咲いた万歩

さいたま市在住。 デジカメ片手に、四季折々の花木草を眺めつつ、 万歩ウォーキングで健康な日々。

大宮西高校から原稲荷神社まで

2016年06月27日 | 日記
さいたま市立大宮西高等学校正門前三差路北に向かう。
十字路左折する振り返る
左手の校舎を通過し、十字路を直進する。振り返る
道は右に折れる

三差路を直進、歩道を歩きながら左を見る。

歩道が終わり、三差路を直進する。
ここで田んぼのツバメを見る。振り返る
鴨川に架かる堀の内橋を渡りながら下流を見る。

上流を見る。
橋を渡って振り返る直進する
三差路を直進して振り返る

前方の電柱頂上のカラス
水判土自治会館通過する。
一時停止から水判土信号交差点を直進しながら右を見る。振り返る

横断歩道を渡って振り返る右を見る左折する
三差路を直進、バス停慈眼寺を通過して振り返る

左手草原になる。
開発行為のお知らせによれば、事務所(一般乗合自動車運送業の営業所)の建設が予定されている。
草原を通過して左を見る。振り返る


ヤマト運輸さんを通過する
交差点を直進、道路を横断して振り返る
トライアルさんを通過して振り返る
路線番号案内標識をアップする。

右手ウエルシアさいたま佐知川店さんを見る。
左手を見る。
矢印看板を通過して振り返る

2014年2月私はここでウエルシア出店予定地見た振り返った。

バス停佐知川東の三差路を右折する
左手佐知川公園見る
道は突き当たって左に折れる。振り返る
一旦左に入っ振り返る
門扉から佐知川公園テニスコートを見る。


青い屋根の家屋と青いトタン塀の道を進み、突き当たり右折する
交差点を直進して振り返る
次の十字路左折する振り返る
坂を上がり、丁字路右折する振り返る
左手の原稲荷神社を見る。案内板

大宮西高から原稲荷まで歩いた道を赤で示す
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堀の内交差点から大宮公園駅まで

2016年06月25日 | 日記
昨日は大宮駅東口から東武野田線大宮公園駅まで歩いたのであるが、昨日のブログは堀の内交差点で終わった。
今日のブログは昨日の続き、堀の内交差点から大宮公園駅までを綴ります。

堀の内交差点を左折して振り返る
堀の内バス停先を左折する振り返る
更地を通過し、十字路左を見る振り返る
私は右折する

三差路を直進して振り返る。ルミナス高鼻さん。


十字路を直進、次の交差点も直進し、丁字路に突き当たって左を見る
振り返る。私は右折する
二つ目の三差路を左折する

三差路を直進し、左手カフェキムラさんを通過する。
左手の駐車場に入って振り返る。

丁字路手前の奥信州さんを見る。
丁字路で右を見る
道路を横断、ここ振り返る左折する
ナイター照明アップする。
下から見上げる
大宮アルディージャ応援旗
雨水貯留管案内板を通過して振り返る。

大宮公園事務所を通過する。

左手に店舗が現れ、道は突き当たる。
突き当たりで振り返る。左を見る。看板をアップする。

私は右折して大宮公園に入る。
石畳の道を北に進み、ここ右を見るどうぶつえん
振り返る
森の中の通路を歩き、池の畔に向かっ振り返る
坂を下って池を見る。振り返る

池が終わり、直進して振り返る

大宮公園を出て、直進する左を見る
右手県営競技場通過する
三差路を直進して振り返る。


駐車場出口を通過し、入口通過する
三差路右を見る
直進して振り返る
十字路左折する

道は少し右に折れ、突き当たりの交差点左を見る
振り返る。直進する。

ファミリーマート大宮公園前店さんの前でアガパンサスを見る。
大宮区寿能町1-31の電柱で新しい大宮公園駅見る

十字路右折して大宮公園駅を見る。改札口をアップする。

改札口前で左を見る。2011年4月の風景
右を見る振り返る
駅構内に入って振り返る
ホームに向かいながら仮囲いの中を見る。
ホームに上がって振り返る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大宮中央通りから堀の内交差点まで

