井沢満ブログ

後進に伝えたい技術論もないわけではなく、「井沢満の脚本講座」をたまに、後はのんびりよしなしごとを綴って行きます。

わさびテロ

2016-10-17 | 日記

当事者ではないので、実際の所どうなのか、いまだに何が本当で
何が嘘なのか解らずいるのが、大阪の寿司店で韓国人に
たくさんのワサビを食べさせて、それが差別というあの事件です。

まず素朴に分からないのは、仮にも商売をする人がそうやって
わざわざ、客を減らすかなあと。
大量とやらの、ワサビの寿司を多種類食べ続けた行為も解りません。

「被害」にあったという韓国人には、日本女性の連れがいたそうですが、
だったらなぜ、その日本人が「ワサビはもっと少なく」と言って
あげなかったのか。普通にそう言えば、済む話ではないかと思うのですが。

それに前提として、中国人、韓国人はたっぷり目のワサビを使うのだそうです。
日本人の数倍も。個体差があるのでしょうが、それは自己申告すれば
いい話だと思うのです。今回のように日本人が傍らにいる場合は。
また、辛すぎるというのはジェスチャーでも通じます。
一番の疑問点は、もしわざわざ問題の寿司職人が毎度同じことを
やっているとしたら、なぜ今回に限り問題になったのだろう? ということです。

懲りたお店では、今度はサビ抜きで、皿にワサビを別盛りで出すようにしたら、
それがまた差別だと、韓国から著名なニユースキャスターが来て、
カメラの前で寿司職人に頭を下げさせるに及んでは、なんと嫌な国民性だろうと
思わずにはいられません。

こういうことを書くたび、書き添えねばならぬのも疲れるのですが、
個人的に好きな韓国人はいるし、ドラマや映画の領域では
尊敬する人たちもいます。今、話しているのは総体としての
国民性のことです。といちいち、言い訳せねばならないのも
韓国特有なのです。

まっとうな批判が、差別にすり替えられてしまうので。

寿司職人が何に対して謝ったのか解らないのですが、日本人特有の
「お騒がせしてすみません」「そんなつもりはなかったのですが、ご不快に
させてしまったのなら、申し訳ないです」という意味でのお詫びなら、外国人ことに韓国の人にしてはなりません。
文字通り自らの非を認めたことになり、非を認めた途端、立場が認めたほうが
下に置かれるのが韓国のメンタリティです。

大阪での韓国人への差別が激しいとかで、問題になっていると報道されていて、
では韓国での「犬と日本人お断り」という日本より激しい差別はどうなのだろうと、反論したくなり、嫌なら来ないでください、とそれは正直にそう思うのですが、
くだんの寿司店には、かえって韓国からの客が増えているそうで、何という国民性かとそこでも、また思うのです。

慰安婦問題では、日韓合意が成ったのに日本大使館の前の慰安婦像は撤去せず、それどころか今度は座っていた慰安婦像が立ち上がりました。今度は立った慰安婦像を広めようとしています。

認めたら、謝ったら、彼らは永遠に続けます。それを日本人はもう思い知らねば。ユネスコには珍しく日本が、南京大虐殺の登録に抗議して、拠出金を出すのをストップしているようですが、自らはお金をろくに出さず、口だけ出しまくることを棚に上げ、日本非難を始めています。
そして、ここでへたれるのがこれまでの外務省であり、ユネスコ日本大使佐藤地氏であり、岸田文雄外相でした。
今回はさて、どこまで粘れますか、

うっせー、と、一喝して知らん顔してりゃいいのです。
口を出したきゃカネを出せ、と。

以前、○○さんと電話の子機の電池がなくなるまで、延々と対・中国問題についてお話したことがあり、○○さんは中国人の爆買いを上げられ日本の受けるメリットを説かれるのですが、私は爆買いと、例えば自民党の二階俊博総務会長などの親中(親韓もそうですが)議員が民間の植樹団体にODA枠以外の補正予算で90億円(実態は100億円)差し上げ、他にももろもろわけわからぬODAを止めるほうが日本の益だという意見です。買い物に来て、さまざまトラブルを起こされるよりは、ODAをストップするほうが国益に叶うという考えかた。
もっとも、いささか感情的反応なのであって、実際のバランスシートは知りません。商売をなさっている人たちの反発もあるでしょう。

