はなごよみ

我が家の庭の花、四季の花、写真と解説でお送りします

ポルトガルの女神の奇跡

2017-02-12 02:34:09 | ガーデニング


本当に不思議な位の天気でビックリしています。バスで移動中はガラス窓に打ち付けるほど雨が降るのに、目的地手前になるとピタリと上がって傘要らず、ビックリするほどのラッキーな旅行となりました。今日はファロに泊まり、午前中は旧市街を歩いてみて回り、景色の良いサン.ビセンテ岬とサグレス要塞を見学しました。ランチは魚介のスープにチキン、フルーツとプリンとコーヒーでした。旅行も終わり近くになると仲間意識も高まり(総勢36名)テーブルはすごく盛り上がりとっても楽しいひとときとなりました。これから歩いて10分位のレストランで夕食、ひといきついているところです。今日は珍しい花を見ました。リュウゼツランといって一生のうち1度しか咲かないとのこと。ランという名前がついていますがサボテンの一種みたいですよ。青い海をバックに素敵な雰囲気で写真が撮れたのでお見せできるのがたのしみです。他にも多肉の花や可愛い黄色い小花なども。途中manot家でも育てているアーモンドの木(白とピンクの花が咲いていました。)、柑橘類など被写体が一杯ある日でした。雨季にも関わらず、傘の出番がないくらいお天気にはついていました。気温も2桁、すべていい旅でした。思い出一杯持って明日帰ります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユーラシア大陸最西端のロカ岬へ | トップ | 素敵な壁飾り (2017年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。