2016年06月24日 | 日記
大宮駅東口の中央通りを中山道に向かう
道路向かい側の大宮駅東口9番バスのりばを通過する
中山道の交差点で大宮駅を振り返る。

斜め横断して振り返る
左折して中山道を上尾方面に向かう。
キムラヤさんのところは工事中である。3月末閉店したみたい。

一番街信号交差点直進して、左を見る


大栄橋交差点で県道2号を横断する
筋向かいを見る。振り返る
横断して右折する。反対側を見る
東に進んで振り返る。大栄橋をアップする。


宮町二丁目信号交差点を直進しながら右を見る
次の信号の手前でカメラを右に振る
信号交差点を直進して振り返る宇治病院さんを見る。

道路向かい側のエルアンドミセス勝間さんを通過する。
ここ振り返る
三差路の右を見る。一の宮通り入口。


氷川神社入口信号交差点を直進して振り返る
大宮区東町2-292の電柱で振り返る
ラフォーレ清水園さんを通過する。

外壁がタイルの建物が並んでいる。
交差点を直進して振り返る
三差路で左を見る。

小料理つくしさんを見て、県道にもどる。

産業道路堀の内信号交差点右を見る
2011年8月ストリートビューで見る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和11年さいたま市にあった映画館

2016年06月23日 | 日記
前日のブログで平成21年さいたま市立博物館発行『街にキネマがあったころ』所載の浦和駅周辺の映画館 昭和7年(1932)を見た。浦和駅の東口に高砂館、西口に松鶴座、浦和劇場、調宮劇場 合計4館の場所が表示されている。

国立国会図書館デジタルコレクションの電子書籍・電子雑誌からキネマ旬報社の昭和五年三月現在全国映画館録を見ると、埼玉県はこのようである。現在のさいたま市はトップの浦和劇場だけである。
次に、昭和十一年五月現在全国映画館録で埼玉県を見ると、このようである。現在のさいたま市は5館で、旧浦和市3館、旧大宮市2館である。

旧浦和市は、①調宮劇場 ②浦和日活館 ③松竹館 であるが、浦和駅周辺の映画館には①調宮劇場しか載ってない。
『街にキネマがあったころ』で松鶴座の解説を見ると、“ 昭和9年(1934)に浦和日活館と名称を変え ” とあり、②浦和日活館は松鶴座の場所であることがわかる。
また、『街にキネマがあったころ』の共楽座(浦和劇場)のあゆみをみると、“ 昭和7年(1932) 浦劇松竹館と館名を変更する ” とある。③松竹館は浦和劇場の場所であることがわかる。名称変更を表示する

昭和十一年五月現在全国映画館録の旧大宮市は、④大宮座 ⑤武蔵野館 が載っている。
『街にキネマがあったころ』所載の大宮駅周辺の映画館 昭和9年(1934)を見ると、大宮座、武蔵野館のほか、吾妻座、新興館、桜盛館(西口) の合計5館の場所が表示されている。

昭和8年の大宮町全図に大宮座を赤丸で示す。矢印は火の見櫓である。
昭和6年の大宮座写真。
大正~昭和の大宮駅前通りの写真。
ここ(赤矢印)が大宮座だと思う。
2011年8月撮影の株式会社大宮座郵便受け。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

藤倉ゴム浦和工場があった場所

2016年06月22日 | 日記
平成4年浦和市発行『わがまち浦和 地域別案内(改訂版)』に、浦和区常盤5丁目の浦和公共職業安定所は “ 藤倉ゴム浦和工場跡地に昭和48年3月建設されたもの ” と記述されているのだか、昭和44年測量
国土基本図でその敷地を見ると概ねこの範囲(赤囲み)になるのではないかと思う。
現在の地図に示すとこの範囲になるのではないかと思う。広大な敷地だった。

昭和9年の地図でも藤倉工業であるが、大正11年の地図では日本製麻になっている。
平成21年さいたま市立博物館発行『街にキネマがあったころ』所載の浦和駅周辺の映画館 昭和7年(1932)でその場所を見ると帝国製麻である。