だけど、私は日本の良きマナーや、行列をかき乱してまで来て欲しくないのです。と、個人としての希望です。ちなみに、ここでも付け加えねばレイシスト呼ばわりされて鬱陶しいのですが、個人的に好きだったり尊敬申し上げている中国の方々はいます。

更に二階氏は、中国から500人の中国人高校生を呼び寄せて、日中交流だと称し、安倍総理も実力者二階氏を無下にも出来ず、擁護するのですが無駄な出費です。今調べるのが億劫で、数字は上げませんが中国からの留学生呼び寄せに日本は莫大なお金を出しています。
一方、日本の貧しい学生には苦労を強いながら。
中国人学生優遇で延々と来ていますが、日中間に友情が育ちましたか?
聖火リレーの時の騒ぎを見れば、容易に解るように彼らは中国共産党が
一声かければ、いっせいに蜂起する、潜在的人民解放軍兵士です。

尖閣に押し寄せる中国の公船、民間船。彼らは本気で尖閣を盗りに来ています。こういう切迫した折から、なにゆえGDPで日本を追い越した国の植林に、それも民間事業団体に100億円与えるのでしょうか。

また○○さんは私に、自分の名前はどうやって書く? と問われ要するに漢字はじめ、どれだけ日本が中国から文化的恩恵をこうむっているのか、と説かれるのですが、私は漢字を発明した中国人たちはとっくの昔にいない、という説です。
自国民大虐殺を繰り返す、異なる民族集合体の中国では人種が入れ替わっています。
とそういう専門的なことを、自信を持って言えるほどではないのですが、少なくとも文化大革命で、日本人が享受した中国の文化とやらは、息の根断たれました。

今や、中国が日本製の熟語をたくさん輸入している状況なのです。
漢文も、返り点などを編み出した日本が、中国人より古典を読みこなせると聞きます。

韓国にも日本語がもう彼らもそれと区別できぬほど、暮らしの中に入り込んでいます。

日本人の謙虚さがここでも悪しき結果を呼び込み、韓国人に「我々が文化の高い国から低い日本に文化を授けてやった」などと言わせるのです。
半島は中国文化や仏教の通り道に過ぎず、日本は韓国からとりわけ何も頂いてはおりません。

中国から頂戴したものは、日本が大切に守り育て、彼らは壊して現在に至ります。

 

 誤変換その他、文章上の瑕疵は後ほど推敲致します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劇場と映画館で残りの人生を... | トップ | 荒谷卓・明治神宮至誠館 館... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (風鈴)
2016-10-17 09:32:57
わさびテロでも慰安婦問題への「日本の感性的措置」でもそうなんですが。。

韓国は自分たちに突き付けらている深刻な現実的課題から目をそらしたいがために日本を攻撃するのでしょうね。

どんなに対立する人とでも「日本憎し」という点では楽しく盛り上がれるのですから。
日本を叩き援助を引き出す、それが国家を上げての
浮揚策であることの「情けなさ」に何故彼らは気が付かないのか・・。
「反日というアヘン」が韓国を蝕んでいるのです。


安倍政権のエンジンは経済政策などではなくある程度断固とした韓国への態度であることは若い世代に支持が増えていることが証明しています。


「これ以上慰安婦像を世界にばらまかない」というのが国家間の合意であったにもかかわらず水原市はフライブルクに建設しようともくろみました。

フライブルクと長年姉妹都市関係を結んできた松山市が
「交流に支障をきたす」としてこれに介入無事阻止しました。
もう少しでヨーロッパにあの忌まわしき像が立てられるところでした。

地方自治体にしてはよくやってくれたと思います。
皆様の応援をいただけるとありがたいです。
同感です (総太郎)
2016-10-17 18:00:35
先生、皆様方、こんにちは。

先生の御意見に同感です。
ODAにしろ、大平正芳内閣の日中間が穏やかで友好だった時代の産物です。
天安門事件以降、江沢民体制から本格化した異常な反日政策が開始した時点で速やかな対応・打ち切りにするべきだったと思いますが、外務省始め、余りにも利権の巨大さが負の歴史を築いてきた感じでしょうか・・。

