萬星堂

Blog

本日をもちまして

2009-08-19 21:20:29 | 新作
 本日をもちまして、萬星堂は約8年の幕を下ろすことになりました。
 
 とはいいましたが、実のところ姉妹店であるGLASS FIXと統合することになり"移転”といいうかたちで、皆様にはお伝えしようと思います。

 今まで、当店をご利用頂いた方々には、"感謝"という二文字しか思い浮かびません。すべてが上手くいったかといったら、中にはコミュニケーション不足で双方ともの捉えかたが違ったりしてご迷惑もおかけしたこともありました。
 そういう厳しいご意見も含めても、"感謝"の二文字です。
 移転前にお会いできた方、お会いできなかった方とたくさんいらっしゃいますが、移転のお葉書が届いたからと、顔を出しに来て頂いた方々もおり貴重な時間を咲いて頂いた方々もいらっしゃいました。
 
 お客様はもちろんですが、本当にいろいろな方々にも、バックで支えられてもきました。オープン時からはかなり問い扱える商品も増えました。
 中には、かなりビジネスという垣根を取り払った方々もいらっしゃいます。(いろいろありがとうございます&これからもよろしくお願いします。)

 最後になりますが、これからはGLASS FIXとしてスタッフ共々頑張って参りますので、よろしくお願いいたします。


   
萬星堂 スタッフ一同 
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

サックス編(テナー)

2009-07-23 15:51:54 | 新作
さてさて、期間が大きく開きましたが、次にいきましょう!!

saxophone(tenor) 編

・Sonny Rollins
・Zoot Sims
・John Coltrane
・Stan Getz


あ、4人挙げてしましましたね
テナーの名プレイヤーはかなりいるので、3人に絞るのは難しかったです

・Sonny Rollins→とても渋いです。大人の色気が感じられます。

・Zoot Sims→こちらも渋いです。ロリンズは色気が感じられる音色なんですが、ズートの場合はさらに一回り太い音色で、ダンディと表現するほうがよいかもしれません。デュルクテトムソンのズートシムズ(中々手に入りませんでした)は最近よく店でながしています。

・John Coltrane→言わずと知れた、名プレーヤーです。かなり、硬い音色なんですが、紳士的なイメージです。ただコルトレーンの場合は晩年にいくにつれて、フリージャズの要素が強くなるので、好みが分かれるところです。

・Stan Getz→とても暖かいな音色です。アルト編で紹介しました、Paul Desmondに近いです。波乱万丈な生きざまなど、男臭さを感じさせます。
晩年の遺作になった、『ピープル タイム』を是非聴いてみてください。

コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

フリージャズ

2009-06-29 11:58:31 | 新作
 先日、”題名のない音楽会”に山下洋輔さんが、出演しておりました。

 山下さんの、演奏スタイルはフリージャズになりますが、日本人のアーティストでもフリージャズを演奏する方はいらっしゃったのですね。
 ですが、初心者の自分にとってはフリージャズは敷居が高いです。

 といいながら、オーネットコールマン・エリックドルフィーを一枚ずつ所有していますが^^
 しかし、コルトレーンも、フリージャズの世界に入っていったことを考えると、とても奥が深いのだろうと思います。
 
 いずれは、フリージャズの良さを感じとれれるリスナーになりたいと思う、今日この頃です。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サックス編(アルト)

2009-06-22 13:22:39 | 新作
では、お次は・・・
saxophone(alto)編

・Paul Desmond
・Kenny Garrett
・Cannonball Adderley


主に使用されるjazzの楽器の中では、サックスが一番好きです。

まず、アルトサックス奏者では上記三人(正直、Art PepperやCharlie Parker、Stan Getzも上げたいところですが・・・。)

・Paul Desmond →とてもドライで渋い音色です。何もいうことはありません、最高です。
・Kenny Garrett→サックスが好きになるキッカケを作ってくれたアーティストです。
           マイルスといたころとは、違うアクの強い音色です。
・Cannonball Adderley→ファンキーという表現がとても似合うアーティストです。体が自然と動いてしまうような、明るい音色です。

上記三人は、まったく違うスタイルなのでぜひ聴いてみてください!!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

jazz

2009-06-21 12:30:16 | 新作
このままの勢いでjazz関連でいきます。

さてさて、マイフェイバリットなアーティストをご紹介しようかと思います。

ピアノ編
・Brad Mehldau
・Dave Brubeck
・Keith Jarrett


他にも、たくさんいてますがきりがないので、3人絞りに絞るとしたら上記の3人を上げさせていただきます。

jazz理論など全く知識がないですが、
・Brad Mehldau →哀愁が漂う音色です
・Dave Brubeck →とても上品な音色です
・Keith Jarrett →切なさを感じさせる音色です

一言で言わせていただきました。(たくさんのご意見もあるでしょうが、あくまで初心者の意見なのでご了承ください・・・m--m)




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

jazz関連③

2009-06-14 19:54:22 | 新作
またまた、jazz関連です。

jazzといえば、マイルスデイビスと思い浮かぶ人が多いと思います。

ただ、一発目にマイルスから聴いてしまうと、正直 "jazzって??”ガチャガチャ楽器を鳴らしているだけみたいな感じを抱いてしまうと思います。

自分が感じたのは、マイルスはマイルスというジャンルととらえて聴くべきだと思います。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

jazz life

2009-05-28 17:17:05 | 新作
 最近、店でjazzを流すようになりました。今まで、jazzを避けてきたくらいの人間だったのです。しかし、とあるキッカケで聴くことがあり、そこからいままでの空白を埋めるかのように毎日jazz漬けです。

 特に、John Coltrane ”Ballads ”
     Art Pepper    ”Art Pepper Meets the Rhythm Section ”


の2枚です。


 saxophoneが好きなため、持っているアルバムたちの半分が、サックスプレイヤーのリーダーアルバムです。
 今日みたいな天気が優れない日に、ゆっくりと自宅で聴き入ってほしい2枚です



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粋にスイング!!

2009-05-17 12:03:37 | 新作
 今日は天気は良くないですが、逆にこんなときこそスイング感たっぷりな一枚を聴いてみてはいかかでしょうか?
 
 
BILL EVANS Waltz for Debby


2曲目の、メインタイトルにもなっている、 ”Waltz for Debby”はとても気持ちが弾みますよ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御堂筋フェスタ

2009-05-10 19:04:52 | 新作
今日は、御堂筋フェスタが開催されました。

さすがに、開催中は商店街が静かな感じでした。
自分も、その熱気を感じたかったですが、またの機会ということで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GW最後!!

2009-05-06 12:17:22 | 新作
こよみではGWも今日で最後になりました。
みなさん、GWは満喫できたでしょうか?

当店でも、たくさんの方々にご来店いただきました。かなりレアなサングラスも予約受付中なので、ぜひご来店ください!



※画像のモデルではありません!もっとレアなあれです!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加