そこにあった工場を時系列で見ると、①日本製麻 ②帝国製麻 ③藤倉ゴム になると思う。
2016年02月28日ブログで紹介した浦和市史に掲載の昭和46年藤倉ゴムニュースを見ると、藤倉ゴム浦和工場の操業は昭和12年ではないかと思う。しかし昭和9年の地図に藤倉工業があるのでその前とも思える。
昭和54年発行『浦和市史第四巻 近代史料編Ⅱ』に日本製麻浦和工場閉鎖の記事(昭和2年東京日日新聞)がある。
これを見ると、日本製麻浦和製品工場は大正9年8月創設された。そして昭和2年帝国製麻に吸収合併となり、日本製麻は閉鎖されたのだと思う。

日本製麻浦和工場閉鎖の記事の右下に赤羽製品工場も帝国製麻に引継がれることが触れられている。
HP北区の街角の北区の産業と文化から産業の発展(大正)を開くと、“ 大正4年 現在のダイエー赤羽店の地(赤羽二丁目)に日本製麻設立。後に合併し帝国製麻となる。” との記述がある。
日文研データベース一覧の所蔵地図から昭和7年の大東京最新明細地圖隣接町村合併記念を見る
製麻会社赤羽工場と表示されたところが帝国製麻だと思う。
現在の地図でダイエーあたりを見る
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

県立浦和高等学校から与野駅まで

2016年06月21日 | 日記
昨日私は北浦和駅から県立浦和高等学校を経由して与野駅まで歩いたのであるが、昨日のブログは県立浦和高等学校の正門前で終わった。
今日のブログは昨日の続きです。

正門前を通過して交差点を直進する
直進しながら右(学校沿いの道)を見る。
埼玉県道65号の岩槻方面に入る。2011年11月の風景
入って振り返る
少し進み、ここ振り返る
道路向かい側に移動して振り返る。2011年11月の風景

岩槻方面に進み、道路向かい側に移動し、ここ振り返る
道路案内標識をアップする。2011年11月はこのようなっていた。

県道65号を進み、三差路を直進して振り返る
次の三差路左折する

左折して振り返る

次の交差点左を見る振り返る
私は直進し、三差路を直進して左の庚申塔を見る。
2010年5月の風景。1989年5月の写真
右側面に年代が刻まれており、享和二歳(1802)と読めた。

次の三差路を左折する振り返る
交差点を右折する。振り返る

駐車場の手前を左折する
右側に集合住宅が現れるところで右を見る。中央奥に針ヶ谷小学校が見える。
団地内通路は右に折れる振り返る
直進し、公園に入って振り返る。

左折し、公園を出て、領家立野公園を振り返る
カメラを右を振る左に振る
私は右折する

次の交差点左前方の道を見る。
右前方の道に進み、ここ右を見る。振り返る。左を見る

路地に入って振り返る
丁字路突き当たって右を見る振り返る左折する
三差路を直進しながら右を見る
アガパンサスの花。

緑道との交差点左を見る右を見る
直進して振り返る。


突き当たりの丁字路を右折する振り返る
交差点を左折する振り返る
西に進み、十字路を直進して振り返る

旧中山道に出て右折する振り返る
右手のセブンイレブンさんを通過する。
道路向かい側の大吉さんを通過する。
信号交差点を直進しながら左を見る。


旧中山道を大宮方面に進み、歩道橋を通過する。
左手のさいたま柔整専門学校を通過する。
前方の大原陸橋(東)交差点をアップする。

大原陸橋(東)信号交差点左を見る
左手の一本杉通過する
植込みのランタナ

押ボタン信号を通過する。
左手の看板を見る
西に見えマンション

三差路右を見る。赤山街道。2010年2月の風景
直進して振り返る
スクランブル信号交差点で旧中山道を横断して振り返る
左折し、浦和区上木崎1-2の電柱で振り返る

与野駅前広場左折して振り返る。

階段下振り返る
県立浦和高等学校からこのように歩いてきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北浦和駅から浦高前まで浦高通りを歩く