最近、メディアによく登場する元外務省の孫崎享氏の発言を観察すると、いわゆる外務省チャイナスクールと呼ばれる勢力の思考回路がよく理解出来ます。
鳩山由紀夫元総理に密着して、海外での不自然な振る舞いを焚き付けているのも孫崎氏のようですが、河野洋平氏、田中眞紀子氏、識者でも青木理氏、佐高信さん、姜尚中さんら、切りががありませんが、こういった方々の発言に耳を傾けると、アメリカよりも信用出来るのは中国。

世界平和の安定と秩序は日中友好、日韓友好が基本。
先の大戦の反省・謝罪の為に支援し続けるべき。
拉致被害者救出の為に中国への協力要請が必要との論理のようです。

中国や韓国にしろ、友好の為にパイプを持ち、接触や交流を続ける事は外交上必要ですが、例えば、二階さんが習近平氏ら中国共産党幹部と交渉する事によって、不審船の動きが止まった!
南京大虐殺の記念館が廃止された!
とでもならない限り、行動に意味があるとは思えませんね・・。
民主党政権発足当初、小沢一郎氏が若手議員をぞろぞろ引き連れて中国に訪問、媚びへつらっていたのを、皆様方御記憶かと思いますが、あれが実態なのでしょうね・・。
当時、あの姿をサンデー毎日や日刊ゲンダイは
好意的に報道し、民主党政権礼賛していたのを思い出します。

美輪さんに関しては、井沢先生が、よくぞ仰って下さった!と感謝と御尊敬の気持ちです。
小生、言うまでもなく、俳優・歌手としての美輪さんは御尊敬致しますし、皮肉抜きで吉永小百合さんや瀬戸内寂聴さんらもそれは同じ。
しかしながら、真の友人なら疑問に感じる事はお互いを尊重しつつ、率直に論じたいものですね。
井沢先生や美輪さんらと御一緒にするのは、おこがましいのですが、小生、在日中国人のお友達もおりますが、靖国参拝・歴史認識始め激しく議論しました(^_^;)(また、機会があれば御報告致します)

以前、美輪さんが拉致問題に関して「日本もかつて、朝鮮半島に同じ事をしたのです」旨の発言にがっかり・・。
三島由紀夫先生が御健在なら、喝破してくださった筈ですし、例えば瀬戸内寂聴さんには今東光和尚が間違いなく進言なさった筈。

井沢先生と美輪さんのような御関係こそが、真の友情・建設的な議論だと思います。
小生のような一般人も含め、やはり注意してくださったり、良き教養を授けてくださる友人・先輩方を持ちたいですね。
石原慎太郎さんには、そういった大切な方々がいなくなった・・と感じております。
中国?尊敬していますよ (仁)
2016-10-17 19:35:35
私は、古代中国人が日本を作った、と思っています。
海を渡って商売を始めて、あっという間に有力者になってしまう。これは華僑の特徴です。今の東南アジアと同じような状況が、おそらく古代日本にもあった。当時の大陸と列島の技術力の差を考えれば、何も不思議はありません。
では、命の危険を冒してまで海を渡った理由は何か。漢が滅びてから延々と続く戦乱、農地の荒廃、人口激減があったのだと思います。逃げる理由は今の難民と同じです。
各地に散った古代中国人の中で、日本列島に流れ着いた人々は一体どうしたか。素朴だが無知な土着の日本人を先導して、次々と地域の有力者になったのではなかったか。
戦乱を嫌って辿り着いた地で、また有力者同士争い事を始めては元も子もない。せめてこの島の中では、話し合いで物事を解決していこう、となったのではないでしょうか。
その後、手付かずの東日本にも、いきなり武力侵攻はせずに、粘り強く使者を送り徐々に平定していった…(もちろん抵抗もあったでしょうが)。

こう考えると、日本国の成り立ちというのは、世界でも類を見ないほど平和的なものだった、と言えます。
そして、古代中国人に尊敬の念を抱くとともに、今の中国と日本は枝分かれの兄弟なのだな、と思えます。
古代中国人は私たちの中に生きています。多分西日本の人たちの中により濃く。
幼稚な人びと (ももぐりこ)
2016-10-17 21:35:06
私は長いことサービス業をしてきましたが、こういう後から文句をいうお客さんが(全く日本人的で)一番嫌でした。
もちろん今回のことは寿司屋の店員がお客さんにわさびの加減も聞かずに出したのが悪いのです。ええ、初歩的なミスです。ああまたアジア系の人かと。油断してたんです。
でも、このお客さんも女性の方が日本人なんだし口があるのだからわさびを少なくしてと言えばいいだけのことです。
そうしたらこんな騒ぎになりゃしなかったんです。

