉を発した人に対して、あなたはどれだけ神の子の性質を見出していたでしょうか。どれだけ、その人の素晴らしさを知っていたでしょうか。最初から不信の目で相手を見ていたのではないでしょうか。

本人は何気ない一言を口にしただけで悪意などないのに、言われた方は、「あれは、私の悪口を言っているんだ。」と思って傷ついたと言っている方は多いのです。皆、最初から相手を不信の目で見ていたので、どのような言葉を聞いても自分をけなそうとしていると思っていることが多いのです。それを被害妄想と呼ぶのではないのでしょうか。

現在、不信という色眼鏡(いろめがね)をかけて他の人を見ている人が圧倒的に多いのです。自分はそんなことはないと思っていても、必ずといってよいほど皆、かけています。

まず、その不信という色眼鏡を外して下さる方が一人でも多く出てくる必要があるのです。

あなたは神の子です。神の子であるとは、神として生きる使命があります。神の神たるゆえんは、光を照らすということでありましょう。あなたは周囲の人々に光を照らす使命があるのです。義務があるのです。

周囲の人々に光を照らすとは、人の中に素晴らしさを発見していくということです。自分以外の人の良きところを発見し、光を照らして下さい。それが褒めることであり、愛でることであり、祝福するということではないでしょうか。

不信スパイラルからの脱却は、まず、他の人へ関心を持つことから始まります。他の人に関心を持って、その人の中に素晴らしさを発見していくことが出発点であるのです。人の中に素晴らしさを発見していくことが、不信という色眼鏡を外していくこととなるのです。

もし、既にあなたが他人に関心を持ち、人を信じておられるなら、あなたはもう立派な光の使者として仕事をはじめられているということなのです。どのような宗派に属していようとも、どのような神を信じていようとも、それは関係ありません。人の素晴らしさを発見し、人を信じることのできる人は、もう立派な光の使者なのです。一人でも多くの方が不信という色眼鏡を外され光の使者となられることをお祈りしております。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御霊の開放とは何か | トップ | 成功者の秘訣 ~人の成功を妬... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。