2016年06月20日 | 日記
旧中山道北浦和駅東口信号交差点を北浦和駅東口の窓から見る。
振り返る左折し、エレベーターで地上に降りる。
地上に出て右を見る振り返る
横断歩道を渡って左を見る振り返る
右折してバスのりばを通過する。
横断歩道を渡りながら北浦和駅東口を見る。

横断して振り返る。旧中山道に向かう

北浦和駅東口信号交差点を直進しながら左を見る
直進して振り返る
道は左カーブする。
横断歩道を渡って振り返る。右に振る。

クイーンズ伊勢丹さんの入口を通過する。
三差路を直進し、次の交差点右を見る左を見る振り返る
三差路を直進して振り返る
十字路を直進して振り返る
三差路を直進して振り返る。


バス停北浦和一丁目の2011年11月の風景
通過して振り返る
三差路を一旦右折して振り返る
押ボタン信号交差点で左を見る振り返る
直進して振り返る。2011年11月の風景

東に進み、眼鏡市場さんの前で振り返る。

三差路を直進しながら東通りを見る。
居酒屋赤トンボさんを通過する。2011年11月の風景
押ボタン信号交差点の左を見る振り返る右に振る
押ボタン信号を直進する。2011年11月の風景
直進して振り返る

坂を下り、横断歩道で緑道の左を見る右を見る
上り坂に変わって振り返る。2011年11月の風景


十字路を直進し、城北信用金庫さんの前で振り返る
三差路を直進、浦高前バス停を通過する。
歩道が広がり、埼玉縣立浦和高等学校正門前振り返る
道路向かい側を見る。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武州足立郡上峯村の庚申塔道標

2016年06月19日 | 日記
2016年05月31日ブログで上峰信号交差点を芸術劇場方面から西に直進した時、新大宮バイパスを横断したところに石仏群があった。

その中に庚申塔があり、台座の正面に造立年代が刻んであった。宝永八年辛卯年二月吉日とある。宝永八年は1711年だから305年前になる。
左側面は「これより 江戸みち」、右側面は「これより 加う志うみち」とあり、道標でもあった。
「加う志う」というのは甲州のことだと思う。

この場所を地図に矢印で示す
平成7年発行『与野の歴史散歩』によれば、この庚申塔はバス停陣屋の近くにあった。平成2年地図のバス停陣屋。
さいたまと甲府の位置関係を地図で見る
上峰からの甲州道を現在の道に示すとこのよう(赤)になると思う。

2016年05月24日ブログで私は東大成町の旧中山道を歩いた。この信号交差点を直進して道路向かい側のレストランを見た。
レストランを通過したところの石碑をアップした。
この石碑を数年前近く見た。案内板にはこのように記述されていた。
大山御嶽山はいずれも甲州方面であるから、この道標が案内している道は上峰の「加う志うみち」に向かう道だと思う。

かつては、レストランと魚店の間に古い道があったという。魚店はここ(赤矢印)だと思う。
その道は大成町2丁目の普門院の東側へと通じ、さらに与野の町へと続いていたという。
明治18年頃の地図にその古い道と思われる道を大宮~川越道まで赤で示す
大宮~川越道から与野町まで赤で示す

氷川祠というのは現在の上町氷川神社と思われるが、その上町氷川神社に享保四年(1719)の庚申塔(台座)がある。
『与野の歴史散歩』によれば、この庚申塔は上町氷川神社北の川越と大宮方面への分岐点にあった。そして「従是左川越道」「従是右大宮道、奥州道」と刻まれているとある。数年前に撮影した庚申塔(台座)の右側面左側面
明治14年の地図に上峰村から大宮方面に向かう道を赤で示す
この道は甲州への道であるとともに奥州への道でもあると思う。

昭和55年大宮市発行『大宮のむかしといま』所載の鎌倉時代の街道図を見ると、大宮から原市を経由して奥州本街道に合流する道があった。その道が変化しつつも踏襲された道があったのではないかと思う。
先ほどの明治18年頃の地図に中山道から分岐して原市に向かう道を赤太線で示す。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大成町一丁目から大宮駅西口まで

