高天原への扉

水瓶座の時代を生きるヒント

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神の子の心行

2013-03-11 00:56:20 | 水瓶座の時代を生きるヒント

「心行(しんぎょう)」の「心」とは、日々、美しき心を求めることです。自らの心を正して行くことです。そのために、反省ということが必要なのです。反省の一方法として八正道というものがあるのです。反省は反省の為の反省であってはなりません。反省は自らの心を更に美しくしていくために行うものであるからです。神の子として美しい心で生きるために行うもの、それが反省です。

「心行」の「行」とは、美しい心にて地上ユートピア化を進めていくことです。地上ユートピア化といっても、大それたことをせよということではありません。大それた理想は、本筋から大きく反(そ)れているということを示しております。大それた理想は、大きな手柄を得たいという自己保身の賜物(たまもの)であることを知り、陰徳(いんとく)を積んで参りましょう。

地上ユートピア化は自分の出来る範囲から行っていくことが大切であるのです。まずは、家庭、職場における人間関係を調和し、そこに生きる人々をあなたの光で照らして差し上げて下さい。あなたが自分の身の回りに光を発すれば、その光は伝播して行きやがては広く大きな力となりましょう。

家庭に満ちた光は、家庭内一人一人の人間関係に光をさして参ります。職場に満ちた光は、職場の方々の家庭を光で満たして行く事でしょう。

かくして、あなたが神の子として発した光は世界を駆け巡って行くのです。光は光の仕事をすることでしょう。あなたが発した光にて世界が照らされたとて、あなたは世界から賞賛さることはないかもしれない。しかし、それでもよいではありませんか。神の子であるとは、そういうことなのですから。地上をユートピアへと近づけていくことが私たちの仕事なのですから。世を光で照らすものを天の使いということを忘れないで下さい。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光明思想の真髄 ~人生を前進... | トップ | 勝ち組、負け組みに対する天... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。