下はBUZZFEED NEWSからの一部転載。

→2人は、鯛やマグロ、中トロ、イカなどを注文。すべてに、大量のわさびが入っていた。

「私たちは回らない寿司に行くことは滅多になく、市場ずしに来たのも初めてです。周りの人たちも普通に食べているので、何も言うことができず、お互い涙を流しながら食べました。水をたくさんお代わりして、流し込んだのを覚えています」

「目の前に寿司を握ってもらった店員さんがいたので、気を使ってしまい、ネタをずらして、わさびを避けることもできませんでした。なので、わさびの量を目では確認していません」

A子さんは、途中で寿司は食べられないと思い、赤だしを注文。赤だしは「普通でした」と話す。

転載ここまで。

回転寿司の店ばかり行っててちゃんとした店は初めてで気が引けて何も言えませんでしたなんて、子供か‼

海外でも日本人はホテルなどで不満があってもその場でいわないで、帰ってから批判したり文句を言うので、そういうところはとても不評だそうです。
外国人は気に入らないことはその場でハッキリ言って直したりしてもらうそうです。

日本人はいつの間にこんなに大人になりきれない人間ばかりになったのか。慰安婦問題とか南京虐殺とか、ありもしないことにすいませんとか謝ってんじゃないよと言いたい日々。

件のお店は外国人客が減ったぶん日本人客で盛況のようです。
地元の人にしてみれば大量のわさびを注文する外国人には素材の味がわからないという不満があったそうです。

味覚音痴の方たちにはご退場いただき本来のあるべき寿司屋に魅力を感じる人だけ来て欲しいと思います。
Unknown (桃代(百代))
2016-10-18 00:15:16
こんにちは井沢先生日本の為にいつも有難うございます
横から差し出がましいかと存じますが
ストレートに書きますが
アジアの近隣諸国を軍事侵略している中国の
事態を知らない方が多すぎることは悲劇を呼びます

美輪さんにお勧めしたい本があります
☆通州事件 目撃者の証言 (自由社ブックレット5)
藤岡 信勝 著

本を読むのが苦手でしたら参考動画もあります→
2016.10.6生放送『やらまいか』#19 通州事件〜中国人の残虐性を知れ〜
https://youtu.be/SNby4dFHwhY
(他にも歴史がわかるいい本があると思います)

私も数年前まで平和ボケのお花畑でしたが
中国の歴史、文化大革命、通州事件、尼港事件、通貨事件など色々調べ本も読み中国はこうも残虐なのかと驚愕したものです。
一人でも多くの日本人に知ってもらいたい史実です。
これは断じて言えますが性善説が通じる相手ではないということです。
わさびテロと美輪さん (きなこ)
2016-10-18 06:31:56
井沢先生 みなさまこんにちは
今回のわさびテロ、突っ込みどころが満載でしたね。
そばに日本人の友人がいながらこの騒ぎ。
このかた日本人なのかしら?日本語をしゃべれて日本に住んでるだけの人では?と考えてしまいます。
秋篠宮紀子さは、お父様の川嶋教授から「帰結というものを良く考えて行動しなさい」とおっしゃられたようですね。
日本人ならわかる言葉です。

美輪さんの本は全て読み勉強させていただきました。
日本人として恥や誇りを忘れてはいけないというところの精神性や芸術の美しさを感じる感性。
とても素敵です。
ただ国関・政治関係になると、とんと美輪さんどうされたの?って思ってしまいます。
その部分は私は賛成できません。
井沢先生の考えと同じになります。

先生の紹介された本を買って読んで見たいと思います。
周りに言うとすぐ右扱いをされてしまうのです。
なので最近はあまり周りにもいいません。
家族とそしてネットで同じ考えをさせていただいてるところだけです。

右?って聞かれたときは「右も左もありません。私は日本人です」といいますけど。
美輪さん (イチゴ)
2016-10-18 10:57:07
たしか、子どものころ、長崎で原爆を体験したと聞いたことがあります。