2016年06月18日 | 日記
今日のブログは前日ブログの続きです。

大成町一丁目信号交差点から東に向かう(赤矢印)。
左手の木造2階建て家屋を通過して振り返る。蔦の風情

三差路を直進しながら右を見る
ガードパイプの三差路を直進しながら右を見る
押ボタン信号手前の三差路を一旦右折する振り返る
ここで半回転。看板をアップする。

もとの道にもどり、押ボタン信号交差点の左を見る
直進して振り返る

さいたま市営桜木駐車場出口通過して振り返る
さいたま市営桜木駐車場入口ご利用案内
入口を通過する。隣の入口も通過する。
通過して振り返る
次の三差路で左を見る。振り返る。

右を見る。カーブミラーをアップする。
私は三差路を直進する

丁字路信号交差点で左を見る右を見る
横断(直進)して右折する振り返る
保存展示デゴイチ案内板
左側面見る

南に進みながら桜木駐車場を見る。

桜木駐車場出口を通過する。
桜木駐車場を通過して右を見る
道しるべ通過して振り返る
道路向かい側の店舗を通過する。2011年5月の写真

赤レンガの建物を通過して振り返る。この建物は大宮鉄道工場によって“ 明治30年(1897)に燃料用の倉庫として建てられたもの ” と『ウォーク・イン・中山道大宮宿』に記述がある。
道路向かい側を見る。

大宮駅西口に向かいながら道路向かい側を見る。
大栄橋(西)スクランブル信号交差点手前後ろを見る。
筋向いを見る。右を見る
交差点角に移動して右を見る。

交差点を直進して振り返る
右を見る
駅方面に進んで振り返る
駐車場入口で振り返る

向かい側のごはん家田島さんを通過する。
マリカさんを通過する。
十字路を直進して左を見る。振り返る。

歩道橋の下で道路向かい側を見る。
ここでカメラを右に振る振り返る

次の交差点を直進して右を見る振り返る
スクランブル信号交差点を左折する。
西口に向かい三差路の左を見る。2011年10月の写真

西口向かい、歩行者デッキの階段上がる振り返る
デッキに上がっ振り返る
左折して大宮駅西口に向かう。

駅ビル入口で振り返る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜木町4丁目から大成町1丁目まで

2016年06月17日 | 日記
この歩道橋(赤丸)を北に渡りながら大宮駅西口高層ビル群を見る。西を見る
歩道橋を渡って北に進み、右手の桜木4丁目南公園に入る。
入って北を見る。振り返る

公園の東側を北に進み、桜木4丁目南公園標示板を通過する。
遊具を通過し、公園を北に出る。

もとの道を北に進み、信号交差点を直進して左を見る
ムクゲの花。

有料駐車場越しに西口方面を見る。

十字路を直進し、鴻沼川に架かる小桜橋で下流を見る。上流側を見る。
橋を渡って橋名標を見る。歩いてきた道を振り返る
水たまりに映る電柱

三橋中央通線に出て、鴻沼川を振り返る
三橋中央通線を横断して振り返る。西口方面を見る。

私は直進、北に向かう
十字路で左を見て、右を見る
右手の工事現場を通過して振り返る
信号交差点を直進して振り返る

左手の円形駐車場を通過し、十字路手前で左を見る
直進して振り返る。

桜木町(西)信号交差点を直進(横断)する。左に振る
県道2号を横断して振り返る
私はここで右折する

三差路手前で左を見る。鉄塔大宮線35号が見えている。
三差路を左折して振り返る
次の三差路左折する振り返る

左手の東京電力大宮変電所を通過する。

十字路左を見る
直進して振り返る
36号鉄塔をアップする。鉄塔大宮線は浦和変電所から36基の鉄塔を経由して大宮変電所に至るのだと思う。

点滅信号交差点で左を見る右折する
三差路で左を見る。鳥居が見えるので行ってみる。

鳥居の前で右を見る
鳥居をくぐって振り返る

もとの道にもどっ左折する
国道17号に出て右を見る左折する
対向車線の道路案内標識見る
郵便ポストを通過して振り返る。


交差点を直進し、さいたま市大宮消防署大成出張所を通過する
大成町一丁目信号交差点右折する振り返る
右折して振り返る。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東大宮駅近くの古レール

