まい、ガーデン

しなしなと日々の暮らしを楽しんで・・・

海が見えるお寺 光明寺

2017-05-06 08:55:58 | 建築物

 昨夕

毎日がゴールデンウィークだからな、とうそぶいていたけれど・・・
世の流れに乗らないと取り残され感が増して少しさびしい、ので、ね。
4日、ちょっと行ってきました、鎌倉『光明寺』

いやいや、「妙本寺」の参詣のときに行ってみようかなの候補には入っていたの。
でも、鎌倉駅から1時間に3,4本のバスに乗るというアクセスに躊躇うものがあって。
それが5月1日、お気に入りの番組BS7の「ワタシが日本に住む理由」にチャンネル合わせたら、
逗子在住のフランチェスコ・バルデッサーリさんが鎌倉紹介。
その一つに彼が鎌倉のお寺の中でいちばん好きだという「光明寺」が紹介されていて。
よし、それなら行ってみようじゃないのとに参詣した次第でして。

8時45分のバス、10分ほどで光明寺前に到着。
バス停の目の前は鎌倉座海岸、振り向くと光明寺総門。

総門をくぐって

山門へ 1847年に再建されたものだそうで 大きさに圧倒されそうだがあたたかなぬくもりも感じる

山門をくぐり振り返って 総門その先に鎌倉の海

浄土宗大本山の本堂 鎌倉地方では最大級の本堂だそう
何もないきっぱりさっぱりの広い境内が心地よい 

本堂の中に入ると外観とは異なってなかなか豪華絢爛でして

左手に「記主庭園

右手に「三尊五祖来迎の庭」 (ごめんなさい ずっと右にある一祖が写っていません)

さらにフランチェスコさんが教えてくれた通りに本堂の裏山を上ると(これが急で人があまり来ないのよ)
「鎌倉50選」に入っている展望台からの風景。

この日は遠くに富士山が見えて 思いがけないから感激
手前左の屋根は光明寺山門 その向こうに材木座海岸 海岸線の左端にちょこっと見える江の島

さてと。戻って光明寺を通って海岸に出た。9時半前の早い時間だからまだまだ人も少ない。
雲と見分けがつきにくいけれど富士山の白いお山が見える。

バスの時間まで20分もあるけれど、この海では私はどうものんびりできない。
バス乗って10分か、計30分もあれば鎌倉駅に着くだろうと、こじゃれた住宅見ながらバス道路をてくてく。

 

滑川に架かる橋を渡り                 一の鳥居を横目で見ながら
ひたすら鎌倉駅目指しててくてく。はい、30分近くかかったと思います。疲れたわ。
で、私の中の「光明寺」位置づけ。「妙本寺」には負ける。

それにしても10時過ぎ、帰りの鎌倉駅の混雑は凄まじかった。
レンタサイクルからトイレからホームから、どこもかしこも人があふれていて。
構内放送は「構内で待ち合わせや打ち合わせはご遠慮願います」なんて、流していた。
「お寺は早朝に参詣すべし」の私的法則は間違っていないわ、と意を強くしたものね。
帰りだって車内悠々坐ったもの。

ちょっと足を延ばした朝の散歩と考えれば、このくらいの時間と距離は私にぴったり合っている。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 路線バスは楽し ⑧ | トップ | 春の花木 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

建築物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。