咲いた万歩

さいたま市在住。 デジカメ片手に、四季折々の花木草を眺めつつ、 万歩ウォーキングで健康な日々。

大宮西口駅前の消えた小道

2016年10月14日 | 日記
大宮駅西口を昭和57年4月の鳥瞰写真で見る。右端に大宮駅西口屋上が見える。
突き当たりの工事中ビルは、朝日新聞DIGITAL東北新幹線開業30年の写真の中の「戦後の雰囲気が残る大宮駅周辺=1982年6月」の突き当たりである。
昭和58年頃の鳥瞰写真で見る。手前(下)に大宮駅西口屋上が見える。黄で示した道を昭和57年の写真に示すとこのようになると思う。

平成2年発行『大宮スカイビルのあゆみ』所載の大宮駅前西口地区土地区画整理事業計画図赤で示したところは現在地図ここだと思う。
先ほど鳥瞰写真に黄で示した道を計画図に示すとこのようになると思う。
現在地図に示すとこんな感じになると思う。

『大宮スカイビルのあゆみ』所載の昭和56年5月の写真を見る。一年後の昭和57年6月の写真を見る。
そして昭和59年5月の写真を見ると、駅舎側に歩行者デッキの工事が始まっている。
このデッキ(青矢印)は現在地図のこのデッキ(青矢印)で、計画図のこのデッキ(青矢印)だと思う。

先日私はそのデッキに上がっ右を見た振り返った。
左折して左(西口駅前)を見た。

昭和60年10月24日の風景。
昭和59年5月の黄矢印の道は昭和60年10月の左下黄矢印の道に繋がるのではないかと思う。
現在のこのあたり(黄矢印)になるのではないかと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和32年頃大宮鳥瞰図を見る (3) | トップ | 江戸時代の地図で見るさいた... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。