☆おひとりさまを楽しく生きる☆

おひとりさまの人生、前向きに明るく「今」を生きようとしています!

戸隠神社と縄文おやき(2017.4.16)

2017-05-04 22:08:18 | 観光(神社仏閣他)
2017.4.16(日)

昨晩は埼玉の大学時代の友達のお見舞いに行き大宮で一泊。

今朝は早朝の新幹線で大宮から長野に向かいました。

長野駅前から戸隠神社にバスで向かう予定でしたが、この日は長野マラソンによる交通規制で、予定していたバスが長野駅前を通らないことがわかり、バスが通っている善光寺前まで行きました。

駅の観光案内所で戸隠神社はかなり雪が残っているので、あまりお勧めできないようなことを言われたのですが、折角のパワースポット。とにかくいってみることにしました。

善光寺前のバス停でバスの待ち時間が40分程度ありました。善光寺参りまでは十分な時間はないなぁ〜と思いながら門前町でお茶でも飲もうかと歩いていました。





縄文おやきの「いろり焼処」というお店を発見!入り口がとても小さいので入るのに少しだけ勇気がいりました。

しかし入って大正解!絶品おやきを食べることができました。



信州西山名物 縄文おやき
中身は卯の花、小豆、高菜とありましたが、今の季節だけ食べれる「卯の花」をいただきました。



↑鉄鍋で表面を焼き、その後



↑このようにじっくり焦げ目をつけていくのです。

囲炉裏の前でハフハフ言いながら、焼きたてのおやきをいただきました!こんな美味しいおやきを食べたのは初めてだと思います。

冷凍の縄文おやきはデパートの信州展などで買ったこともありますし、以前長野の出張で出来立てを食べたこともあります。

でも囲炉裏端で炭火で焼いた出来立てををいただいたのは今回が初めてでした。



あまりにも美味しかったので、戸隠神社に向かう途中にもお昼ご飯がわりにと、卯の花と小豆を一個ずつ買ってしまいました。(笑)

善光寺大門前のバス停からアルピコ交通バスに乗って1時間弱でバス停「戸隠宝光社」で下車しました。

戸隠神社は、奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の五社から成り立っていますが、それぞれが戸隠山の麓に点在しています。五社全部を徒歩で歩くと4時間はかかるそうで、当初はそれを考えていました。しかし今回は残雪が多くそれはできませんでした。

まずは宝光社からお参りしました。




270余段の石段の上に社殿があります。


御祭神は女性と子供の守り神 天表春命(あめのうわはるのみこと)です。


宮彫刻師 北村喜代松による拝殿の彫刻が見事です。







↑残雪の中でも春の芽吹きは確実に進んでいました。



宝光社から神道(かんみち)という山道を歩いて「火之御子社」に行こうとしましたが。。。



途中まで歩いたのですが、雪深く膝まで雪に埋もれてしまう場所も多く、あえなく断念。引き返して車道を歩いて行きました。



徒歩約20分で「火之御子社」到着。







ここもかなりの残雪でした!
こちらは天鈿女命(あめのうずめのみこと)を祀る神社です。天岩戸の前で舞を舞った女神様です。



火之御子神社近くのバス停「戸隠営業所」からバスに乗って「戸隠奥社入口」まで行きました。



バスの車窓からも雪がどんどん深くなって行くのがわかります。

奥社参道のどこまで行けるんだろう。。。と思いながらバスを降りると、結構多くの参拝客が来ていたのでホッと一安心。



そういえば戸隠そばが有名なんだわと思い出し、まずは「奥社の茶屋」に立ち寄りました。

長野駅の観光案内所ではこのお店は季節的にまだ開店していない可能性が高く、食べるところはありませんと聞かされていました。。。お店で尋ねると昨日から開店したそうです。

善光寺の門前町で焼きたておやきも食べてお腹は然程空いていませんでしたし、お昼用のおやきも1個はバスの中ですでに食べていました(笑)

でもお蕎麦は別腹?!美味しくいただくことができました!(笑)



お蕎麦をいただきながら、奥社まで歩いて行けるかどうかの情報収集。どうやら奥社への参道途中にある隋神門までは行けるようです。

















雪解けで参道はかなりぬかるんでいました。



遠くに隋神門が見えてきました。







隋神門手前の坂道が凍結して大変滑りやすくなっていました。


↑隋神門をくぐるとこのような立て看板が!



足元に気を付けながらさらに歩いて行く方達もいましたが、私は無理はせずに、隋神門から手を合わせてお祈りしました。



隋神門から奥社まで500メートルあるそうですが、樹齢400年のクマスギ並木が続きます。

またいつか奥社と九頭龍社のお参りができますように。

ちなみに奥社は天照大神が天の岩戸にお隠れになった時、岩戸を開いた天手力雄命(あめのたじからおのみこと)を祀っています。

九頭龍社は戸隠の地主神です。

最後に中社(ちゅうしゃ)を参拝しました。









正面の石段は通行禁止になっていました。





石段脇にある坂道から上って行きました。





中社(ちゅうしゃ)の御祭神は天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)です。知恵の神様で、天岩屋にお隠れになった天照大神のお出ましを願い天岩戸開神楽を考案された神様だそうです。

奥社までの参拝はできなかったものの、素晴らしい神社で十分にパワーを頂けました!

また今回は時間の都合で戸隠神社だけとなりましたが、いつか戸隠神社とともに、善光寺にも再度お参りに来たいと思っています。

夕方、長野駅を後にして出張先の塩尻に向かいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千羽鶴を持って行きました(20... | トップ | 諏訪大社(下社)(2017.4.21) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

観光(神社仏閣他)」カテゴリの最新記事