マンション管理と大規模修繕のポイント

一級建築士・マンション管理コンサルタントが書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マンションの防災

2017年04月04日 | 災害の対策
マンションは戸建より災害に対して比較的安全であるといえます。
新耐震基準をクリアしている建物の場合、震度6程度では
倒壊の可能性は低く設計されていますし、火災の可能性も低いです。
このため地震が発生した場合、建物の中で落着くのを待つことで
2次被害を防ぐことができると思います。

で、ここからが重要です。
まず、建物のダメージを点検する必要がありますが
こういう非常時には管理会社は頼りになりません。
多数の物件を管理していますのでフロントマンの巡回点検は難しいでしょうし、
常駐管理員に求めるのも無理があります。

気軽に相談できる建築設計事務所があれば心強いと思います。
とりあえず、自己推薦でした。
ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンションとインスペクショ... | トップ | 新任の管理組合役員の方へ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL