高天原への扉

水瓶座の時代を生きるヒント

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真の知者への道

2013-03-22 01:15:39 | うた

汝、真の知者となれ。
真の知者は、知識を必要とはしない。
真の知者は、知識を得ても喜ばない。
真の知者は、内なる智慧を蓄えることに専心している。
知識は知識であって、記憶と供に消えて行くのだ。
それは、まさに砂浜の城のようなのだ。
時の波に洗われ、いつかその形が消え行くようなものであるのだ。
知識を得て、己を覚者だと誤解してはならない。

本当の智慧は、内に芽生えるものであり、内より出(いずる)ものである。
ある者はそれを神智と呼び、また、ある者はそれを般若波羅蜜多と呼ぶ。
内なる智慧は、心清らかな者のみに許された特権であるとも言えよう。
この世の特権を求めてはならない。
この世の特権など、たとえ得たとてたかが数十年のものである。
しからば、永遠の特権を求めよ。
心の清らかさを求め、汝の内に、神の国と神の義を求めよ。
それが真の知者への道である。



『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「本来、病なし」を生きる | トップ | 苦しみ悲しみと魂の器 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。