咲いた万歩

さいたま市在住。 デジカメ片手に、四季折々の花木草を眺めつつ、 万歩ウォーキングで健康な日々。

見沼田圃を東京の貯水池とする計画

2017年06月28日 | 日記
大宮市史年表の昭和9年(1934)9月20日に “ 見沼田圃を東京の貯水池とする計画に関係町村長が反対の陳情 ” という記事がある。「見沼田圃を東京の貯水池とする計画」でネット検索したところレファレンス事例詳細がヒットとした。
いくつかの資料が回答で紹介されているが、そのなかに東京日日新聞がある。
神戸大学新聞記事文庫で東京日日新聞の昭和9年(1934)10月13日の「東京市の大貯水池計画・・・」で始まる見出しの記事を表示する。レファレンス事例詳細の回答にあった “ 記事名に「貯水池」の付くもの ” というのはこれかも知れない。
見出しは「東京市の大貯水池計画に地元民、必死の反対」とか「埼玉県下に中禅寺湖三倍の大湖水」とかあって、まことにショッキングである。

ところで「東京市」であるが、ウィキペディア東京都の歴史には、1943年(昭和18年)東京市と東京府を廃止して東京都を設置したとある。昭和9年当時、東京市は東京府の府庁所在地だった。
また、新聞記事には「大東京市民」「大東京の実現」というのもある。
東京都公文書館サイトの(江戸東京を知る)から(大東京35区物語~15区から23区へ~東京23区の歴史)を開くと、35区時代に “ 昭和7年(1932)10月1日、周辺5郡82町村を東京市に編入し、これを改編して新たに20区を設置し、それまでの15区と合わせて35区としました。いわゆる「大東京市」の成立ですが・・・ ” との記述がある。

新聞記事は “ この見沼用水一帯はその名の示す如く、元は大きな沼を形作っていたものだが、徳川八代将軍吉宗が日光東照宮参拝の途次、干潟として開墾を思いつき紀州の伊澤惣兵衛に命じて完成させた
この見沼の水によって農耕していた下流地域のために用水路を築造、現在の埼玉県北埼玉郡須加村から大利根の水を引入れ、専ら灌漑用水とした、市の今後の計画はこの田畑を古えの沼に還し大貯池水をつくるため、蕨町の東北に当る芝村に堰堤を築いて用水をせきとめ、水面三千町歩に近い大湖を再現させようとするものである ” と記述している。

見沼たんぼのホームページで見沼たんぼの歴史から溜井の時代江戸時代初期~中期を見ると、八丁堤が作られる前と八丁堤が作られた後のイラストがある。新聞記事の “ 古えの沼に還し大貯池水をつくる ” というのは、八丁堤が作られた後のようにするということだと思う。

新聞記事の図表はこのようである。
図表の大貯水池予定地をヤフー地図に描くとこのようになると思う。
八丁堤は現在の赤山通りなので、赤で示すとこのようになると思う。
新聞記事は “ 蕨町の東北に当る芝村に堰堤を築いて ” とある。芝村は現在の川口市域であり、八丁堤より南になる。計画された貯水池は見沼溜井よりも大きかったようである。

ウィキペディア見沼には “ 1934年、東京市は村山貯水池(多摩湖)・山口貯水池(狭山湖)に続く第三の貯水池の建設場所を見沼田圃一帯とする計画を発表した。しかし、水没対象となる地域の市町村、すなわち浦和市、尾間木村、三室村、野田村、大宮町、七里村、春岡村、片柳村、大砂土村(以上現さいたま市)、原市町(現上尾市)、芝村、神根村(以上現川口市)、大門村(現さいたま市および川口市)の農民らの反対運動により、1939年、東京市は貯水池計画を撤回した ” との記述がある。見沼田圃水没計画は没になったのである。昭和14年、78年前である。

大宮市史年表の冒頭記事と同じ昭和9年(1934)の4月1日に “ 山口貯水池<狭山湖>竣工 ” がある。
また、村山貯水池はウィキペディアによれば昭和2年(1927年)完成である。
このころ東京市は大震災の復興から都市化が進み、さらに「大東京市」で人口増となり、水道事業の安定給水を確保するため、関東周辺の水源を精力的に調査していたのではないかと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いずみ高校の地にあった農民... | トップ | 大宮氷川参道から堀の内橋バ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Re:見沼田圃を東京の貯水池とする計画 (shige)
2017-06-28 20:30:45
万歩さんこんにちは。このところ梅雨らしい天気が続きますね。お散歩もちょっと一休みでありましょうか。

さて、見沼貯水池計画ですが、本当にこれが出来ていたら戦後この辺は大変な事になっていたよと、親世代たちから聞かされておりました。理由は、高度成長期の水質汚染です。

丘陵地帯の村山貯水池は水深がありますが、見沼は平地ですからかなり浅く、下水の整備も遅れており、霞ケ浦どころではない水質汚染が間違いなく起きていただろうと言う事です。自分も生活排水が流れ込む綾瀬川(日本一の汚染河川)を目の当たりにしていただけに、確かに霞ケ浦以上の惨状になった可能性は大きかっただろうと思います。



水質汚染の観点 (咲いた万歩)
2017-06-28 22:15:20
こんばんは。
私も貯水池が出来ていたら、ということを想像してみましたが、真っ先に思ったのは広大な農耕地が消えることによる食料不足でした。水質汚染という観点は全くありませんでした。物事、総合的に考えるってことは難しいですね。
八丁堤=赤山街道 (GORI)
2017-06-30 07:57:55
こんにちはGORIです。

先日、富士塚を見物するために木曽呂まで行ってまいりました。その際に八丁堤って実際にはどこあったんだろうかという疑問が湧いたのですが。自分が歩いた赤山街道がそれだったんですね。たしかに窪地に盛土したようでしたので、言われると「なるほど」となりました。
天端道路 (咲いた万歩)
2017-06-30 09:40:28
おはようございます。
見沼溜井は八丁堤がダムのような役割をしていたと思うのですが、ダムに例えれば赤山街道は天端道路ということになると思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。