萬連の「悠々去来に生きる」(50歳台女性の生き方)

お遍路や旅をはじめ日常生活で出会った心がほっこりする風景を写真で紹介します。

高崎市内観光(2017.1.30)

2017-02-06 01:11:25 | 観光(神社仏閣他)


1月31日(火)
仕事帰りに高崎市内を観光しました。


高崎市内には「ぐるりんバス」という市内循環バスがあります。ただ初めての人には上り路線と下り路線がわかりにくいので、高崎駅構内の観光案内所などで時刻表とともに仕組みを教えてもらうと活用しやすいです。


まずは観音山を歩こうと、ぐるりんバスで「清水石段下」で下車しました。


バスを降りると近くの幼稚園児たちでしょうか、先生に連れられて清水寺への518段の石段を元気に上っていました。








この清水寺は、坂上田村麻呂が京都の清水観音を勧請したと伝えられています。







清水寺を後にして少し歩くと山頂駐車場がありました。
そこからは高崎市街地が一望できます。



洞窟観音に向かいました。









人工的に作られた洞窟ですが中はとても神秘的でした。

















日本庭園「徳明園」は北関東随一で紅葉の名所だそうです。あいにく色目の綺麗な季節ではなかったですが、笑う鬼と閻魔像が微笑ましかったです。





また浦島太郎のような像が池の中にありました。



洞窟観音、徳明園を後にして、尾根道(自然歩道)を約15分歩くと「白衣観音」に到着しました。





遠くからもよく見える巨大な観音さまです。
高さ41.8メートルあります。
高崎の発展と戦没者の慰霊を祈念して昭和11年に建立されたそうです。



観音さまを護持するのは関東八十八ケ所霊場第一番札所の高野山別格本山慈眼院というお寺です。関東にも八十八ケ所霊場があるのですね!





白衣観音像は胎内を上ることができます。窓から見える風景は絶景でした。



白衣観音を後に車道を下って行きました。



途中の駐車場にあるお店で名物「焼きまんじゅう」をいただきました。

味噌ダレをつけてこんがり焼いています。大きなまんじゅうですがこれで一串200円です。ボリュームありそうに見えますが、案外あっさりと食べれます。



観音山の麓にある護国神社





高崎市はだるまで有名な町で、通りにはだるま屋さんがあります。こんなキティーちゃんバージョンや



くまモンバージョンがショーウィンドウに飾られていました。



バスを待つわずかな時間でしたが、「高崎市立山田かまち美術館」にも立ち寄りました。

1960年に高崎に生まれた山田かまちは、不慮の事故で17歳という若さで亡くなっています。しかし若い頃に膨大な作品を残していて、その絵と詩の才能は天才的だったそうです。

駆け足でしか見えませんでしたが、よくこんな素晴らしい作品を幼少時に書いたものだとびっくりするものばかりでした。

今度来た時にはもっとゆっくり鑑賞したいと思いました。



美術館を後にバスに乗って、黄檗宗(禅宗) 少林山達磨寺にやってきました。



ここは縁起だるまの発祥の寺と言われています。

無数のだるまが奉納されているとともに、境内にも多くのだるまが飾られています。











御朱印をいただこうと納経所に行くと「写経して持ってきましたか?」と尋ねられました。

持ってきていない旨を伝えると、本来御朱印をいただく意味を話されました。

もともとは、お経を書き写して寺院に納める「納経」の証としていただくのが御朱印なのです。

最近は御朱印ガールなどという言葉もあって、御朱印をスタンプラリーのようなものと勘違いしている人が多いのではないでしょうか?

私は四国お遍路もしているので十分理解しているつもりですが、あいにく写経は持ってきていませんでした。

今日は持ってきていませんが、御朱印の本来の意味もお遍路の経験から充分に理解している旨と今回持参していない理由をお話ししました。

するとその場でこれを書きなさいと、般若心経の最初の一行をなぞり書きする紙を渡され、心静かに書いてくださいと言われました。

それを書いてお渡しすると、もう一度御朱印の意味を話され、達磨大師像の前で読経くださったのち、御朱印を渡してくださいました。

ここまで厳しく御朱印の意味を教えてくださるお寺も珍しく、私にはとても新鮮で非常に良いことだと思いました。

ひま一つ心新たに、お寺で御朱印いただく際には写経を持参するくらいの心がけで、参拝したいものだと思いました。

穏やかな小春日和の1日でした。

帰りは、経由地である東京駅の東京一番街にある千疋屋に立ち寄って、いつものフルーツサンドを買い込んで、帰りの新幹線の中で頂きました。



群馬県はなかなか奥深く、次回は伊香保温泉などにも足をのばしてみたいと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富岡製糸場訪問(2017.1.29) | トップ | 梅の花が綺麗でした(吉備津神社) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

観光(神社仏閣他)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。