マンション管理と大規模修繕のポイント

一級建築士・マンション管理コンサルタントが書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新任の管理組合役員の方へ

2017年04月05日 | 理事会
新年度になり新しく管理組合の役員になられた方も多いのではないでしょうか。
前任者から引き継いだわけですが(半数改選という方法が一般的と思いますが)
決算報告、現行の管理会社のことや滞納問題、修繕計画などの対応が必要になってきます。
事務的に理事会を運営していけば労力は少ないのでしょうが、
継続しての諸問題がある場合は、少しでも解決へ近づける責任がありますし
改善が必要な事項については、時間と労力を費やすことになります。
コンサルタント(マンション管理士など)に依頼する場合は初回相談無料としても
結局は費用がかかりますので、規約にもよりますが管理組合の同意が必要になり
結局は時間と労力が必要になります。
諸問題や困りごと、疑問などについて電話やメールなどで相談できる専門家がいれば
非常に心強いのではないでしょうか。
頼まれるほうは永久に無料というわけにはいかないでしょうが
うまくお願いしてみてはいかがでしょうか。
ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンションの防災 | トップ | 無料出張セミナー開催しています »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL