萬連の「悠々去来に生きる」(50歳台女性の生き方)

お遍路や旅をはじめ日常生活で出会った心がほっこりする風景を写真で紹介します。

大分府内城(No.94)

2017-04-04 21:23:22 | 日本100名城


午前中伊賀(三重県)を出発。出張先の大分に約6時間半かけて到着。長旅でした!

今晩からの宿に午後5時前にチェックインできたので、徒歩圏内にある大分府内城(おおいたふないじょう)に行って来ました。



福原直高が築城、竹中重利が大きく改修した城です。竹中重利が四層の層塔型天守閣を立てたそうですが、寛保3年(1743年)の火災で焼け落ち、以降天守は建てられなかったそうです。野面積みの天守台の石垣だけが残っています。


↑↓ 宗門櫓



↑人質櫓




↑↓ 廊下橋




桜がやっと開花したようです。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015年母の看取り日記(19) | トップ | 2015年母の看取り日記(20) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本100名城」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。