高天原への扉

水瓶座の時代を生きるヒント

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神様は線を引いてなんかいない

2013-04-02 01:25:49 | うた

どうして人間は、線を引きたがるのだろう?
線を引いて、枠を作って、その向こうには敵がいるとどうして思うのだろう。
神様は線を引いてはいないのにね。

どうして人間は、自分の理解できないものを間違っていると思うのだろう?
みんな、自分が理解できないものが怖いんだ。
そんなに怖がらなくてもいいのにね。
理解できれば、また仲良くできる人が増えるのにね。
世界が広がるのにね。

敵なんていないんだよ。
どこにも敵なんていないんだよ。
みんな怖がっているだけなんだ。
暗がりの世界で、みんな怖がっているだけなんだ。
みんな怖くて自分を守っているだけなんだ。

さぁ、明りをつけてよく見て、みんな怖がっているよ。
みんな、自分と同じだということが見えていないだけなんだ。
さぁ、明りをつけてよく見て、みんな寂しそうな目をしているよ。
みんな、本当は仲間を探しているんだ。

神様は線を引いてなんかいないよ。
自分で線を引いて、枠を作って、その向こうには敵がいると思っているだけなんだよ。
その線の向こうにも、自分の仲間がいるんだよ。

さぁ、線を消して歩こう。
さぁ、枠を壊して歩こう。
さぁ、手を繋いで歩こう。
さぁ、いっしょに歩こう。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸せの青い鳥 | トップ | 天上界から見た宗教の姿 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。