高天原への扉

水瓶座の時代を生きるヒント

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天上界と通じる精神統一

2013-05-28 12:27:46 | 水瓶座の時代を生きるヒント

本日は、天上界と通じるための精神統一の方法をご紹介致します。精神統一という方法は、今まで色々と説かれて参りました。高橋信次師による反省法、そして、谷口雅春師による神想観、他には禅定ですとか、ヨガや気功などの呼吸法なども含まれて参りましょう。

どの精神統一が一番優れているのかと思われる方が居られますが、どれが一番というように考えるのではなく、自分にとってやり易いものをされるのがまずは宜しいかと思います。

反省や禅の瞑想などは、心というものを中心に見て参ります。美しい心というものを目指して、己の心というものを中心に見て参ります。日々生活する中で、起きてくる自分の感情、思いというものを静かに見つめ、己の心の波長を知ることからはじめ、更に美しい心の波長を目指すというものです。詳しくは、高橋信次師の御著書を参考にされると良いかと思います。

神想観は、谷口雅春師が説かれたものですが、この観法は、天照大神を中心とした神道系の神々から降ろされたものであります。師の説かれた通りの作法でなくてはならないということはなく、自も他もなくすべてが繋がっている神の命であるということを実感していくことが肝要であります。究極は、神と一体となる感覚を持って生きれるようになるというのがポイントであります。神道の瞑想方法というよりも、オリオンの瞑想法とも呼べるものであります。基本的な神想観の方法については、『生命の実相 第8巻』などをご覧下さい。

ヨガ、気功という呼吸法ですが、これは肉体面、霊的な面というよりもより三次元に近いエネルギー、生命エネルギーを整えるものとしての効果が御座います。特にヨガの基本的な瞑想方法、変わったポーズが目に付きますがそれらを廃した中に流れる瞑想方法、大地からのエネルギーを得て7つのチャクラの回転を整えて、そしてまた大地に返していくという方法はアトランティス文明より変わらず今文明にまで流れ続けているものであります。また、気功は、老子様を起源とした方法で、これもまたエネルギーの循環に要点があります。どちらも鍵は、循環という点にあります。皆、エネルギーを取り込むことに集中されるのですが、エネルギーというのは取り込むものではなく循環させるという点に大宇宙の法則が隠れているからなのです。エネルギーは循環させると増幅するという法則があるのです。これを愛の法則ですとか、無限供給の法則と呼ばれることが御座いますが、これはエネルギーというものは自分の所に取り込んでとって置こうとすればするほど目減りし、流して循環させればさせるほど増えて行くという法則の現われを捉えたものであるのです。つまり、愛の法則、無限供給の法則というものは、神のエネルギー循環の法則の一面を説明したものであると言えるのです。ヨガ、気功といった方法を進めて参りますと、大宇宙の根源よりエネルギーを引いて来れるようになって参ります。

様々な精神統一法を簡単にご紹介致しましたが、天上界と通じるためには「真剣さ」というものが鍵を握っています。如何に真剣に取り組むかという点ですね。それから「力みをなくす」ということが大切です。体の力みをなくすことは、皆説かれるのですが、それ以上に大切なことが心の力みをなくして取り組むことであります。心の力みとは、自分を着飾る心を捨てることであります。「こうでなくては神から光を受けることはできない」ですとか、「今の自分の心境では神と通じることはできない」ですとか、そういった心が力んだ状態ですと中々、天上界と通じることは出来ません。反省をして落ち込まれる方が多いのですが、それは自分を着飾る心という心の力みがあるためであるのです。力みのない心、それを受身の心と言われる方も居られます。以前「御霊の開放 ~神に対する偏見を捨てよ~」ということでお話したのは、この心の力みを捨てるということを意味しております。

精神統一の要点は、神の命としての自分を自覚し生きるという点にあります。仏教を学ばれた方などは、宇宙即我という瞑想が出来れば悟ったのだと思われる方も居られますが、すべての精神統一の目標は、大宇宙に流れる生命と我というものが一つなのであるという自覚、すべての森羅万象、万象万物と自分というものは繋がっているのだという自覚を得て、その上で力強く自らの人生を生きていくことにあります。自覚を得て終わりではないのです。自覚を持って生きるという点が大切な点であるのです。また、その一体感を持って生きる生き方こそが、本来のアニミズムであったのです。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 産土神と神社 | トップ | 地球に生きる神の生命 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます。 (由佳)
2013-06-28 06:51:18
聖矢さん
いつもありがとうございます。たくさんのメッセージをゆっくり拝読させていただきます。いつも言葉をいただきたいときに…欲しい時に…言葉がFacebookで届きます。ありがたいです。
Unknown (マヌ系市民)
2013-06-28 11:39:07
ようこそ、いらっしゃいました。

先日、話を聞いてみたいとのことで聖矢さんとお会いしました。どうもFacebookでこのブログの記事を御紹介して下さっているようですね。有り難いことです。

もし、何かご質問などがあれば、右上の「メッセージを送る」からメール頂いても結構ですよ。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。