2016年06月16日 | 日記
先日私は土呂駅から東大宮駅まで歩き、2016年06月01日ブログと2016年06月05日ブログに綴った。
東大宮駅近くで線路沿いの道を歩いていた時、この三差路線路側に鉄道作業員用と思われる出入口があった。

門柱は古レールが再利用されていると思われたので、文字、記号が刻印されている部分をカメラに収めた
右柱その部分

以前私は東武野田線北大宮駅のホーム上屋に古レールが再利用されているのを見て、2015年02月01日ブログでそのレールは1920年9月にアメリカで製造されたものではないかと考えた。

東大宮駅近くの古レール写真を判読しやすいように回転する
「 5O N (マーク) 1964 |||||||| OH 」と刻印されているように見える。
古レールのページを手引き書にして刻印の意味を考えてみる。

『5O N』の5Oは単位重量で50kg/mという意味だと思う。Nは断面形状の記号で(3) 断面形状比較赤で表示された形状だと思う。

次に製造者名のマークを見ると、本レールのマークは上から三番目の「丸Sマーク」ではないかと思う。解説には “ 官営八幡製鉄所~日本製鉄製のレールを示すマークです ” とある。

『1964 ||||||||』は1964年8月製造、『OH』は平炉製鋼法の略号だと思う。

ところで、日本製鉄はウィキペディアによれば、昭和25年に解体消滅しているので1964(昭和39)年には存在していない。
新日本製鐵はウィキペディアによれば、1970年(昭和45年)に、日本製鐵(日鉄)を前身とする八幡製鐵・富士製鐵が合併して発足した。
本レールは1964(昭和39)年8月製造と思われ、そうだとすれば、八幡製鐵か富士製鐵で製造されたものと考えられる。富士製鐵のマークは角Sマークなので、本レールは八幡製鐵で製造されたものではないかと思うのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大宮区浅間町~高鼻町~大宮駅

2016年06月15日 | 日記
昨日私はさいたま新都心駅から大宮区浅間町・高鼻町を経由して大宮駅まで歩いたのだが、昨日のブログは浅間町のここ(赤矢印)で終わった。
今日のブログはそこからの続きです。

産業道路を直進して振り返る。左を見る。

速度制限の路面表示を通過して振り返る
右手の家屋建設現場を通過する。
十字路右を見る振り返る左折する

西に向かい、十字路を直進して振り返る
少し左に折れて、あずま町歯科さんを通過する。
次の交差点振り返る左を見る。右折する。

北に向かい、交差点左を見る
直進して振り返る
三差路を直進して振り返る
右の駐車場から左の風景を見る。

もとの道を北に進み、十字路を直進し、ここは大宮区東町1-15の電柱で振り返る。

中央通りに向かいながら左を見る
中央通りを横断して振り返る
左折して氷川参道に入る。

道路向かい側の大宮警察署参道交番を見る。

氷川参道を氷川神社方面に進んで振り返る
広場を進み、左を見振り返る。蓮見医院さんをアップする。

参道を進むと左手にマンション建設現場が見える。
プレミスト大宮氷川参道さんを通過する
右手の十三丁石を通過する。

県道2号に出て、左折する右を見る振り返る
左折して一の宮通りに入る。
県道2号の大栄橋方面を見る。
一の宮通りを横断して振り返る
私は一の宮通りを中山道方面に向かう。

