高天原への扉

水瓶座の時代を生きるヒント

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

御霊の開放とは何か

2013-03-06 10:56:19 | 水瓶座の時代を生きるヒント

地上には、天使と悪魔という世界観、正義の味方と悪の手先という善悪の対立という世界観をお持ちの方が大変多いかと思います。子供たちは、ヒーロー者の特撮に熱狂し、大人たちもSFの世界で、地球に攻めてくるエイリアンから地球を救うというストーリーにドキドキしたりしておられます。

人というのは勝手なもので、無前提に自分を正義の味方か何かだと思っているのです。そして、悪をくじく事が正義だと思っているのです。

その延長として、野球やサッカーなどのスポーツでは、敵味方に別れてファンなども熱狂しておられますね。そのときの感覚というものを思い出して見てください。その感覚は、子供たちが正義の味方を応援する姿と同じであることにお気づきにならないでしょうか。自分の属する方を正義の味方として、対戦相手を悪の手先のように感じてはいないでしょうか。

もし、その感覚は地獄の世界の価値観であると申し上げたら、皆さまはどう思われるでしょうか。納得されるでしょうか。

はっきり申し上げて、地上の皆さまのその善悪の感覚というものは、地獄世界の価値観で生きておられるのです。地上には正義を振り回す方がおられます。その殆(ほとん)どが地獄の価値観に基づいているとは気づかずにおられるのです。まずそれに気づき、その価値観を捨て去って仕舞わねばなりません。

何か特別な修行して学びを積み重ねて行かねば魂が輝かないということではないのです。その地獄的価値観というものに気づき、捨て去れば違う世界が見えてくるのです。御霊の開放とは、この世的な価値観を捨て去ることにあるからです。

自分は光の天使であるから、悪をくじくのだというような感覚は、地獄世界の中の感覚であるのです。天上界の諸霊には、そのような感覚はないのです。

あの世で天使が人々を諭すために地獄に赴(おもむ)くことがあります。その時、地獄に住まう方々は天使を指差し「あれは悪魔だ。自分達こそ正義なのだ。自分達こそ正義の使者なのだ。」と言って話を聞こうともせずに、破壊の念を放ってくるのです。

それを哀れであると思われますか。それを愚かであると思われますか。それを他人ごとだと思われますか。しかし、その世界観とまさしく全く同じ価値観でもって、日々、スポーツを観戦したり、アニメを見たり、SF映画を見たり、政治を見たりしているのです。「人間は神の子である」と知識としては知っている方でも、そのような価値観をもって生きている人があまりにも多いのです。

地上世界は、地獄の天辺(てっぺん)であると言われています。この世は、地獄界の価値観が正義という仮面を被(かぶ)ってまかり通っている世界であるのです。ですから、一人でも多くの方に気づいて頂きたいのです。今、自分が当たり前であると思っている感覚、価値観、それが本当に天上界の価値観であるのかどうか、それをご自分の中で検証して頂きたいのです。そして、その地獄の価値観を捨てて頂きたいのです。そして、天上界の価値観、感覚はどのような感覚であって、今の自分の価値観、感覚というものを天上界諸霊の感覚にあわせていく、天上界の価値観、感覚に入れ替えて仕舞うということが大切なのです。

それをどうやって、地上の人に気づいてもらうか、一人一人に目を覚ましてもらうか、それが天上界での課題となっているのです。

現代社会のありようを見て、何か変だとはお感じになりませんか?もし、何か変だとお感じであればそれは正常な感覚なのです。その変だと思う疑問に目を向けて頂きたいのです。そして、それをご自分の中で検証して頂きたいのです。そして、目を覚まして頂きたいのです。目を覚ますとは、この世的な価値観によって振り回されている自分に気づくということです。そして、その価値観を捨てるということです。この世的な価値観を脱ぎ捨てること、それが御霊の開放であるのです。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝福のうた | トップ | 不信スパイラルからの脱却 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。