週末長崎に行ってきたのですが、平和記念公園でガイド資格をもつ運転手さんが、
「この場所はもとは刑務所で、日本人受刑者のほか、強制連行された中国人と朝鮮人(あわせて40名弱くらい)も犠牲になった、と説明していました。

そのとき、
「強制連行された人が何で刑務所にいるの?」と引っかかり、帰宅してから調べたら、

『「崎戸炭鉱の放火爆破ならびに日本人住宅の襲撃等不穏計画謀議に参画した者、ならびその被疑者、または八路軍のスパイ被疑」として、正式に裁判を受け収監されていた、今で言う無差別テロの未遂犯。
国家の維持と戦争遂行に欠かせないエネルギー源としての炭鉱の安定操業と保全を計るのは当然。
彼らとその仲間が無学無秩序の無法者であったという証拠に、戦後、崎戸炭鉱の中国人たちは、学校や病院で大暴れをしたという正式記録が崎戸町史に残っている』
と書いてあるものを見つけました。

日本人受刑者のことはなにも言わず、無差別テロ犯たちを「強制連行」「原爆犠牲者」として、県外の観光客に説明していたんですね。

また、この運転手さんは、
「アメリカ政府は、自国の支配者層の多くがキリスト教徒なのに、浦上天主堂を原爆で破壊した事実を知られてはまずいので、痕跡を早く消したかったから、教会再建を急がせた。卑怯だ」とも。

長崎県人は、アメリカ批判はOK・中国朝鮮批判はNGなのでしょうか?

でも、今日のように中国韓国から日本が不当な言いがかり・賠償請求・冤罪攻撃を受けるのは、みなアメリカが主導した対日弱体化プランによるものではありませんか?
大陸は過去と現在は別物 (茜雲)
2016-10-18 15:35:21
美輪さんは、大陸において古代文明を築いていた人達と、現在の中国人を、同一視されているようですね。人種も文明も違いますのに。たとえば秦の始皇帝は、青い目をしていたと言われていますね。明らかに西洋系です。
女真族の清が滅んで以来、はたして今の「中国人」に独自の文化文明がありますでしょうか?
有るとすれば簡体字でしょうか、おかげで、古典も読めなくなってしまうなんて笑い話ですよね。

仁さまの御意見、うなずける部分があります。
春秋時代に江南周辺にいた、「越」「呉」から、戦闘をのがれて難民として大勢の人が日本に渡来したという説があります。
越中、越後、越前の名はその名残をしめし、「呉服」という名前にもその名残が。
この誤の太白という人が天皇家のルーツになったという説もあり。
これあながち、ガセとも言えず、謎に包まれた古代史を解明する一助ともなるかもしれません。
また、東征する際に四国(徳島)に止まったということも言われていて四国には、天皇家に関する隠された謎が多いようです。
わさびテロと騒ぐ韓国人などは、半島に姿のかけらも無い時代のお話でございます。
お返事 (井沢満)
2016-10-18 17:43:50
皆さんのコメントを、興味深く読ませて頂きました。
思えば、長崎・広島と原爆を体験した場所が
反戦と、自虐史観がワンセットになっています。

美輪さんも、被爆者であり落ちた時に絵を描いている
最中で、出来栄えを見ようと後ろに数歩下がった
瞬間に閃光が閃いた、と聞いたことがあります。
下がった数歩が生命を救ったのであり、そのまま
画架に向かっていたら、死んでいた・・・・と。
それからの地獄絵図。体がどろどろに溶けた人たちに、少年の美輪さんは末期の水を飲ませ続けます。

また戦時中は、母親が色のついた屑毛糸を集めて編んだセーターのその色が非国民だとして、憲兵に嬲り殺された女学生を目の当たりにされていて、「堪忍してください!」と哀願する女学生の声が耳に残っているのだ、と。

そういう体験を経ての、現在の思考なのだと思います。私が初めてお目にかかった30代半ばの頃、すでに自衛隊反対していらっしゃいました。だから筋金は通っていらっしゃいます。

ただ、体験の背景を理解することと、私が美輪さんの思想を肯定することとは別物です。

右というなら右の極みの三島由紀夫氏との交流の中での逸話も聞いていますが・・・・
かなり率直に話して下さったあれこれを思い出します。
降下される前の清宮とのお付き合いやら、三島夫人に冷たくあしらわれたことなどなど・・・・

電話での長時間に及ぶ私との話も、誠意があればこそで、そこは解って頂きたいと思います。
子機の電池切れで、携帯に切り替えて延々と話し続け、大変勉強されている方ですから、話はハウスブルグ家の滅亡にまで及び、私もその当時・・・・と言っても、数年前ですが全く学んでもいず理論武装もしていない頃だったので、たじたじだったのです。

霊感は本物、神とつながっているさまは、私がリアルに至近で体験して存じ上げています。
私が初めて死者の立てるラップ音を聴いたのは、美輪さんと初対面の場所ででした。

だから、しばらくは神とつながったお方の、いわば現実認識について私の中では整合性が取れず、混乱した時期もありますが、今はそれはそれ、これはこれと単純に受け止めています。

私のような考えの者がなぜ美輪さんとの交流があるのかとしばしば不審がられるのですが、私が現在の思考を持つに至ったのは、民主党が政権を取って様々不審点を感じ学び始めでからなのです。
それまでは、政治外交には全く関心なく、無知でした。
一方美輪さんとの、付かず離れずのお付き合いはそろそろ半世紀にも及ぶのではないでしょうか。

お人柄は厳しく、しかしあたたかく、私が窮地に陥ったとき、おすがりはしませんでしたが、助けを申し出でてくださいました。

そんなこんなで、今回の拙文で美輪さんへの個人攻撃に結果的になるのが本意ではなく、考えた挙句伏せ字にしたこと、ご了解願えればと存じます。政府関連など含め意外な人が読んでいることもあり。

美輪さんの論説の90%を肯定致しますが、10%の自虐史観については、わたくしは完全否定、とそれには代わりありません。

その一方、魂を込めた歌の時は、ステージが20センチほど、上にずり上がる(霊眼で見てのことですが)さま、他、清らかな神の世界とつながったお方であることも、また事実です。

漢字訂正 (茜雲)
2016-10-18 17:52:24
>この誤の太白という

誤→呉

訂正してお詫びします。

中国同様韓国も、漢字の使用を無くして以来、漢文で書かれた自国の物と言われている史書を解読できる学者が少なくなったとか。
もう、日本の学者に教えを請う以外、歴史書を読む手立てが無くなるかもしれませんね。 哀れですわね。
先生、ありがとうございます。 (総太郎)
2016-10-18 18:40:27
先生の御言葉、改めて大切に受け止めさせて頂きます。

美輪さんの素敵なお人柄は、小生も関係者の方々から伺っておりますし、学ぶ事は多数。
しかしながら、見解の違いは率直に述べつつ、
相手様のお人柄を尊重する事が大切ですよね。

小生も中国人のお友達とは、現在も仲良くさせて頂いておりますし、
例えば、故・三宅久之先生と田嶋陽子先生はいつも、やしきたかじんさんの番組で激論・やり合うのが定番でしたが、お互いのお人柄をいつも尊重。

三宅先生や浜田幸一さんらの訃報に涙を流され、「政治的な考えは違うけど、三宅先生やハマコー先生が大好きだった」と語る田嶋先生の暖かい部分が大好きです。

田嶋先生の御意見や思想に共鳴される方々は少ないと思いますが(苦笑)、田嶋先生の場合、陰口なしで、必ず御本人の前で率直な意見をぶつけ、激論。(左派で、そういった方々は少ないです)
三宅先生であれ、金美齢先生であれ、どなたとも仲良くされ、愛されている部分に感心します。

美輪さんと、井沢先生や三島先生との暖かい交流も、そうではないでしょうか?