右手の木造家屋通過して振り返る
西に進ん振り返る

次の三差路を右折する。

宇治病院さんの前を左折する
左折して振り返る
三差路を直進しながら左を見る
西に進み、十字路左折する

駐車場に突き当たって右折する
極細道を進みながら南を見る左に振る
氷川緑道西通線に出て、左折する

左折してときわ駐車場を見る。
南に向かい、三差路の左を見る。工事現場を見る。

三差路を直進し、右手の工事現場を通過する。

一の宮通りの交差点を直進して振り返る
次の三差路右折しながら南を見る
右折して振り返る
アジサイの花を見て進み、中山道に出る。

中山道で右を見る。私は左折する。

中山道を横断し、すずらん通りに入る。
入って振り返る
大宮駅側に出て振り返る
大宮銀座通りを横断しながら大宮駅を見る。
東口(北)の階段を上がりながら振り返る。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コクーン1から大宮区浅間町まで

2016年06月14日 | 日記
さいたま新都心駅コンコースに西から入って、改札口前を通過する。
東口に出て、歩行者デッキ進む振り返る
コクーンシティに向かいながら左を見る振り返る
コクーン1の通路を進みながら左手の店舗を見る。
右手のMOVIXさんを通過する。

通過して振り返る
東に進ん振り返る
コクーン1を出て左折する。
左折してすぐ左の階段を下りる。

地上に降りて北に進み、信号交差点右折する振り返る
新都心東広場に入って振り返る。

新都心東広場の東北を出て左折する振り返る
北に進み、十字路を直進する。左後方を見る。
直進して振り返る

道は直角に左折する
次の三差路振り返る左を見る右折する

北に向かい、さいたま市立大宮南中学校正門前三差路で左を見る。

直進して振り返る。門柱をアップする。

北に進み、埼玉県立大宮高等学校正門前三差路左を見る
直進して振り返る

信号交差点に出て左を見る右折する
都市計画道路 3・3・94 南大通東線を東に向かい、ドラッグセイムス吉敷薬局さんを通過する。

工事現場通過し、三差路を直進して振り返る
浅間町交差点で産業道路を横断する
横断して右を見る左を見る
私は浅間町交差点を直進する
右の案内板アップする。

次の交差点左折する反対側を見る。
左折しながら浅間町交差点を見る。
バイクプラスさいたま大宮さんを通過して振り返る

道は左にカーブする。

カーブして振り返る

右手のENOUさんを通過し、東武バスウエスト天沼営業所さんの前で振り返る
左を見る。セブンイレブンさんをアップする。

右を見る
交差点で左を見る振り返る
私は交差点を直進する

甚兵衛落し公園を通り抜け、交差点で右を見る振り返る
左を見る。私は直進する
道は少し右に折れ、十字路を直進しながら左を見る。

右手のあおぞら調剤薬局さんを通過し、産業道路に出て右を見る
振り返る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見沼区宮ヶ谷塔から七里駅まで

2016年06月13日 | 日記
前日ブログは2016年06月10日ブログの続きで、ここ(赤矢印)まで綴った。
その日(6月10日)はそこからこのように進み、七里駅まで歩いた。
本日も前日に続き、6月10日まち歩きの続きで、綾瀬川右岸から七里駅までを綴ります。

前日ブログの終わりに東武野田線電車から撮った写真がある。本日ブログのスタート地点(岩槻区並木)が写っている。見える鉄塔加倉線4号である。
私は歩いてきた道(綾瀬川右岸)を右折して西に向かう。
西に進んで振り返る。

住所は見沼区宮ヶ谷塔に変わり、突き当たり右を見る
振り返る左折する

東武野田線第41号踏切道を渡りながら七里方面を見る。
岩槻方面を見る。
踏切を渡って振り返る

右手ビニールハウスの横でスイレンが咲いている。

ビニールハウスを通過して振り返る
南に進むと、道は左折れる振り返る
県道2号(旧国道16号)に出て振り返る左を見る右折する

国道16号の交差点をこのまま直進しようと思ったが、横断歩道がないので右折して側道に入る。旧国道16号を振り返る
三差路を直進して振り返る
次の三差路を左折する。振り返る

深作川に架かる橋の上で下流を見る。上流を見る。
この橋を地図に赤丸で示す。
ウィキペディア深作川によれば、深作川は見沼区大字宮ヶ谷塔で綾瀬川に合流する。橋梁の下流を見るとこのようである。先ほどの地図に橋名を表示するとこのようになると思う。

