まい、ガーデン

しなしなと日々の暮らしを楽しんで・・・

*ミソハギが似合う

2017-07-17 08:33:09 | 舞岡公園

舞岡公園、古民家周りをぶらぶらすると今の時期*ミソハギが目につく。
どこか懐かしく、ああ、もうミソハギの季節なのねお盆が近いわと気持ちはそちらへ。

 古民家裏の*半夏生

ネットで見ると、

ミソハギは、供え花として親しまれ、お墓や仏前によく供えられています。
お盆の頃に咲く姿を見て、亡くなった方に思いをはせることから、「愛の悲しみ」という花言葉が付けられたそうです。

ふ~ん。

古い記録によると、祭事にこの花を飾り、汚れを払う為の禊(みそぎ)に使ったとされ、祭事や盆飾りの供物を清める意味から禊萩(ミソギハギ)となり、それが転じてミソハギになったとされる。

ミソハギは、盆花や精霊花という別名の通り、お盆には欠かせない花となっています。
これは、漢字で「禊萩(ミソギハギ)」と表記することが関係しています。

あらあ、そういうことなのね、何にも知らなかったわ。

旧暦のお盆のときに、 ミソハギの枝を水に浸して、仏前の供物に禊ぎ(みそぎ)をした。

実家の方では仏前の供花にオミナエシ、キキョウを供えたけれど。
ミソハギはお盆の立て替え花にお墓に立てたけれど。
それってそういうことなのかしら。今更両親に聞けないしなあ、今まで通りやるしかないか。
なんて、来月のお盆佐渡帰省に思いを馳せている。

で、古民家のミソハギ。

 

 

 

公園の通路にはもう萩の花。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちゅっぱ、来る | トップ | りんごころころ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。