何もかも同じ考えの人間など、存在する筈もなく、お互いの良い部分を尊重し、御意見に耳を傾ける大切さを学びたいですね。
お詫び (茜雲)
2016-10-18 18:54:03
>考えた挙句伏せ字にしたこと

不注意なコメントを差し上げたこと大変申し訳ありませんでした。

これからは重々注意いたします。
訂正 (井沢満)
2016-10-18 18:57:17
ハプスブルク家を、打ち間違えました。


総太郎さん

内館牧子が私と同じ立ち位置ですが、吉永(競馬の妻のほう)さんと仲良しで、吉永さんは拙宅にも犬連れで遊びに2度いらしたことがあります。


吉永さんは内舘と旅行して、化粧ポーチもあなたは右に置く、と言ったそうで笑いました。

しかし、思想が異なるから付き合えないと割に多くが思うのでしょうか?
思想を同一にしていても、嫌な奴は嫌ですけどねぇ・・・・。ありがちでしょ? その逆もありなんです。
茜雲さん (井沢満)
2016-10-18 18:59:39
いいえ、とんでもないです。
それは、私の意図の汲み違い。

元々実名で書いた私がよろしくないのです。

私とて、お付き合いがなければ美輪さん否定しますよ。

それにしても、私は瀬戸内寂聴さんともお会いしています。
ご配慮いただきまして (茜雲)
2016-10-18 20:33:02
安心いたしました、有難うございます。

瀬戸内寂聴さんですか。
あの方も不思議な方で・・・。
生肉お好きなんですよね。

それと、とても印象に残っているのが自然豊かな環境の中にある、ご自分のお寺の近くを寂聴さんと一緒に散策していた、確か、女優の野際 陽子さんだった思うのですが、寂聴さんに「このお花は何と言う名前?」と野の花を指して尋ねると「知らない」とそっけなく、お答えに(笑)
しばらくしてまた今度は違う野の花をさして「これは?」・・「知らない、興味ない」「草花は全然見たことないの」ともおっしゃっていたような(笑)
そこには、源氏物語に出てくる野の花も確かあったような・・・随分昔に見たTVなので記憶が曖昧なのですけど。

美輪さんとの、対談本(題名は忘れました)は面白かったです。

先生の寂聴観にも、とても興味があります。 機会があれば是非お聞きしたいものです。



Unknown (イチゴ)
2016-10-18 21:02:27
>戦時中は、母親が色のついた屑毛糸を集めて編んだセーターのその色が非国民だとして、憲兵に嬲り殺された女学生を目の当たりにされていて、「堪忍してください!」と哀願する女学生の声が耳に残っているのだ、と。

美輪さんは多感な時期に、すごくショッキングな体験をいろいろなさっているのですね。

しかし、今、自衛隊がなかったら、中国軍はやすやすとわが領土を犯し、これとそっくりな光景が日本国中で起きるはずです。

……そういえば、通州事件で、すでにこの惨事は現実のものとなっていましたっけ。

(何度もおじゃまして、すいません)
お返事 (井沢満)
2016-10-19 00:09:13
総太郎さん

若い時期、美輪さんと3日間連続してそばにいたことがあり、色々教わるチャンスだったのですがこちらが未熟で質問するにも、受け止めるにも器がなく、今なら主に神仏について、伺いたいと思いますが、もはやそこまで時間をまとまっていただけません。
電話すれば、数十分お話くださることもあったわけですが、電話は自らに禁じています。



茜雲さん

瀬戸内さんが仏門に入られた時、美輪さんになぜなのかと問うたことがあるのですが、「人の心の中のこと解らない」というお返事でした。
寂聴観を話すなら、おおむね批判でしかありません。
ただ、文章はお上手な方です。小説上手。


イチゴさん


自衛隊は当然、必要です。
ただ「心情として」なら、昔の憲兵の横暴を少年期に見た美輪さんも分からないではないのです。
が、だからといって自衛隊不要論は肯定しません。
今こそ、むしろ軍隊に格上げすべきときだと思っています。

チベットで、通州で、古くは対馬で(これは下っ端兵隊としての朝鮮人兵士の残虐ぶりでしたが)何が行われたのか、歴史をと中国と韓国が言い立てるなら、彼らも率直に歴史に直面すべきです。双方、自国民への大殺戮を含めて。韓国にはベトナム戦争時での、およそ人とは思えない振る舞いがあり、それは対馬で彼らの先祖が見せたままの、残虐ぶりです。





Unknown (サヨナキドリ)
2016-10-29 20:58:31
初めまして。

数日前に先生のブログにたどり着き、毎日興味深く読ませて頂いているものです。

孫向文という中国人の漫画家が今回のワサビテロの嘘を見抜いています。

http://spotlight-media.jp/article/334580354412766554

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む