高天原への扉

水瓶座の時代を生きるヒント

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真理の道~基本的順路~

2013-04-07 00:24:15 | 水瓶座の時代を生きるヒント

今も昔も、惟神(かんながら)の道、真理の道は変わりません。自己を治め、そして奉仕へという流れは変わらないのです。内から外へという道筋は変わることはないのです。

己の心と対峙し、己の欲というものと対峙し、己の欲を捨て、己の人生を抱きしめてこそ、自己を治めたと言えるのです。そしてはじめて、周囲への奉仕という流れが始まるのです。

それは、内なる泉を掘り当てること、内なる泉より湧き出した水が、周囲を潤して行く事となるのです。その流れを無視してはなりません。それは今も昔も変わらないことであるのです。

信仰と呼ばれるものを持っている方々の中には、神に認められる為に生きようとされる方が大変多いのです。神に認められたくて、様々な活動をしておられる方々が大変多いのです。何ゆえ、神に認められたいと思うのか。それは、己の人生というものを抱きしめておられないからなのです。

神に対する偏見を捨てねばなりません。神はすでにあなたの人生を認めておられるのです。あなたの歩んでこられた人生を愛されているのです。別に何かをなさねば愛されないということはないのです。極端に言えば、何もなさずとも愛され受け入れられているのです。それでもあなたは自分の人生を愛せないのですか?と言われ続けています。

自らの人生を愛するということは、あなたの人生を歩んでいく出発点です。それがあなたの人生を生きるために、一番最初になすべきことでありましょう。それが幸せへの切符であると言えましょう。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未来への扉を開ける方法 | トップ | 天上界の望む人間関係 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。