高天原への扉

水瓶座の時代を生きるヒント

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

愛のヒント

2013-02-23 01:05:21 | 水瓶座の時代を生きるヒント

愛が大切だと言う人、愛を与えることが大切だと言う人は多いものです。しかし、愛とは具体的にどのような思いと行いであるのかを考えている人は少ないものです。自分のどのような行為が愛であるのかに気づく人もまた少ないものです。そして、自分がどれ程愛されているかということに気づく人もまた少ないものです。

ここに一つのヒントがあります。

「相手の言葉に耳を傾けることは、愛情を示す行為だ」
「何年もたつうちに、私たちはだんだん相手に注意を払わなくなる。他に気をとられることがふえ、相手の声がだんだん耳に入らなくなるのだ。そのために、いちばん話を聞く必要のある人の話をほとんど聞いていない。」
―レオ・バスカリア 「愛するヒント 生きるヒント」

愛の大切さを知る人よ。

あなたは奥さんの話を聞いてあげていますか?「疲れた。寝る」と言って取り合わずいたりしませんか?

あなたは旦那さんの話を聞いてあげていますか?子供たちを巻き込んで家族の中でのけ者にしていませんか?

あなたはお年よりの話に耳を傾けていますか?汚い臭いといって関心すら向けていないということはありませんか?

あなたは子供が学校であったことを話し出したとき耳を傾けていますか?話も聞かずに「宿題は?」と言っていませんか?

「ほんとうに相手の話を聞いているかどうかは、相手が話している間をどう使っているかによってきまる。
あなたは、自分の番がきたら何を話そうかと思いめぐらしているのだろうか。明日の献立を考えているのだろうか。それとも相手の癖や服装、言葉づかいなどを観察しているのだろうか。あとで口論になったとき、私たちははじめて、自分がどれだけのことを聞きもらしたかがわかるのだ。」
―レオ・バスカリア 「愛するということ 愛されるということ」

私たちは、人の話を聞くときでさえ、相手の言わんとしていることを真剣には聞いていないものです。それどころか、相手の言わんとしていることを勝手に解釈し、時には嫌味を言っていると被害妄想にすらなる人もいらっしゃいます。たった一度、「あなたの言っていることは、こうこうこういうことですか?」と確認すれば、相手の言いたいことを正確に聞くことができるものです。違えば「違う」と言ってくれるでしょう。そして、自分の理解と一致したとき、相手にもちゃんと聞いてくれていると喜びを与えることができるのです。もし、そんなこと聞けない、と思われるときは、「その言葉を聞いて、私は辛く感じてしまいます。」と自分がどう感じているかをそっと伝えて見ましょう。あなたの誤解であることが分かるかも知れません。

振り返って見てください。どれだけの人があなたの言葉に耳を傾けてうなずいてくれていたかを。そのとき、あなたは愛されていたのです。愛をもらっていたのです。もし、誰も話を聞いてくれなかったと思うならば、それはあなたが人の話に耳を傾けてこなかったからなのかも知れません。

人間関係は、相手の話を聞くことから始まります。人間関係を調和したいと望むならば、まず、相手の話をよく聞くことからはじめてみませんか。相手があなたに伝えんとしていることに耳を傾けるのです。話を聞く、たったそれだけで人間関係が調和していくのを実感される方もいらっしゃることでしょう。なぜなら、相手の話に耳を傾けるということは、愛を与えることであるからです。聖書にもありますね。「与えよ。さらば与えられん。」の法則であります。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 汝の隣人を愛せよ | トップ | 心の法則とは何か »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。