国道16号陸橋に突き当たって右折し、ここ左折して陸橋をくぐる。
丁字路振り返る左を見る。右折する。

線路に突き当たって左折する
三差路を直進し、突き当たりの交差点で第37号踏切道を見る。
振り返る。私は左折する

十字路右折する振り返る
巨木を通過する。
タチアオイ。

丁字路に突き当たって左折する振り返る

南に進み、突き当たりを右折する
西に進み、見沼代用水東縁の橋を渡り、交差点左折する
Y字路を右折する振り返る

青いトタン塀に沿って進み、緑のトンネルを抜ける
西に進んで振り返る。

土地区画整理事業の区画道路を進み、突き当たりを左折してすぐ右折する振り返る
西に進んで、県道の丁字路右折する振り返る
さいたま市風渡野南特定土地区画整理組合HPの平成26年度末までの整備済箇所図に私が歩いた区画道路を黄で示す

バス停七里駅入口を通過する。

ウィキペディアグローバル交通の県南卸売団地線についての記述。一般客の乗車はできない。
交差点を直進し、踏切手前の三差路左折しながら振り返る

右側に並ぶ商店通過して右を見る振り返る
西に向かい三差路を直進する。
突き当たり右折して七里駅に向かう。

七里駅に向かいながら左側の商店を見る。

七里駅の前で振り返る
駅構内に入って窓から駅前を見る。半回転する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩槻区箕輪から綾瀬川右岸を歩く

2016年06月12日 | 日記
2016年06月10日ブログは岩槻駅西口駅前通り線を歩いたところで終わった。
ヤフー地図で岩槻駅の西を見ると、西口駅前通り線は途中までしか描かれていない。
ここまで(赤矢印)歩いた。その後私はその交差点を左折して、このように進んだ。

今日のブログは06月10日ブログの続きです。
突き当たりの丁字路で右を見る左折する。この道は都市計画道路 3・4・85 東大宮岩槻線である。
交差点を直進し、側道から本線に横断する
横断歩道で振り返る
本線陸橋に上がる。

左手のさいたま市立西原中学校を通過する。振り返る
上り坂を進み、箕輪橋親柱を通過する。
欄干にフェンスが設置されて振り返る
街路灯を見る。

傍らの橋歴板
東北自動車道浦和方面を見る。
フェンスがなくなり、親柱手前の橋歴板を見る
親柱を通過して振り返る

右前方の街。

左下の三差路を通過する
陸橋を下り、横断歩道を渡る。振り返る
側道は半円を描いて延びる。
半円を通過して振り返る
側道が本線に合流して西に向かう。

出入口を通過しながら左を見る
綾瀬川に架かる風間橋を渡りながら上流を見る。下流を見る

時差式信号交差点を直進しながら右を見る
直進して振り返る
次の三差路左折する

南に進み、三差路を左折する。振り返る

左折して振り返る
道は右にカーブする。
直線になって振り返る左を見る
特別養護老人ホームさいたまやすらぎの里さんを通過する振り返る

左にカーブし、一旦道路を離れて左の風景を見る。振り返る
もとの道にもどり、カーフが終わって振り返る
三差路を直進しながら右を見る。

左手のさいたま市障害者福祉施設春光園けやきさんを通過して振り返る
十字路左折しながら振り返る
左折して振り返る

東に進みながら左前方を見る。
右前方を見る。
ここ南を見る。北を見る。鳥居アップする。

丁字路に突き当たる。突き当たりの先は綾瀬川の流れ。
左を見る振り返る右折する

右岸を進み、三差路右を見る
直進して振り返る
対岸に並ぶマンション最後の棟を通過して振り返る。

先ほど風間橋からこのように見えた。
右を見る
下流に向かい、三差路右を見る
直進して振り返る

次の三差路を直進しながら右を見る
直進して振り返る

右にカーブし、三差路右を見る
下流に進んで振り返る

歩いてきた道は東武野田線に突き当たる。

振り返る
この朝私は電車からこちらを見た
コメント
この記事をはてなブックマークに追加