咲いた万歩

さいたま市在住。 デジカメ片手に、四季折々の花木草を眺めつつ、 万歩ウォーキングで健康な日々。

浦和区上木崎にあった大原中学校

2017年06月14日 | 日記
2017年05月30日ブログで私は浦和区大原を、2017年04月21日ブログで大宮区大原を歩いた。
さいたま市の町名「大原」は現在浦和区と大宮区にある。大原は1丁目から7丁目まであり、1丁目から5丁目までは浦和区にあり、6丁目・7丁目は大宮区にある。
政令指定都市になる前は大原1丁目から7丁目まですべて浦和市にあった。平成4年浦和市発行『わがまち浦和 地域別案内(改訂版)』の地図
『わがまち浦和』の浦和市住居表示実施状況一覧を見ると、大原1~7丁目は昭和57年8月1日に成立した。

平成13年浦和市発行『浦和市史 通史編Ⅳ』には “ 大原は本来、大字上木崎の字名であるが、大原中学校が見沼地域に移転したことにより、その周辺を大原とした ” との記述がある。
大原中学校については『わがまち浦和』にこのように案内されている。現在地に移転したのは昭和58年4月であり、大原1~7丁目が成立して8ヶ月後に学校が移転した。2017年05月30日ブログの大原中学校

平成25年発行青木義脩著『さいたま市 地名の由来』には “ 大原は本来、上木崎の字であったが、そこにあった大原中学校が見沼田んぼの中に移転したため、新しい町名が学校にちなんで生じた。要するに大原が動いたのである。『武蔵国郡村誌』には字地として大原がある。東西南北とも285間で、村の西方にあるということであるが、とりもなおさず元の大原中学校があった辺りで、今の上木崎4丁目とその周辺である ” との記述がある。

元の大原中学校があった場所を昭和51年の地図で見る。
現在の地図(ヤフー)だとここ(赤文字)になる。
2016年10月29日ブログの写真。(仮称)さいたま市子ども総合センター建設工事をしていた
Bing地図の概観図で見る。工事着工前である。
昭和54年の空中写真を見る。大原中学校を見る。現在の大原中学校の場所を見る。現在の空中写真で大原中学校を見る。

2010年1月私は元の大原中学校があった場所を訪れた。
さいたま市文化財資料室の門から入り、北側の旧校舎と思われる建物を見た。
さいたま新都心方面を見た。
南側の体育館のような建物を見た。

さいたま市立大原中学校ホームページの大原中の沿革を拝見すると、昭和41年(1966)3月10日に “ 体育館兼講堂落成 ” というのがある。これかも知れない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大宮区天沼町~東町~大宮駅 | トップ | 大宮区天沼町~高鼻町間の産... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。